スポンサーリンク



虫の声とひんやりとした夜の空気に急に秋を感じる日々。夜なのに外が明るいと空を見ればまぶしいくらいに煌めくお月さまが光り、秋はお月さまのベストシーズンと言ってもいいですね。中秋の名月、十五夜、そして満月。これらが全部同じものと思っているあなたに、本当はちょっとずつ違うのよ、ということをお教えします。
スポンサーリンク



今日は中秋の名月です。と、TVの情報番組などでとりあげられると、その夜はついつい月を見てしまいますが、中秋の名月の日が毎年違う日だったと知っていましたか。
中秋は昔の暦でいう秋(7月から9月)の中心の日。旧歴の8月15日のことです。この日に見る月が美しいので中秋の名月と言いますが、旧歴と新暦の暦のずれで毎年違った日になっています。
スポンサーリンク



中秋の名月と仲秋の名月とはなにが違うの?

「中秋の名月」と同時に「仲秋の名月」という言葉を聞くことがありますが、どっちが正しいのかと疑問に思うこともあります。「中」という字と「仲」という字の違いだけですが、間違って使われている訳でもなく、どちらも使います。ただ、こちらも同じようで同じではありません。
中秋は昔の暦の秋の中心にあたる旧歴の8月15日のこと。仲秋は昔の暦の秋の中心の月旧歴の8月のこと。1日だけをいうのではなく秋という季節の中心の1ヶ月のことです。
手紙の冒頭に仲秋の候などと使うこともあるように大雑把に秋のことをさしています。仲秋の名月という言葉は、秋の空に見える月のことであり、その日に見る月が美しいなら、中秋の名月という表現を使うのが正しいです
スポンサーリンク



十五夜は毎月あること知っていますか?

毎月の新月を1日とし、1日から数えて15回目にやってくる夜十五夜です。その考えで行くと毎月十五夜があるということ。秋に見えるのが十五夜と言う訳ではなく、月がきれいに見える季節だけに十五夜だと、いつの間にか秋限定のような使い方になっています。
スポンサーリンク



中秋の名月は満月じゃなかった

昔、学校で月の自転を習った記憶もあると思いますが、地球を軸にして回る月の向こう側に太陽があり、太陽が照らしている月が見えないのが新月。逆に満月は、太陽と月の間に地球があり、太陽の光で見える月。新月を1とし、15日目の夜が満月になるはずが月の軌道がゆがんだ楕円形をしているので、必ずしも15日目が満月ではない
もちろん満月の日もありますが、ちょっとずつずれてしまっています。それが、中秋の名月が満月とは限らない秘密。今度、中秋の名月が満月と同日になるのは2021年9月21日です。
スポンサーリンク



秋の夜空に輝く満月に酔いしれてみませんか

たとえ中秋の名月が満月ではなくても、十五夜が満月ではなくても、満月に近い形で綺麗に見えるのですから、それはそれで素敵なお月さまには変わりない。
秋の夜空に光輝く月は濁りのない美しさで、心を洗われるような気持ちになり、お月見という習慣を誇りに思うかも。この日はお部屋の電気を消して月の明かりの下で光り輝く満月に近い月に酔いしれて過ごすのも、ちょっと優雅で贅沢な体験になりますよ。
スポンサーリンク