ジャパカレ

ジャパカレは、年中行事・イベントや日常生活のタメになる知恵などをご提供しています。

「6月の行事・イベント」の記事一覧

6月は衣替えにピッタリの時期!そもそも衣替えとは?おすすめ情報も

6月に各家庭で行われるイベントといえば、衣替え。夏に向けて、しっかりとクローゼットの中を整理したいですね。ここでは6月の衣替えを始める前に知っておきたい情報をまとめてご紹介します。そもそも衣替えとは?なんと、衣替えは平安時代から続く日本の習慣です。現代ではスーツや支給される制服などを冬服から夏服に変えるタイミングだったり

鳥越神社の祭り(鳥越祭)情報3選!アクセス・ご利益も!

今も昔も活気あふれる東京下町・台東区。そんな下町の活気を象徴する行事といえば、6月に行われる鳥越神社(とりこえじんじゃ)の例大祭(れいたいさい)・鳥越祭(とりごえまつり)です。ここでは鳥越神社の歴史やご利益、そして鳥越祭の見どころまで幅広くご紹介していきます。鳥越神社ってどんなところ?鳥越神社は東京の下町・台東区にあり1350年の歴史を持つ神社です。

さくらんぼ祭り日本一ダンスコンテストも!情報4選にも注目!?

山形県はさくらんぼ生産量が14,500tで日本一。2位(北海道)の1,430tとはケタ違いの差で圧倒しています。そんな、さくらんぼ王国の山形の一大イベントともいえるのが「日本一さくらんぼ祭り」。ここでは日本一さくらんぼ祭りの情報をご紹介していきます。日本一さくらんぼ祭りの基本情報日本一さくらんぼ祭りは、2012年から始まった山形の一大イベントです。

6月の花の日!由来と見ごろを迎える花3選!【元気が出る花言葉も】

ジメジメした6月。心をパッと明るくしてくれるのが一輪の花の美しさです。そんな花の魅力に改めて触れるための記念日に花の日があります。ここでは花の日の由来や、6月に見ごろを迎える花を、花言葉と一緒にご紹介します。花が持つ癒しの力に触れてみましょう。6月の花の日の由来とは?第2日曜日に制定されている花の日。なお、記念日なので国民の祝日にはなりません。

時の記念日の近江神宮(おうみじんぐう)を徹底チェック!全3章!?

「時間は大切なものだ!」というのは、1300年以上前から訴えられているようで、日本最古ともいわる記念日は、時間にまつわるものになっています。その記念日というのが、時の記念日滋賀県大津市にある近江神宮(おうみじんぐう)では、時の記念日に一大イベントも催されます。ここでは時間の大切さについて考える機会となる時の記念日の由来と、近江神宮で開催されるイベントや見どころについてご紹介していきます。

日枝神社の山王祭(さんのうまつり)パワースポット3選!江戸三大祭

東京赤坂にある日枝神社(ひえじんじゃ)は、都会のど真ん中にあるとは思えないほどの静寂(せいじゃく)に包まれた神社として大人気。最近では外国人観光客の訪問も増えています。そんな日枝神社で6月に執り行われる行事といえば、山王祭(さんのうまつり)です。山王祭は江戸三大祭にも数えられる東京の大イベント。その内容と日枝神社に行ったら足を運んでほしいパワースポットをご紹介します。

水郷潮来(すいごういたこ)あやめまつり!メインイベントは嫁入り舟

茨城県潮来市(いたこし)は、水の豊かな美しい町として有名です。かつては水路による物流が栄えたほか、大化の改新(西暦646年)ごろから鹿島神宮への玄関口として機能しています。そんな歴史ある潮来市の伝統的なイベントといえば、水郷潮来(すいごういたこ)あやめまつりです。見ごろや名物グルメまで知ってお得な情報をご紹介します。水郷潮来あやめまつりとは?

夏至っていつのこと?何か良い食べ物を食べる風習はある?3つの情報

梅雨のジメジメを忘れさせてくれる6月のイベントといえば、夏至(げし)です。夏至ってどんな意味でいつごろに来るのか、知ってるようで知らない人もいるのでは?ここでは夏至に関する知っておきたい情報をまとめてご紹介します。夏至とは?いつごろなの?夏至とは北半球で1年の中で最も昼が長くなり、最も夜が短い日のこと

ジューンブライド3つの意味とは?「6月の結婚は幸せになれる!?」

6月のイベントといえば、ジューンブライド。日本のブライダル業界の戦略だ・・なんて言われていますが、実はちゃんと「6月の結婚は幸せになれる」という意味と由来があるんですよ。ここではジューンブライドの意味と、6月の結婚式であじさいのブーケが人気になっている理由をご紹介します。

YOSAKOIソーラン祭り4つの情報!魅力たっぷり!是非とも!

子どものころに運動会でソーラン節を踊ったという人、多いのではないでしょうか。伝統ある民謡でありながら現代人もノリノリになれるリズムは魅力的。最近では外国人にも注目されています。そんなソーラン節を現代的に楽しめるイベントが、北海道のYOSAKOIソーラン祭りです。この記事でその魅力をたっぷりご紹介します。ソーラン祭りの歴史

入梅時期に美味しい食べ物一品とは!?全国各地の平均入梅時期を紹介

お住まいの地方によって入梅時期って結構違うものなのですよ。ここでは全国各地の入梅時期をご紹介。さらに入梅の時期に食べごろを迎えるという話題の食べ物「入梅いわし」や、人気行事「入梅いわし祭り」についてもご紹介します。そもそも入梅とは?入梅とは、その字の通り「梅雨入りする時期」のこと。読み方は「にゅうばい」です。ちなみに梅雨の語源は、梅の実が熟す時期と重なることにあります。

一人暮らしでどんな時に寂しいと感じる?社会人の一人暮らし。

6月の行事といえば、お父さんに日ごろの感謝の気持ちを伝える「父の日」ですよね。プレゼント選びに悩んでいる方、今年は花を贈ってみませんか?父の日の由来を知れば、きっと花をプレゼントしたくなりますよ。ここでは父の日におすすめの花を3種ご紹介。それぞれの花言葉も載せているので、お父さんにピッタリの花が選びやすいですよ。

貴船祭と貴船神社(京都)の知っておきたい4つの情報!見どころは?

初夏の京都を象徴する行事といえば、貴船神社の貴船祭です。貴船祭は貴船神社の年中行事の中でも最も重要とされる例祭で、毎年多くの人がその様子を一目見たいと、京都まで足を運びます。ここでは貴船祭の歴史や貴船神社の見どころについてご紹介していきます。毎年6月1日の11時ごろから始まる貴船神社の例祭です。ちなみに貴船は地域名では「きぶね」と読みますが、貴船神社と貴船祭においては「きふね」と読みます。

横浜開港祭の知っておきたい3つの情報!歴史・行き方・親善大使まで

横浜の初夏を彩るイベント・行事といえば、横浜開港祭(よこはまかいこうさい)です。例年の来場者数は2日間で70~80万人ともいわれる大イベントの歴史や会場までの行き方など、知っておきたい情報をまとめてご紹介します。横浜開港祭の歴史横浜開港祭は、横浜の開港を祝い、開港に感謝するためのイベントです。もともとは「国際デープレ横浜どんたく」という名前のお祭りで、1981年から開催されました。