近年では春に行われることが多い運動会。「ポカポカ陽気の中、子どものイキイキした姿を見られるから楽しみ」というパパママは多いことでしょう。でも、日焼け対策は忘れてはいけません。春の運動会シーズンは、意外にも紫外線が強いのです。
親の世代にとって、運動会とは秋の行事というイメージが強いですよね。しかし最近では、ほとんどの学校が運動会を春に開催しています。理由はさまざまで、「2学期はほかにも学校行事が多くて慌ただしい」、「2学期以降は受験に専念したいから」というのが代表的です。
健康面では熱中症に配慮した理由も。親世代では、秋の運動会シーズンには暑さのピークが過ぎていました。しかし最近では、2学期に入っても真夏のような暑さが続きますよね。そんななか運動会の本番や練習を行うと、熱中症で倒れてしまうリスクも。春の運動会は、子どもにとってメリットがいっぱいなのです。
しかし、熱中症が多いということは、日焼けするリスクも高いということ。春の運動会に参加するときは日焼け対策をしっかり行いたいですね。
スポンサーリンク



春の運動会・日焼け対策の基礎知識!UVA&UVBの違い

日焼けの原因となる紫外線にはUVAUVB の2種類あることをご存知ですか?それぞれの違いを知っておきましょう。

UVA とは?

UVAはオゾン層によって吸収されず、そのまま地表に届く紫外線のことです。私たちが浴びる紫外線の9割以上がUVAだといわれています。
一般的に「紫外線は5月が最も多い」といわれますが、気象庁では、その原因はUVAにあるとしています。UVAによる日焼けは肌が赤くなりにくいので自覚が難しいのですが、シワやたるみの原因になるとされています。

UVB とは?

UVBは、UVAより量は少ないものの、UVAより強いエネルギーを持っている紫外線です。そのため日焼けによって細胞を破壊し、肌を赤くすることがあります。シミの原因となるのも、この紫外線が原因です。
スポンサーリンク



春の運動会!日焼け止め対策はSPFとPAに注目

日焼け止め対策の代表とも言えるのが、日焼け止めクリームでしょう。日焼け止めクリームには、UVAと UVB、それぞれに対する効果の強さが表記されているので、そこに注目して選んでください。
UVAの紫外線をカットするのは「PA」です。「PA+」のように、プラスマークをつけることで強さを表記します。最も強いのは「PA++++」です。
UVBの紫外線をカットするのは「SPF」です。こちらは「SPF25」のように数字で強さを表記します。数字が大きいほど効果が高く、最も強いのは「SPF50+」です。
スポンサーリンク



春の運動会の日焼け止めグッズ

日焼け止めクリームのほかに、こんな日焼け止めグッズがあります。春の運動会にぜひ、用意しておきましょう。

頭皮用・日焼け止めスプレー

髪を紫外線から守るための日焼け止めグッズです。スプレータイプで手軽に使用できます。髪や頭皮が紫外線のダメージを受けると抜け毛などの原因になるので要注意です。

UVカット帽子

つばの大きくすることで、頭はもちろん顔もカバーする防止です。日焼け止めだけでなく、熱中症対策にも役立ちます。日焼け止めクリームにプラスして使用するのがおすすめです。

UVカット目薬

目が紫外線の情報をキャッチすると、脳は「日焼けした。メラニンを作ってシミを増やさなきゃ」と判断することをご存知ですか?日焼け止めには肌だけでなく、目のカバーも大切なのです。UVカット効果のある目薬もぜひ活用しましょう。
スポンサーリンク



日焼け止め対策万全で春の運動会を!

お子さんがいるファミリーにとって楽しみなイベントである春の運動会。最後まで気持ちよく満喫するためにも日焼け止め対策は欠かせません。いろんな日焼け止めグッズを駆使して、紫外線をカットしてくださいね。
スポンサーリンク