親しい人とのメールで絵文字やスタンプを使うのもいいですが、それよりも以前からあった顔文字も未だ進化を続けています。シンプルなものから凝ったものまで幅広い顔文字を使ってみましょう。今回は「泣き」「涙」限定で探してみました。