ジャパカレ

ジャパカレは、年中行事・イベントや日常生活のタメになる知恵などをご提供しています。

「8月の行事・イベント」の記事一覧

「夏休みの自由研究と書き方!?」テーマは「野菜」がおすすめ!?

夏休みの宿題の代表格「自由研究」。“最終日に慌てて片付ける面倒なもの”ととらえがちですが、子どもの興味を引くものをテーマに選ぶことで、“学ぶ楽しさを体験する絶好の機会”にもなるはずです。そこで今回は、子どもたちにとって身近で、さらに、「食育」にもつなげられる「野菜」をテーマにした、学年ごとのおすすめの自由研究をご紹介します。「野菜」がテーマの自由研究【低学年編】

ドライアイスで自由研究!?「中学生向け」小学生の頃より1歩前進!?

白い煙を出したりと、面白い性質をもっていることから、自由研究の素材としてよく使われる「ドライアイス」。そこで今回は、中学生の自由研究としても使える、ドライアイスを使った実験をご紹介します。ドライアイス、その特徴とは?ドライアイスとは、二酸化炭素(炭酸ガス)を固体状態にしたもの。空気を冷やす働きがあるため、みなさんご存知のように、保冷剤としてケーキを買った時などにお店で入れてくれます。

中学生の自由研究!まとめ方は!?「受験に役立つテーマがおススメ」

小学生からの夏休みの恒例行事となっている「自由研究」。小学生のうちは、何をしようか困ったら、市販の工作キットや実験キットを使って簡単にすませていた人も多いのではないでしょうか?しかし、中学生の自由研究では、しっかりとまとめて提出しなければなりません。そこで今回は、夏休みの自由研究の簡単なまとめ方についてご紹介します。もちろん中学生だけでなく、小学生にも使える情報です!

新潟まつり!花火大会をホテルの窓から存分に楽しもう!?

新潟の夏のイベントと言えば「新潟まつり」。中でもまつり最終日に行われる花火大会は町中がヒートアップし賑やかになります。毎年たくさんの人が訪れるので、町中は過密状態にも。そこで、人混みを避けて、花火大会を思う存分楽しめる花火が見えるホテルを紹介します。新潟まつり花火大会毎年新潟の夏の夜を華々しく見せる花火大会。8月上旬の金曜から日曜にかけて行われる新潟まつりの中でも一番注目

新潟まつりの花火大会!混む場所を避けて穴場で観たい!?

毎年8月最初の金・土・日に新潟の夏の催し物である「新潟まつり」があります。中でも人気は花火大会。この花火大会はたくさんの人が訪れるので毎年市内は大にぎわい。今回はこの花火大会がゆったりと静かに見学できる穴場を教えちゃいます。人ごみを抜け出してゆっくりと花火を楽しんでみませんか。「新潟まつり」とは?昭和30年に始まったこのお祭り。

読書感想文書き方?低学年はどう書く?感想文の前に本を読む楽しさを

子どもたちにとっても、親御さんにとっても気が重くなる夏休みの宿題といえば、やっぱり「読書感想文」。ましてや、小学校に入学してわずか4か月後に書くことになる1年生にとっては、「本を読んで、その上、文章を書く」という読書感想文はかなりハードルの高いことです。そこで今回は、低学年の子どもたちが読書感想文を書く時のポイントをご紹介します。

関門海峡花火大会!駐車場はどこが便利!?混雑するよね!?

毎年関門海峡をまたいで行われる関門海峡花火大会は、見ごたえもあり有名な花火大会です。多くの人が集まるので、混雑を避けるには公共交通機関を使って訪れるのが一番。中にはどうしても車で来たいという方もおられるはず。今回は関門海峡花火大会へ車で行く方のために駐車場をご紹介します。関門海峡花火大会とは?毎年8月13日に関門海峡を挟んだ

カフカの「変身」で読書感想文を書くには?(毎年夏休みに売れる本)

カフカの代表作「変身」。中学生・高校生の間では、フランスの作家アルベール・カミュの「異邦人」と並んで、読書感想文の課題図書として人気の作品で、夏休みになると売り上げが伸びる本でもあります。そこで今回は、カフカの「変身」のあらすじと、読書感想文を書く際のポイントについて紹介します。カフカの「変身」とは?1883年7月、プラハ(チェコ)のユダヤ人宝石商の家庭に生まれたフランツ・カフカ。

「残暑見舞いを上司に出してみよう!」守るべき言葉やマナーとは!?

今年入社した方にはゴールデンウィークに続く2度目の長いお休み、お盆休みですね。この休みは入社してからお世話になっている上司にいつもは言葉に出して言うことはない感謝を伝える大チャンス。それはお盆休み中に上司に残暑見舞いを出してみること。今回は上司に残暑見舞いを出す時の言葉やマナーについて説明します。暑中見舞い、残暑見舞いは出すべきなの?

夏休みの宿題!最終日に親が慌てないためには?ほどよくサポートを!

子どもたちには大興奮の夏休み…ですが、お母さんにとっては、普段の家事に、子どもたちの世話が加わり、大忙しの期間になります。中でも、勉強があまり好きではない子どもたちを夏休みの宿題へと向かわせるのは一苦労。結局、夏休み最終日に、お父さん、お母さん主体で宿題に取り組むことになっては、誰のための宿題かわからなくなってしまいます。そこで今回、子どもたちが順調に

阿波踊りは埼玉南越谷でもやっている!?日本三大阿波踊り!

阿波踊りの本場、徳島に負けない知名度と人気を誇るのが、日本三大阿波踊りのひとつに数えられる「高円寺阿波踊り」他の2つほどの知名度はまだありませんが、本場徳島や高円寺からも人気の連を招待するなど、年々盛り上がりを見せています。そこで今回は、日本三大阿波踊りの中でも穴場的存在の「南越谷阿波踊り」についてご紹介します。南越谷阿波踊りの始まりとは

阿波踊りの本場は徳島です!日本三大阿波踊りのメインです!

阿波踊りといえば、阿波踊り発祥の地、徳島県。そんな発祥の地で、毎年8月12日から15日までの4日間開催される「徳島市阿波おどり」は各地に広がる阿波踊り祭りの中で、最大であり、王道ともいうべき存在。そればかりか、岐阜県「郡上おどり」、秋田県「西馬音内の盆踊」とともに日本三大盆踊りにも数えられる、日本を代表する踊りのひとつでもあります。そこで今回は全国にその名を轟かせ、

阿波踊りは東京高円寺!?日本三大阿波踊りのひとつです!

阿波踊りの本場、徳島に負けない知名度と人気を誇るのが、日本三大阿波踊りのひとつに数えられる「高円寺阿波踊り」。その名の通り、東京の中央線沿線にある若者の街、高円寺で開催されるお祭りです。今回はそんな東京開催の阿波踊り「高円寺阿波踊り」についてご紹介します。

「残暑見舞いはいつ出す!?」季節の挨拶にも時期とマナーは大事!?

暑中見舞いや残暑見舞いなどのハガキも、最近では出す方も少なくなりましたね。でも、暑中見舞いが届いたのなら、返事を出さなくてはなりません。そう思っているうちに立秋が過ぎて、たしか残暑見舞いだったような。と思うこともしばしば。今回は、残暑見舞いを出す時期とマナーについて説明します。夏のご挨拶スマホが普及してきてハガキで季節の便りをすることも少なくなりましたね。

「クーラーボックスの保冷力アップ!?」アウトドアも超快適キンキン

夏と言えばアウトドアに出かけることが増えますよね。そんな時にあったら便利なのがクーラーボックス。今回はクーラーボックスを上手に利用して保冷力を長持ちさせる方法をお教えします。クーラーボックスってあると便利!クーラーボックスは夏の暑い時期にはひとつ持っているととても便利なアイテムです。キャンプや海水浴、ちょっとしたお買い物にも活躍してくれます。

山の日は祝日!その理由とは?あまり目立たないけれど国民の休日です

あなたは「山の日」をご存知でしょうか?2016年から開始され、夏休み期間中のお盆のちょっと前に設けられているので、“気づかなかった”“知らない”という人も多いかもしれません。しかし、この「山の日」は、れっきとした国民の祝日です。そこで今回、祝日「山の日」について、設定した理由など、詳しくご紹介します。「山の日」はいつ?

初盆の香典と作法!?知っておいて損はない知らないと後悔しますよ!

お盆はご先祖や亡くなった方のための供養で、昔からある日本独特の行事です。中でも初盆は故人が亡くなったあとの初めてのお盆のことをいい、通常のお盆よりも特別なお盆として行うことが多いです。今回は初盆に行くにあたって、知っておいたら良い一般的な作法について説明します。初盆って何をするの?初盆は親族、血族や故人と親交のある方などを呼び、

「八王子まつり」ギネス記録を「太陽おどり」で更新なるか!

東京の祭りといえば、神田祭、深川祭、三社祭など、下町で行われる江戸っ子の祭りを連想しますが、東京の西、八王子にも有名なお祭りがあります。その名も「八王子祭り」。彫刻を施した絢爛豪華な19台もの山車が登場する関東屈指の山車祭りであり、ギネス世界記録ももっているというこのお祭り。そこで今回は、江戸っ子たちの祭りに負けず劣らずの粋で華やかな「八王子祭り」についてご紹介します。

初盆の香典いくら包んだら良い!?こういう時に回りから浮きたくない

お勤めしている方の夏の連休と言えばお盆休み。このお盆休み中に、身内や親せきなどで初盆があるという方もおられるはず。初盆に伺う時には香典を持っていきますが、いくらくらい包んだら良いのでしょうか。初めてであれば見当もつかない香典の金額。今回は香典とその包む金額について一般的な話として説明します。初盆とは?初盆とは、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、新盆とも

初心者でもできる!?プランターで育てる簡単「夏の野菜」はこれだ!

ホームセンターなどに行くと可愛い花たちと一緒に野菜の苗が多く並ぶ季節になりました。そんな野菜の苗を見て、自分でも育ててみたいと思ったことのある方も多いのではないでしょうか。今回は初心者でも育てられるプランター栽培ができる夏の野菜を紹介します。初心者には苗がおすすめ夏に野菜を植えると秋から冬にかけて収穫できるのが一般的ですが、