アスベスト調査に関する義務とは?賃貸物件を安心して借りてもらう為

マンションやアパートでペットを飼いことが許されていないけど何か癒しが欲しいと生き物が欲しいと思った時に最適なのが熱帯魚飼育ですが、全くの初心者が一からすべてそろえるとなると気になるのは初期費用です。
お財布とも相談しないといけないので、事前に知っておきたい事柄です。
熱帯魚飼育を始めるにあたって必要な道具など確認しながらかかる費用をみていきましょう。

スポンサーリンク



熱帯魚を購入する前に必要なアイテムを揃えておかなければなりません。
どのようなものが必要になるのでしょうか。

水槽

もちろんですね。
水槽にも大きさがいろいろありますので、部屋のサイズや置く場所に合わせて選ぶといいでしょう。
目安としては幅30㎝、45㎝、60㎝、90㎝、120㎝と、大まかに分けるとこのような大きさの種類から選ぶことになります。
30㎝、45㎝の水槽だと少々狭くて熱帯魚にストレスがかかったり、水が汚れやすくなったりして掃除も大変です。
初心者なら60㎝の水槽がおすすめです。60㎝の水槽でも安価ものだと4,000円くらいからあります。

水槽台

水槽を置くための台ですが、中には床に直に置いたりチェストの上に置いたりする人も入るようですが、安全面を考えると専用の台を購入した方がいいです。
水槽自体は20㎏弱だとしても、ろ過装置や砂・水を入れていくとかなりの重量、100㎏近くにまでなります。
となるとその重量を支えられるだけの耐久性が必要となるので、専用の水槽台を使用することをお勧めします。
水槽台は耐荷重を確認しましょう。
シンプルな骨組みタイプの水槽台なら3,000円くらいで購入できますが、おすすめはキャビネットタイプです。
開き戸が付いていて中に熱帯魚飼育に必要な小物を収納しておくことができます。

また、小物が見えていないので見た目のすっきりします。キャビネットタイプで6,000円~で購入できます。

ろ過装置

水槽内の水を綺麗に保ち熱帯魚たちが元気に泳ぐためにはろ過装置が必要です。ろ過装置は大きく分けて「上部フィルター」「ボトムフィルター」「外掛けフィルター」「外部フィルター」の4種類あります。
どれも初心者でも扱える装置なので、選ぶポイントは手入れのしやすさと静音性です。
費用の面で言えば「ボトムフィルター」なら700円くらいで購入できるので安価に抑えたい人には良いです。
他のフィルターは1,000円~7,000円くらいまで差があります。

ヒーター

熱帯魚の飼育には水の温度管理が欠かせません。
常に26℃前後に保っておくようにしなければいけません。
水量によってヒーターのワット数をかえます。
60㎝の水槽であれば150w~200wの物を選びます。
費用相場は2,000円~5,000円です。

ライト

熱帯魚飼育にはライトも必要です。

直射日光が当たる場所に設置することは水温が上がり過ぎてしまったり、苔などの繁殖が増して水が濁ったりして熱帯魚が住みずらい環境になってしまいます。

ライトはタイマー式になっているものを選ぶと節電にもなりますし、熱帯魚や水草への生活リズムを付けやすくなります。
水槽サイズ別で購入するのもいいですが、おすすめは40㎝~60㎝水槽にまで使用できる大きさ調整のできるライトです。4,000円~購入することができます。
ここまででザっとみてみると初期費用は大体18,000円~(水槽台をキャビネット式にした場合)くらいでしょうか。
これにプラスして、砂・水草・餌・石・そして熱帯魚などの費用が掛かります。
熱帯魚はどの種類を飼うか何匹飼うかによって大幅に費用は変わってきますので、初期費用を考えた時に事前に下調べして予算を別に取って置くといいかもしれませんね。
個々に揃えていくのが面倒だという人には通販で「水槽セット」というものが販売されています。

水槽とろ過装置と蓋が付いて

4,000円弱くらいから、ヒーターもライトもついて14,000円くらいの物もあります。
スポンサーリンク



まとめ

熱帯魚飼育を始めるにはそこそこの費用が掛かってしまいますが、一人暮らしにはとってもいい癒しになりますし、子どもがいる家庭でも生き物を飼うという事は命の大切さを知ったり面倒を見るという事を勉強することができます。
もちろん鑑賞用にいぇきしているので、例えばライトを3色変化や5色変化のものにして、気分によってライトの色を変えていくのもいいですね。
これから始められる方、熱帯魚飼育楽しんで下さい。

みんな読んでいる関連記事!