冷え症を改善したい!!冷え症改善に効果的な食べ物って?!
冷え症でお困りではありませんか?
実は私もそのひとりです!
思い起こせばあれは
小学生の頃だったでしょうか・・・
それぐらいの時から
私は冷え症だという自覚があって、
かれこれ20年ぐらいの
付き合いになります。
私も冷え症を改善したいと、
冷え症に効くということに
いろいろ挑戦しましたが
なかなか続かず・・・
一番手っ取り早く取り掛かれる
改善方法ってなんだろうって考えた時、
やっぱり
「食べ物」が思いつくんですよね。
元気な人なら毎日食事はしますよね!
その毎日食べるものを工夫すれば
少しずつ改善の兆しが
見られるのでは・・・と、
私は思いました!
そこで、冷え症になる原因から、
冷え症改善に効果的な食べ物まで
いろいろとご紹介したいと思います♪
スポンサーリンク



  • 筋肉の量が少ない、運動不足
  • 血行が悪い
  • 不摂生
  • ストレス
  • 過度なダイエット
男性に比べて、
筋肉の量が少ない女性に冷え症が多い
というのはよく知られていますね。
筋肉が多ければ体の代謝も上がって、
血行も良くなっていきます。
しかし女性は筋肉の量が少ないです。
それに加えて、
月経によって子宮などに
血液が集まって滞る
ということもあって
血行を良くするのって
難しいんですよね。
思えば、私も月経が始まった頃から
冷え症が
ひどくなっていったような・・・
不摂生や過度なダイエットは
冷え症に限ったことではなく、
体にとって良くないことです。
ダイエットなんてしていない!
きちんと食べているよ!
という方も、
バランスの良い食事を
とれているでしょうか?
私も栄養のあるものをと思って、
野菜は意識して
たくさん食べるようにしています。
でも、それ以外の主菜、
肉や魚の食べ方には
偏りがあります・・・
どうしても調理が簡単で
比較的安い肉料理になることが
多いんですよね。
不摂生までいかないかもしれませんが、
偏った栄養のとり方になっているのは
確かです。
スポンサーリンク



冷え症が引き起こすこと

  • 免疫力が低下して、病気にかかりやすくなる
  • 首、肩、腰など体がこる
  • 疲れやすくなる、疲れがとれにくくなる
良いことなんてひとつもありません!!
以前、雑誌で
「冷え症が引き起こす病気」
という記事を読んだことがあります。
恐ろしいことに、
癌もその中に入っていたんです!
病気が住み着きやすい体というのに、
体の冷えが挙げられていました。
病気は冷えが好きなようです。
冷え症をそのままにしておくことで、
大きな病気にかかってしまうリスクも
上がってしまいます!
では、これを食べ物によって
改善していくとなると、
いったいどんなものが
効果的なのでしょうか?
スポンサーリンク



冷え症改善に効果的な栄養素

ここでは、
特に冷え症の改善に効果的な栄養と、
代表的な食べ物をご紹介します。
  1. ビタミンE
  2. ビタミンC
  3. ビタミンB
  4. たんぱく質
ビタミン系が続きますね~
どれも聞いたことはありますが、
どんなはたらきがあるのかは
私もよく分かっていません・・・
ひとつずつ説明していきますね!
  1. ビタミンE

    血行を良くして、

    血液をサラサラにする

    はたらきがあります。

    まさに冷え症改善のための

    栄養といった感じですね!

    代表的な食べ物:

    • うなぎ
    • たらこ
    • かぼちゃ
    • アボカド
    • ナッツ類
  2. ビタミンC

    鉄分やカルシウムなどの

    吸収を促進するはたらきがあります。

    ビタミンCと鉄分を一緒にとることで、

    貧血予防になります。

    ほかに肉体疲労を回復させる

    はたらきも。

    疲れやすい

    冷え症体質に必要な栄養です!

    代表的な食べ物:

    • アセロラ
    • レモン
    • キウイ
    • ピーマン
    • ブロッコリー
  3. ビタミンB

    人間が動くために必要な

    たんぱく質、糖質、脂質などを

    エネルギーに変える

    はたらきがあります。

    生きていくうえで、

    絶対になくてはならない

    栄養になります!

    代表的な食べ物:

    • 豚肉
    • レバー
    • うなぎ
    • 玄米
    • 落花生
  4. たんぱく質

    臓器や筋肉、皮膚や骨、毛髪など

    体をつくるはたらきがあります。

    筋肉量の不足が

    冷え症の原因になりますから

    これも重要ですね!

    たんぱく質には他に、

    集中力を高めるという

    はたらきもあります。

    代表的な食べ物:

    • 乳製品(牛乳・卵・チーズなど)
    • 大豆食品(納豆・豆腐など)
    • 魚類
    • 肉類
バランスの良い食事によって
しっかり栄養をとれていれば、
冷え症の改善だけに限らず、
体のさまざまな
不調が改善される
期待もできそうですね♪
スポンサーリンク



食べ物には「陰」と「陽」がある

お話ししてきた栄養素に加えて、
このこともお話したいと思います。
これってご存知でしたか?
私はよく雑誌などでも
冷え症特集などがあると
熟読するのですが、
この「陰陽論」は結構有名ですね。
簡単に言えば食べ物は
「陰:体を冷やす食べ物」と
「陽:体を温める食べ物」の
ふたつに分けることが
できるということです。
この考えを取り入れることで、
冷え症の改善につながります!
スポンサーリンク



「陰:体を冷やす食べ物」の特徴

カリウムが多い、
早く煮えてすぐ柔らかくなるもの、
地上で早く育つもの、
暑い気候の土地でとれるもの、
青・白・緑などの青系の色のもの
代表的な食べ物:
  • きゅうり
  • きゃべつ
  • レタス
  • ナス
  • トマト
  • ほうれん草
  • スイカ
  • バナナ
スポンサーリンク



「陽:体を温める食べ物」の特徴

ナトリウムが多い、
煮るのに時間がかかる硬いもの、
地下でゆっくり育つもの、
寒い気候の土地でとれるもの、
赤や黒など濃い色のもの
代表的な食べ物:
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • たまねぎ
  • しょうが
  • じゃがいも
  • ニンニク
  • ネギ
  • カブ
他にもたくさんの食べ物がありますが、
とりあえず代表的なものを
いくつか挙げてみました。
「じゃあ、冷え症の人は陽の食べ物を
たくさん食べればいいのね♪」
となるかと思いますが、
ちょっと待って!
この陰と陽の食べ物は
どちらかひとつをたくさん食べれば
いいということではなく、
両方をバランスよく
とらなければなりません。
食べ過ぎは良くないということです。
治療のために飲む薬も、
服用の量を間違えれば
副作用がおきるのと一緒です。
冷え症の人は体質が
「陰」に偏っていますので、
「陽」の食材を多めにとることは
大切ですが、
とりすぎると体がびっくりして
何らかの副作用が起きてしまうかも
お薬ではなく食材の栄養ですから
あまり大げさに考える必要は
ありませんが。
スポンサーリンク



まとめ

冷え症の私自身も、
調べていくうえで勉強になることが
たくさんありました!
冷え症改善の為には運動すること
などももちろん大切ですが、
ズボラな私はまず簡単に取り掛かれる
食べ物から変えていこうと思います♪
ぜひ試してみてください!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!