家庭菜園は初心者でも出来る!?気軽にベランダで始めてみよう!
家庭菜園って、色んな知識が必要な感じがして、“いいな~”と思っているけど、難しそう…
そんなことを思っているあなた!
初心者でも!できる家庭菜園!
知りたくないですか?
ベランダのちょっとしたスペースでの始め方を、お教えしましょう!
スポンサーリンク



“家庭菜園”この言葉を聴いて、あなたは何を、どんなことを、思い浮かべますか?
私は、最初“世間に出回っている野菜を作っている畑よりは規模が小さい畑”のことだと思っていて、それなりの広い場所も必要で、野菜を育てるということは知識もある程度いるのではないかと。
それに、なにかとお金も必要で、全てそろえることが出来ない私には家庭菜園なんて無理なんじゃないか!?
と思っていました。
ところが!!
そんなことは全くと言っていいほど無かったのです。
家庭菜園は、広いお庭が無くても、小さいお庭でも、むしろ、プランターで、出来てしまうのです!
ビックリですよね!?
広い畑で作っているような野菜が、あんな小さなプランターで出来てしまうなんて…
プランターなら、広いお庭が無くても、小さいお庭が無くても、ベランダがあれば出来ちゃいますよね!
でも、野菜のこと何も知らない…
それも心配無いのです!
野菜はそんなに知識が無くても、愛情込めて育ててあげれば”すくすく育つ”のです。
真面目な話、愛情も本当に大事なのですが、家庭菜園に知識は特に必要は無いと思います。
もちろん、あるに越したことは無いのですが、初心者の方は、まずはやってみて、やりながら分かることも沢山あると思いますし、むしろ実践して分かることのほうが身に付きますよね。
そしてお金!
始めるにあたって最低限必要なものは、今では100均などにもあるものもあります。
なので、思ったよりも“費用がかからない!”
と、ビックリするくらいかもしれません。
このように家庭菜園とは、初心者でも気軽に簡単に始めることの出来る、素晴らしいものなのです。
では、そんな“魅力的な家庭菜園“について、もっと詳しく説明しましょう!
スポンサーリンク



お手軽!ベランダでの家庭菜園に必要なもの

ベランダでの家庭菜園に必要なもの。
まずは、これがないと始まらない!
“プランター”です。
上記に書いたように、プランターは100均でも販売しているので、“お金をあまりかけたくない“という人は、100均で購入するのが良いかもしれません。
プランターの下に置く“水の受け皿”もあると、ベランダがベタベタに汚れてしまうのも防ぐことが出来るし、日当たりの良い場所であれば家の中にも置いておくことが出来ます。
自分が育てたい野菜の“種!”
そして“土”も必要ですよね!
この“土”普通の土ではなく、かなり重要な役割の“土”なのですが、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。
色々な土と、肥料を混ぜ込んで作った“培養土”(ばいようど)という土を使います。
この培養土という土を使えば、自分で色んな土と肥料を混ぜ合わせて、野菜作りに適した土を作る手間が、はぶける!
ということなのです。
初心者の方には、とってもありがたいですよね。
培養土には、色々な種類があるので野菜専用の培養土か、育てたい野菜専用の培養土があれば、そちらを購入するのが最適だと思います。
次に培養土の下、プランターの一番下に入れる“鉢底石(はちぞこいし)”というものです。
鉢底石は水はけをよくするために入れるものですが、とっても重要なものなのです。
水はけが良くないと土の中がジメジメとして、根っこが腐ってしまう可能性があるからです。
私たち人間もジメジメした梅雨など嫌な気分になりますよね!?
野菜もきっと同じなのですね。
なので、そんな悪い環境にさせないためにも鉢底石を入れてあげましょう。
もし鉢底石が見つからない場合は、発泡スチロールを大きめに切ったものや、コルクも鉢底石の代わりになるので、それでも大丈夫です。
あとは土を入れたりする時に使う“スコップ”と、水をあげるときの“じょうろ”です。
じょうろは、穴が細かいものを選ぶと水が優しく流れるので良いと思います。
どうですか?
たったこれだけあれば家庭菜園が出来るのです。
スポンサーリンク



準備が出来たらさっそく家庭菜園を始めよう!

では、全て揃ったらさっそく始めてみましょう。
まずは、プランターの中に鉢底石を、プランターの5分の1程度入れる。
深めのプランターの場合は、3分の1程度。
その上から培養土を入れる。
そのあと、全体を湿らすように、じょうろで、水をかけます。
そこへ、種をパラパラっと重ならないようにまいていきます。
その種の上に、また、培養土をかぶせてあげます。
そして、種が水の勢いで動いてしまわないように、そっと水をかけます。
これで、あとは日当たりの良いベランダに置いて、定期的に水をあげるだけです。
そうなのです!
とっても簡単なのです!
“よし!それならやってみよう!”
と、思ったのではないでしょうか!?
そんな、家庭菜園初心者さんのために!
スポンサーリンク



初心者の方でもベランダでの家庭菜園をより楽しむコツ!!

家庭菜園初心者だから、まだ、ちょっとしたものしか作れない…
と、楽しさ半減した気分になったときには!
プランターを彩ってみましょう。
ホームセンターや、100均にあるガーデニングコーナーにはプランターや苗だけでなく、それをより楽しむために土にさす可愛らしい飾りが沢山販売されています。
ソーラーパネルが付いていて、夜、光るものもあります。
そういうものでプランターを可愛くデコると、家庭菜園もより楽しくなり、さらにベランダも明るく可愛い雰囲気になって、その空間を楽しめることができると思います。
そして、小さいベランダだから少ししか出来なくて寂しい…
そんな方は、ホームセンターなどにちょっとした”すのこ”の棚も販売されているので、二段や三段のものを置けば、小さいベランダでも色んな種類を育てることができて華やかになると思います。
スポンサーリンク



まとめ

用意するものも少なくて費用もあまりかからない、ベランダで出来る家庭菜園は初心者の方でも野菜を育てることはもちろんですが、その他にもベランダを彩る楽しさを感じることができる、とっても素敵な趣味だと思います。
そして、自分が育ててきた野菜、採りたての新鮮な野菜を食べることが出来る感動も味わうことが出来ますね。
そして、ベランダという限られた空間でしかできないけれど、とっても身近にあって窓を開ければ、すぐ手が届く場所なのでいつも様子を伺うことが出来ます。
そういう面ではすごく安心だと思います。
なんでもお金があれば買える世の中。
自分でなにかを作る楽しさ、感動を感じてみたくありませんか!?
それはこの先、あなたが生きていくうえでの糧となるかもしれません。
思い立った時こそ、始める絶好のチャンスです。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!