「8月の行事・イベント」の記事一覧(2 / 7ページ目)

読書感想文書き方?低学年はどう書く?感想文の前に本を読む楽しさを

8月の行事・イベント

子どもたちにとっても、親御さんにとっても気が重くなる夏休みの宿題といえば、やっぱり「読書感想文」。ましてや、小学校に入学してわずか4か月後に書くことになる1年生にとっては、「本を読んで、その上、文章を書く」という読書感想文はかなりハードルの高いことです。そこで今回は、低学年の子どもたちが読書感想文を書く時のポイントをご紹介します。

関門海峡花火大会!駐車場はどこが便利!?混雑するよね!?

8月の行事・イベント

毎年関門海峡をまたいで行われる関門海峡花火大会は、見ごたえもあり有名な花火大会です。多くの人が集まるので、混雑を避けるには公共交通機関を使って訪れるのが一番。中にはどうしても車で来たいという方もおられるはず。今回は関門海峡花火大会へ車で行く方のために駐車場をご紹介します。関門海峡花火大会とは?毎年8月13日に関門海峡を挟んだ

カフカの「変身」で読書感想文を書くには?(毎年夏休みに売れる本)

8月の行事・イベント カフカ 変身 読書感想文

カフカの代表作「変身」。中学生・高校生の間では、フランスの作家アルベール・カミュの「異邦人」と並んで、読書感想文の課題図書として人気の作品で、夏休みになると売り上げが伸びる本でもあります。そこで今回は、カフカの「変身」のあらすじと、読書感想文を書く際のポイントについて紹介します。カフカの「変身」とは?1883年7月、プラハ(チェコ)のユダヤ人宝石商の家庭に生まれたフランツ・カフカ。

「残暑見舞いを上司に出してみよう!」守るべき言葉やマナーとは!?

8月の行事・イベント

今年入社した方にはゴールデンウィークに続く2度目の長いお休み、お盆休みですね。この休みは入社してからお世話になっている上司にいつもは言葉に出して言うことはない感謝を伝える大チャンス。それはお盆休み中に上司に残暑見舞いを出してみること。今回は上司に残暑見舞いを出す時の言葉やマナーについて説明します。暑中見舞い、残暑見舞いは出すべきなの?

夏休みの宿題!最終日に親が慌てないためには?ほどよくサポートを!

8月の行事・イベント

子どもたちには大興奮の夏休み…ですが、お母さんにとっては、普段の家事に、子どもたちの世話が加わり、大忙しの期間になります。中でも、勉強があまり好きではない子どもたちを夏休みの宿題へと向かわせるのは一苦労。結局、夏休み最終日に、お父さん、お母さん主体で宿題に取り組むことになっては、誰のための宿題かわからなくなってしまいます。そこで今回、子どもたちが順調に

ページの先頭へ