スポンサーリンク



9月の夜のイベントといえば、中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)と十五夜が有名です。この2つ、同じ意味と思われがちですが、実は違いがあります。では、月見団子はどちらに食べるのが良いのでしょうか?あわせて月見団子の作り方もご紹介しましょう。
スポンサーリンク



同じ意味と思われがちな中秋の名月と十五夜。でも実は2つには違いがあります。

中秋の名月

中秋の名月は、分かりやすく言うと「秋の真ん中」に当たる日のことです。江戸時代から浸透している言葉で、かつては明治5年まで用いられていた「旧暦」を元に計算していました。
旧暦において、秋は7月から始まりました。7月は初秋、8月は中秋、9月は晩秋と呼びます。そして、8月の中秋の中でも真ん中の日(8月15日)を中秋の名月と呼んでいたのです。
でも、現代の8月15日なんて夏真っ盛りですよね。そこで、暦が変わったと同時に9月の中旬~10月上旬ごろの満月に近い夜に変化していったのでした。確かにこの方が、秋の真ん中らしいですよね。

十五夜

一方で、十五夜は満月そのものを意味しています。名前は、月が全く見えなくなる新月の日から、真ん丸な満月が見えるまでの期間が、およそ15日であることに由来します。
こういった違いがあることから、中秋の名月と十五夜が必ずしも一致するとは限らないのです。
スポンサーリンク



中秋の名月と十五夜、月見団子はどっちに食べる?

中秋の名月と十五夜が重なれば、その日に月見団子を食べればよいのですが、重ならなかった場合はどちらに食べればいいか迷いますよね。
正解ですが・・実は、どちらでも問題ありません。最近では、満月が近づくとスーパーやコンビニに月見団子が並んで、いつでも食べられるようになっているので、自分が食べたいときに食べるのが一番でしょう。
それでも伝統を尊重したいという場合は、十五夜を優先させると良いですよ。なぜなら、月見団子は十五夜に合わせて15個供える団子だからです。
十五夜に月見団子を供えることで秋の豊作を願うのが、もともとの由来となっています。月見団子と一緒にすすきや稲穂を供えるのも、豊作祈願が由来です。
スポンサーリンク



定番からアレンジまで!月見団子の作り方動画2選

先述の通り、最近ではコンビニでも月見団子が買える時代なので、私はいつもそれで済ませちゃいます。子どもの頃は家族と一緒に月見団子を作ったものですが、大人になってからは、なかなかそんな機会がありません。
でも、中には月見団子を手作りしたいという人もいることでしょう。そこで、見団子の作り方が分かる動画を紹介します。定番から、一風変わったアレンジものもありますよ。
まずは料理レシピサイトmogooによるチャンネル「mogoo [もぐー]」による、定番の月見団子の作り方です。
団子は白玉粉と水を混ぜたものを丸めて、熱湯に入れて茹でれば完成です。タレは水、しょうゆ、砂糖をじっくり温めながら混ぜ合わせると完成します。
同じく「mogoo [もぐー]」による動画です。こちらはカボチャ入りの月見団子の作り方も紹介しています。
2色の月見団子で、よりお月見が楽しくなりそうですね。意外にもシンプルな材料で作れるので、私もチャレンジしてみようと思います。
スポンサーリンク



まとめ

似ているようでちょっと違う、中秋の名月と十五夜の違いはいかがでしたか?過ごしやすくなった秋の夜に、きれいな月を見ながら食べる月見団子は最高です。手作りも簡単にできるので、自分で作ってみるのもおすすめです。
スポンサーリンク