どうしても気になってしまうほくろ

除去したいと思うけど、
どこに行けばいいのかわからない。

保険が適用になるのか

わからないという方のために、
調べてみました。

ほくろができるのは、

生れつき持っている先天性母斑と
後から出てくる後天性母斑があり、

後天性母斑の主な原因は紫外線や、

皮膚のターンオーバーが
うまくできていなかったり、

老人性などがありますが、

ほとんどのほくろはほっておいても
害のないものです。

しかし、中には悪性のほくろもあり

除去しないといけないものもあります。

メラノーマ

メラノーマとは

悪性のほくろのようなもので、
悪性黒色腫と呼ばれる
皮膚がんの一種です。

メラノーマかもしれないと思ったら

早期治療のため
医師に相談することをおすすめします。

ではどのようなものがメラノーマの

可能性があるのでしょうか。

  • 足の裏や手の平、爪の下の皮膚にできたもの。
  • 色にむらがある。黒・茶・紫など色が混じっている。
  • 形が左右対称ではない。
  • ぼやけていて皮膚との境界線がはっきりしていない。
  • 大きさが6mm以上ある。
  • 急に大きくなったり、色が変化してきた。
  • 出血や汁のようなものがでてきた。
このようなものは

メラノーマの可能性があるので、
医師に相談してみてください。

スポンサーリンク



除去の方法

では、ほくろ・メラノーマを

除去するのには
どうのような方法でするのでしょうか?

ほくろの除去

ほくろの除去は皮膚科、

形成外科または美容外科で
受けることができます。

目立つところにあって

嫌なほくろは

形成外科や美容外科の方が

綺麗に治療痕を
目だたなくしてくれるそうです。

ただ、普通のほくろかどうか

わからない場合は
皮膚科で検査をしてもらってから
除去施術を受けた方がいいそうです。

普通のほくろの除去は、

ほくろの大きさや深さ、
突起によって施術方法が異なります。

主に知られているのは、

レーザー除去、
炭酸ガスレーザー除去でしょうか。

レーザー除去は、

ほくろにレーザーをあて
メラニン色素を焼いて
綺麗にしていきます。

かさぶたができるので、

自然にはがれるまでケアが必要です。

炭酸レーザーは、

ほくろを
レーザーでくりぬいていきます。

あとが凹んだようになり

赤みがでるのでケアが必要です。

どちらも痛みを伴うので、

麻酔クリームなどを利用して
施術を行うこともあります。

施術後はパッチなどで保護をします。
施術後は紫外線は天敵なので、

紫外線があたらないように
ケアをしないといけません。

数か月で

ほぼ痕がわからないようになります。

ただ、レーザー・炭酸レーザーは

5mmくらいまでのほくろに適しています。

大きなほくろは

手術によって切り取ります。

5日~7日くらいで抜糸が必要です。
スポンサーリンク



保険は適応されるの?

やはり気になるのは費用ですよね。

レーザー・炭酸レーザーでの施術は
保険の対象外となることが
ほとんどです。

基本的に美容目的のほくろの除去には

保険が適応されず、
自費となります。

医師により、

生活に支障の出るものと
判断された場合に
保険が適応となります。

その場合はやはり、

大きなほくろでレーザー治療ではなく、
手術にて切り取られた場合が
ほとんです。

費用もほくろの大きさや

場所によって異なりますし、
病院・クリニックによっても
異なります。

メラノーマは皮膚がんですので、

手術のより切除されます。

また、転移がないかなど

検査も必要となります。

進行具合によっては

薬物や放射線治療も必要となります。

ダーモスコープと使用して

悪性のほくろかどうか
確認する検査には健康保険が
適応可能となりましたが、

先進技術を使用した放射線治療などは

健康保険の対象にはなっていません。

また、がん保険をかけている方は、

メラノーマは
対象外になっていることもあるので、
保険会社に確認をした方がいいです。

スポンサーリンク



おしまいに

一度気になりだしたら

止まらなくなってしまうのが
常だと思います。

美容目的のほくろ除去だと

整形外科や美容外科だと
痕が残らないように
心がけてくれますが、

やはり医師にきちんと相談し、

治療法・費用を確認して
決めるのが一番です。

スポンサーリンク