ホームステイを受け入れることになったが英語ができない家族!?
ここ最近、日本を訪れる外国人が多くなりました。
ホームステイをしながら日本を満喫する人も多く、徐々にではありますが、ホームステイを受け入れる家庭も増えてきています。
英語が堪能でない家庭の方が実際多いらしいです。
ホームステイを受け入れる魅力はどこにあるのでしょうか。
スポンサーリンク



私は3年ほど前になりますが、実際にホームステイを受け入れたことがあります。
私の従妹がカナダ人と結婚してカナダに住んでいるのですが、従妹のママ友さんの子どもが日本にホームステイしたいという事で、私の子どもと歳が近いこともあって、我が家に来ることになったのです。
私もホームステイにはとても興味があったので大歓迎だったのですが、夫や子どもは戸惑っていました。
戸惑うのも当然です。
私は何度か海外へ行ったことがありますが、英語が堪能ではありませんし、何とかこんな事言ってるのかな?
と感じ取れるくらいのレベルですし、夫も子どもも英語を話すことができません。
心配になって、従妹に相談してみると、返って英語が話せない方がいいと言われたのです。
理由は、日本人が英語を勉強したくて、海外へホームステイするように、ママ友の子どもも日本語を勉強したくて日本に行くから、英語はなるべく使わないでほしいと頼まれました。
なるほどと思いました。
確かに、外国にホームステイして、日本人が多いと自然と日本語になるだろうし、勉強しに行っているのに、結局あまり英語に触れられなかったという事になりかねません。
スポンサーリンク



子どもにとっては生の英語に触れられるチャンス!

私が小学生の頃は英語の勉強は学校ではしていませんでしたが、今では小学校3年生から必須科目で英語が始まっています。
外国人の先生が授業に来てくれて、挨拶などから始まり、楽しく英語と触れ合っていて、英語の授業の時はほとんど日本語を使わないそうです。
これだけ英語は身近な物になっていて、これから先必要不可欠な物となります。
英語力を付けるために仕事中は英語だけという会社もあるくらいですから。
ホームステイを受け入れることは子どもだけでなく私も生の英語に触れられ、貴重な体験ができると思ったのです。
実際に受け入れてみて、本当に良かったです。
子どもはすぐに打ち解け、片言の英語でコミュニケーションを取っていて、子どもの環境に対する対応力はすごいなあと感じましたね。
スポンサーリンク



ホームステイを受け入れる際に大事な事

私の体験を通して、ホームステイを受け入れる際に大事なことを紹介します。
まずは、受け入れる年齢に関係なく、自分の家族として受け入れ、お客様扱いをせず、自分の家族と同じように接して、日本の家族の良さを知ってもらう事で、普段の日常生活のままでいる事です。
特別な事はしなくていいし、日常生活がホームステイの中で一番日本を感じる瞬間にもなります。
スポンサーリンク



コミュニケーションを上手く取ろう

上手く英語が話せなくても、相手のことをもっと知りたくて、仲良くなりたいと思う気持ちが一番大切です。
コミュニケーションを上手く取ることで、英語が話せないという壁はある程度は乗り越えられます。
子どもはコミュニケーションを取るのがとても上手く、身振り手振りで言いたいことを表現したり、英語が出来なくても何とか会話出来ていて、子どものコミュニケーション能力を感じました。
会話だけでなく、コミュニケーションを通して、心と心を通わせ信頼関係を作ることも大切だという事が分かりました。
スポンサーリンク



外国人ゲストが喜ぶ日本文化は何なのか?

特別に観光に行くわけでもなく、普段私たちがしている日常生活から、外国人ゲストが喜んだり、びっくりする文化はどんな物なのでしょうか?
食べ物も、外国でも和食が受け入れられていますが、実際はどうなのか気になります。
我が家のホームステイ体験からのお話をします。
日本文化に触れるにはどこがいいかなあと考えた時に、頭に浮かんできたのが神社で、建物の造りも特殊で、何といっても自然のパワーを感じて欲しかったので、行ってみると、やはり、建物の造りや、屋根瓦に興味を持って、写真を撮ったりしていましたね。
私が文化の違いで印象に残っているのは、玄関で靴を脱ぐという事です。
始めは「どうしてここで靴を脱がなければならないのか?」と聞いてきたので、「これが日本の文化なんだよ」と教えるといつの間にか自分で文化を受け入れ、靴を脱いで家に入る様になっていた事です。
普段普通にしていることが日本文化なんだなあと考えさせられた出来事でした。
次に気になるのは食事です。
食事もいつも通りの食事を出しました。
和食は海外でも馴染みがあるからか、美味しいと言って食べてくれました。
「納豆だけは無理」といって食べませんでしたが、回転寿司は回ってくるのが面白かったようです。
たこ焼きをした時に自分で焼かせてみたのですが、とても気に入って、カナダに帰ってからもしてみたいと言っていました。
スポンサーリンク



近所の夏祭りへ出かけてみよう

ホームステイ2日目の夜に近所で夏祭りがあったので、家族みんなで出掛け、いろいろな屋台を楽しんだのですが、金魚すくいがとても楽しかったようで、捕れた時は本当にうれしそうにしていました。
夏にしかない日本文化に触れされてあげることができて良かったです。
スポンサーリンク



ホームステイを受け入れて良かったと思う事

英語もできなくて、初めてのホームステイ受け入れで不安なことも多かったですが、それ以上に楽しいことの方が多かったです。
ホームステイに来る側も日本語や文化に触れることができて勉強になるし、受け入れる側も、英語や、外国人ゲストの国の事を知る事ができます。
なかなか出来る体験ではありません。
ホームステイ最後の日に「今度は僕の家にホームステイにぜひ来て欲しい」と言われた時はうれしくて、涙が出ました。
子ども達は「絶対に行くから」と別れを惜しみながら約束していました。
まだ行くことはできていませんが、今でもメールや、手紙でやり取りをしています。
外国に深い絆で結ばれた友達ができるという事はホームステイの魅力です。
日本だけでなく、遠く離れた海外に友達がいることは素晴らしいことで、また会いに行きたくなる事もあるでしょう。
いや、是非会いに行って、お互いの国の文化を感じ、国際交流を深めて欲しいと思っています。
あなたはホームステイの受け入れをどう思いますか?
スポンサーリンク



自分の視野も広がり新しい発見ができる

ホームステイを受け入れることで、外国人ゲストの母国の文化や価値観を知れたり、自分の視野が広がったように思います。また日本の魅力を再発見でき、自分自身の成長にも繋がると感じました。
我が家にとってとてもいい経験になりました。
スポンサーリンク



まとめ

ホームステイを受け入れることは私にはハードルが高いと思われている人も多いですが、我が家のように、英語が出来なくても楽しくホームステイを受け入れ過ごすことができます。
日本の普段使っている日常的な言動が外国人ゲストにとってはとても貴重な体験となるのです。
子どもも生の英語に触れられ、ホームステイだからできる体験ができて、良かったと思っています。
また機会があればぜひ受け入れをするつもりです。
あなたも是非。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!