家庭菜園では育てやすいハーブが人気!?その中でもおすすめは?
スポンサーリンク



“家庭菜園”
あなたはチャレンジしてみたことはありますか?
無い方のイメージはきっと、必要な道具も沢山ありそうだし、色々お世話が面倒くさそう。
そんな風に思っていることでしょう…
そんな方に!ハーブはどうでしょうか!?
中でもおすすめのハーブをご紹介します。
スポンサーリンク



まだ、家庭菜園をやったことのない人にとっては、何だか難しそう…
お金もかかりそうだし、面倒くさそう!
なんて思っている人も多いのでは?
では、実際のところは、どうなのでしょうか?
家庭菜園といっても、種類は様々。
自宅のお庭で、ちょっとした畑を作って野菜や、果物を育てる人。
そういったお庭が無い人だと、プランターで野菜を育てる人もいますね。
畑だと、土を耕すのに力もいるし、結構な重労働に!
それに、土作りも大変そう…
かといって、プランターで、野菜や果物を育てようと思っても、なんだか繊細そうで、気を使わなくてはならなさそう…
たとえ、規模の小さい“プランター”で育てるにしても、気の使いようは、畑で育てるのと、変わらないですよね。
ならば!
プランターで、ハーブを育てる!
というのはどうでしょうか?
そうです!
あの、草みたいな葉っぱみたいなものです!
スポンサーリンク



ハーブってどんなもの?

ハーブと言って思い浮かべるものはなんですか?
きっと、入浴剤やアロマオイルを想像した人が多いと思います。
その通り!!
ハーブは、入浴剤やアロマオイル、オーガニックの化粧品にも使われていて、これらの場合は、ほとんど原型は、見ることはないですよね。
ラベンダーやジャスミンをよく見かけます。
その他にも、料理にスパイスとして入っていたり、原形の分かる、飾りのように乗っていたり。
バジルやパセリをよく見ます。
最近の流行だと、パクチー料理がとっても人気で、鍋やパスタ、色んなものがありますよね!
これほどハーブを、ふんだんに使っている料理は、私が知っている限りでは、パクチーくらいです。
そして、カモミールティーや、ジャスミンティーなども、ハーブティーという、ハーブで作った飲み物になります。
どうですか?
意外にも、幅広く色んな場面で使われていますね。
なんだかハーブと聞くと、おしゃれな感じがするけど、こんなに身近にあるもので、しかも、使い方は様々なんです!
ハーブを知らなかった方は、少し、親しみやすくなったのではないでしょうか!?
スポンサーリンク



家庭菜園でハーブは育てられるの?

さて、ハーブを身近に感じてもらったところで…
一番問題なのが!!
家庭菜園なんかで育てられるのか?
ですよね。
はい!大丈夫です!
なんて、即答するのには、ちゃんと理由があります。
ハーブは生命力がとっても強いからです!
大きさも、結局は“草”なので、家庭菜園の中でも、畑が無くてもできる、プランター菜園で、十分育てられるのです。
大分、ハーブ菜園に対する敷居が、低くなってきたのではありませんか?
私がなぜ、ハーブをおすすめするのか?
理由が分かってきたと思います。
スポンサーリンク



ハーブを育てるのに必要なものとは?

それでは、そんなに簡単なら、ハーブを育てるのに、必要なもの、知りたいですよね!?
ここでは、より簡単な、プランターでの栽培を仮定して、説明させていただきます。
と、いうことは!?
まずは、“プランター“
あまりお金をかけたくない!
という人は、今は100均でも販売しているので、そちらを購入してもいいと思います。
あと、水が下に流れていくのを防ぐための“水受け皿“
これがあると、室内で育てるときや、室内に移動させるときに、プランターから水が流れてきて、ベタベタに、汚れてしまうのを防げるので、あると便利です。
そして、こちらも100均にありますが“スコップ”と“じょうろ”です。
これも、あると便利だ。
という感じなので、無いなら無いで、手で土を入れたり、ペットボトルの底に穴を開けて、じょうろ代わりにしても良いと思います。
そして、プランターに最初に投入するのは、土の下に入れる“鉢底石(はちぞこいし)”
この石を入れると水はけが良くなります。
水はけが悪いと、土がジメジメっとしてしまい、根っこが腐ってしまう原因にもなってしまいます。
次に“土”です。
「土なら何でもいいのでしょ!?」
なんて思っている人は、要注意ですよ!
土は家庭菜園で最も重要なのです!
今、育てようとしているハーブは、何で育ちますか?
それは、私たちも同じ!
“栄養”がないと育ちません。
ハーブにも栄養を沢山あげましょう!
ということで、肥料や、色んな成分の土が混ぜてある“培養土”(ばいようど)を使いましょう。
ホームセンターに行くと、色々な培養土が、販売されていると思いますが、その中でも、ハーブ用培養土は、その名の通り、ハーブを育てるとき用に、色んな土が配合されているので、初心者の方でも、安心かもしれませんね。
そして、これがないと始まらない!
“ハーブ”です!
一番重要ですね。
ハーブは、種でも販売されていますが、おすすめするのは、苗で売っているものです。
種だと、芽が出るのに時間がかかるので、その間に、飽きてしまう…という人もいると思います。
それでは、せっかく道具までそろえたのに、すぐ、諦めてしまったらもったいないですよね!
そんな事がないように、目で見て、ハーブの成長をしっかり感じとれる、苗から育てたほうがいいと思います。
ハーブ菜園になれてきたら、種からじっくり育てるのも、赤ちゃんの成長を見ているようで、とっても楽しいと思いますよ。
スポンサーリンク



家庭菜園で出来るハーブのおすすめは?

家庭菜園でも、色んなハーブが育てられるのですが、その中でも、私のおすすめは、ミントです。
きっと、大体の人が聞いたことのある名前だと思います。
ジュースやデザートの上に、可愛らしく乗っていたり、お菓子でも、ミント味などよく見かけますよね!
そんなちょっぴり可愛らしいミントですが、実は、生命力がとーってもすごいのです!!
見た目からは想像できないのですが、繁殖力があるので、他のものと同じ、タンプラーで育てたら、ミントだらけになってしまって、一緒に植えたものが、枯れて台無しになってしまいます。
なので、必ずミントはミントだけで育てましょう。
そして、ミントはあまり水をあげなくてもよいのです。
たまに、“土が乾燥してきたな~”と思ったら、その時は、たっぷり水をあげてください。
水をあげる回数は、少なくても良いのですが、乾燥には弱いので、しっかりと、水分補給をさせてあげてください。
あとは、日当たりが良くて、風通しの良い場所に置いておけば大丈夫です!
しかも!!
ミントには、夏になると、いや~な音を立ててやってくる“蚊”を寄せ付けない効果も、あるみたいです。
とっても有難いですよね。
スポンサーリンク



まとめ

家庭菜園で、どうしてハーブが人気なのか?
その秘密は、大きなお庭が無くても、小さなプランターで育てられること。
用意するものも、手軽に手に入り、お金もあまりかからない。
そして、なにより、新鮮なものを料理に使えたり、自分でアロマなども楽しめる。
そんなところに、みんなが魅力を感じているのではないでしょうか。
あなたもまずは、おすすめのハーブ“ミント”を育ててみては?
きっとそこから、ハーブ菜園の魅力に引き込まれることでしょう…
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!