日本人なら一度は行ってみたいと思う、安心して満喫できる常夏の国、それはハワイ!!
ハワイに行ったら何をしますか?マリンスポーツや観光もいいけど、やっぱり外せないのはショッピング!!
ハワイには、買い物好きにはたまらない場所がいっぱいです。
そこで、ホノルルがあるオアフ島でのショッピングスポットをご紹介!
すでにオアフ島を訪れた事のある人は、おさらいに。これから訪れようと思っている人は、参考にしてくださいねー。
個人旅行でも一度は足を運ぶ免税店。フリープランでもホテルと送迎付きのツアーなら観光付きツアーや団体ツアー同様に必ずほぼ初日に立ち寄るのがワイキキのほぼ中心に立地している免税店「TギャラリアbyDFS」です。
朝早くホノルルに到着する便だと、ホテルの部屋にチェックインが出来るまでの時間つぶしと、免税店にある両替所の利用のために立ち寄ります。免税店での外貨両替はレートがいいので、買い物をしなくても両替だけに来る人も。
3フロアーからなる店は、もちろん各セクションにわかりやすく配置された品々がずらっと並びます。ハワイのお土産をはじめ、ブランド好きの日本人には嬉しい140以上の有名ブランドが並んでいます。
まだ日本では手に入らないブランド商品まで購入できます。なんと言っても免税店ですので、高級ブランド品が消費税関税抜きの金額で購入できるので嬉しいですね。
2002年にリニューアルされた免税店の2階のコスメフロアには「ビューティ―コンシェルジュ」が常勤し、商品説明のみならずメイクアップの仕方や肌診断・無料ハンドマッサージまでしてくれるコーナーまで出来、女性にはとっても嬉しいサービスができました。
スポンサーリンク



【豆知識】

TAX FREE とDUTY FREEの違い。
TAX FREEは現地でのいわゆる消費税が掛かっていない商品です。
DUTY FREEは消費税+関税が掛かっていない商品です。関税とは輸入における税金です。
「Tギャラリアby DFS」はDUTY FREE SHOPなので後者にあたります。
スポンサーリンク



ワイケレ・プレミアム・アウトレット

ワイキキから少々離れた場所にあるアウトレットモール。免税店に比べるとブランドは約50種類ほどなので、ちょっと物足りないかもしれませんが、なんと言っても通常よりも安い!!
CoachやLevi’sなども見逃せません。因みに私はGuessが好きなので真っ先にそこをチェックですが(笑)ワイキキの免税店の前から有料シャトルバスが出ているので、シャトルバスに約1時間揺られながら外の景色を楽しんでください。
もし、JCBカードなど提携のクレジットカードを持っていたら、インフォメーションカウンターに提示すると割引クーポンがもらえます。通常よりも安いアウトレット商品が更に安く購入できるなんて、こんなチャンスを逃す手はないです。
ただし、やはりアウトレットなので、安いですがサイズが合わなかったり色が気に入らなかったりというものもありますので、ご理解を。
せっかく約1時間もかけてワイケレまで来たのですから、買い物の後はちょっとカフェでお茶をしたり、フードコートやレストランで昼食をしたりとのんびり過ごしましょう。ちょっと足を延ばして現地のホームセンターLewe’sを覗いても面白いかも。
日本人も沢山住んでいて、沢山訪れていて、英語が話せなくても日本語で通じるところも多いハワイですが、ホームセンターなんかを見ると「やっぱり日本とは違う、外国だ!」と感じるところもあるかも。
巨大ホームセンターのない地方から訪れると、見ているだけでちょっと楽しくなります。あっ、でも興味のない人には全然面白くないので。。。興味がある人にだけ。
ワイケレで過ごすときに忘れてはいけないのが、帰りのシャトルバスの時間です。約1時間の距離ですからタクシーで帰るとコストがかかります。シャトルバスに乗り遅れないように計画的に過ごしましょう。

最後に

免税店やアウトレットでお得にブランド物を購入しても日本に帰った時に税関にて税金を支払わないといけない場合もあります。
同じ種類の商品で1万円を超えるもの20万円までは日本への持ち込みは免税です。
が、それ以上は字ぜきん対象になりますので超過分を支払うことになります。例えば1点が日本円換算で2000円の同じ物を6点買うと12000円なので1万円を超えることとなります。
これらに1万円以上のバッグや服などを合わせて20万円を超えると超過分がかかります。
嬉しくて楽しくてついついショッピングに夢中になってしまうかもしれませんが、落とし穴には気をつけてくださいね。
アロハ~。
スポンサーリンク