スポンサーリンク



庭が無くてもプランターで手軽に出来る家庭菜園は幅広い年齢層に大人気!
スーパーで購入する野菜と違って、採りたての新鮮な野菜がいただけるのは嬉しいですね!
そんな新鮮で美味しい野菜を作る為に、土選びの重要さを知っておきましょう。
スポンサーリンク



最近では、気候の変化や自然災害などによりスーパーでは野菜の値段が、購入するのに悩んでしまうほど、高くなっていたり“もっと新鮮な野菜が食べたいな…”
そんな風に思ったことはありませんか?
高いから買わないとか、新鮮な野菜が良いから農家まで行こう!
なんて、毎日食べるものですし、健康の為にも毎日食べたいものですよね。
手軽に新鮮な野菜がお家で食べることが出来たら言うことない!
最高!
ですよね。
そんな願いが叶えられるのが家庭菜園です!
“そんなことが出来る庭がない…”
なんて、思ったあなた!
朗報です!
庭が無くても、一軒家じゃなくても、プランターがあれば出来るのです!
しかも、プランター菜園の場合は畑とは違い、耕すこともしなくて良いですし、すぐ見えるところに置くことも可能なので、頻繁に様子を見ながら育てることができます。
もし、台風などが来た場合でもお家の中に移動させておけば、安心ですよね。
スポンサーリンク



家庭菜園の中でもプランター菜園をバカにしてはいけない!?

こんなに簡単に、始められる畑と違って規模も小さいプランター菜園なのだから、小さなもの(トマトやキュウリなど)くらいしか育てられないのでしょ!?
なんて思った方きっと沢山いますよね?
私もそう思っていました。
ですが!
そんなことは無いのです!
実は、大きな畑でなくても小さなプランターでキャベツやメロン、スイカまで育てることが出来るのです。
ビックリですよね!
畑だと栄養も豊富そうですし土も沢山あって、なんといっても広いので野菜が伸び伸びと立派に育つ理由も分かるのですが…
お手軽なのにこんなに色々な種類の野菜が育てられるなんて、なんだかお得な感じがしますよね。
スポンサーリンク



プランター菜園に必要なもの

プランター菜園に魅力を感じてきたところで、新しく始めるにあたって必要なものは何か?
まずは、もちろんプランターですね!
安く済ませたいのなら100均でも購入できます。
育てたい野菜によって大きいプランターが良いとか最適な大きさがあるので、それも調べて購入するのがいいかもしれませんね。
その他には自分が育てたい野菜の種。
苗でも売っているものもあります。
一番初めからすごいものを作ろう!
と、気合を入れるのはとっても素晴らしい事ですが、あまり経験がないにも関わらず、そういったものに手を付けてしまうと、万が一、上手く育てられなかったときに“自分には無理だ…”と、諦めてしまうパターンもあるので、せっかく、家庭菜園に興味を持ってやり始めたのに…
せっかく、新鮮な野菜を食べられるチャンスなのに…
もったいない!!
なので、なるべく、最初は初心者でも簡単に育てることのできそうな、ミニトマトやピーマンなどが、良いかもしれませんね。
一つで沢山実がなるので作った感もあるし、収穫も沢山出来てとっても楽しいですよ。
そして、鉢底石(はちぞこいし)。
鉢底石は土よりも先に入れる、プランターの一番下に入れるものです。
これは、土の通気性や排水性を良くしてくれる石で根腐れも防ぐ効果がある大切なものですが、私個人の意見としては、鉢底石はそれ程効果が見られなかったので、おススメはしません。
しかし、育てる環境にも左右されるようなので、一度ご自身で使ってみるといいと思います。
後は一番大切な土!
土なんて適当になんでもいいんでしょ!?
なんて思っている人がいたら“大間違い!!”です。
実はプランター菜園では、土が最も重要なのです!
土の選び方を間違えてしまうと、美味しい野菜が作れなくなってしまったり、最悪、枯れてしまうこともあります。
では、どんな土が良いのでしょうか?
スポンサーリンク



プランター菜園で一番重要なもの。培養土(ばいようど)!

家庭菜園で使う土とは、培養土というものですが培養土とは、色んな土が混ぜ込んである土のことです。
野菜を育てるのに使う場合は、肥料が混ぜ込んであるものや育てたい野菜専用のものもあったりするので、そちらを選ぶのが良いと思います。
家庭菜園にも慣れてきて“もっとみずみずしさを出したい!“
”もっと甘い野菜を作りたい!“
など、自分のこだわりが出てきたら、培養土を自分で作ってみるのも面白いかもしれませんね。
スポンサーリンク



プランター菜園をするにあたって良い培養土とは?

色々な培養土があるので、見ただけで“これは良い””これは悪い“と判断するのは、なかなかむずかしいですよね。
その道のプロでも難しそうですが…
ましてや、初めて家庭菜園をするという人にはかなり無理がありますよね。
なので、購入して中身を出してみないと分からないのですが、プランターに入れる前に分かる方法があります。
それは、水をかけてみることです。
良い培養土は、水をかけてみると、湿りがとても良いものです。
野菜を育てるには、水が必要ですよね!?
その水をいかに土に取り入れられるか、そして、必要でない水は余分に土にとどまらず。
すっと下に抜けていくか。
水は必要最低限でいいのです。
土に水があり過ぎるとジメジメとして、これは根腐れが起きやすい”野菜に悪い環境”になってしまいます。
となると、プランター菜園をするにあたって最適な土というのは保水力、水はけが良いもの
になります。
一度開けてみないとわからない。
という、少し厄介な部分もありますが、せっかく育てるのですから、ちゃんと美味しい野菜が育つ為にも、土はしっかり吟味して選ぶのがいいと思います。
スポンサーリンク



さあ!プランターで、家庭菜園を始めてみましょう!

準備ができたら、後は、なるべく日当たりの良い場所を選ぶこと。
枯れないように、水やりのタイミングや、水の量も気にしながら。
最初は急いでいたりすると忘れてしまいがちですが、毎日やっていくうちに習慣化されて“日々の当たり前“になってくるので、それまでは意識して忘れてしまわないようにしましょう。
スポンサーリンク



まとめ

とっても簡単な家庭菜園。
何故、こんなにも人気なのか!?
それは、プランターという小さな空間さえあれば出来るということ。
必要なものも少なくて、力がない人にも、簡単にできてしまう。
ただ、一つだけ注意が必要なのは“土”でしたね!
少し面倒くさくても、土選び!
その最初のひと手間が、今後のあなたが育てる野菜の運命を左右するかもしれない…
そんな風に考えると、そんな手間、長い目で見たときには、それが手間でもなく、むしろ、これだけするだけで!?
という、感動につながるかもしれません。
まずは、何事も試してみることが成功への近道になると思います。
小さいことが実は大きな身になるのです。
あなたの作る野菜はどんなものでしょうか?
“手間をかけたらかけた分”
“愛情を注いだら注いだ分”
きっと、美味しいものができるのだと思います。
日々の食卓で、美味しくて新鮮な野菜が食べられるように頑張ってください!
スポンサーリンク