まだ中国が「唐」と呼ばれていた時代、奈良時代には中国式のベッドが伝わっていたといます。ただし、皇族などの高いくらいの人々にしか使われていなかったので、一般に普及することはなくベッドの存在も衰退したようです。代わりに平安時代には日本の畳ベッドの原点となるであろう寝具が登場しています。今では、どの家も畳が当たり前(逆に畳の部屋を設けない家も多くでてきましたが)