毎年恒例ディズニーランド・ディズニーシーの秋のイベントはこれ「Disney’s Halloween」!!
今年も開催されます。この時ばかりは大人も子供同様に仮装して入園できます。ルールを守って、ディズニーキャラクターになりきり、思いっきり楽しんじゃいましょう!!
ディズニーランド・シーのファンにとっては嬉しい話です!
ご存知の通り、小学校6年生以下の子供はイベントに限らずいつでもフル仮装しての入園が許されていましたが、ハロウィンのこの期間は大人もフル仮装が許されます。
2016年まではイベント期間中の最初の1週間と最後の1週間しか大人は仮装することができませんでした。が!昨年2017年のディズニーハロウィーン20周年に引き続き、今年も期間中の全日フル仮装が可能です。正確には、イベントスタート前日の9月10日から仮装が可能です。
でも、どんな格好をしてもいいという訳ではありません。入園NGの仮装もあります。せっかく楽しみにして出かけて行ったのに入園できなかった、と言うことのないようにNG仮装の確認をしておきましょう。
スポンサーリンク



ハロウィン仮装でもNG仮装ルールがあります。

ディズニーリゾートの公式ホームページに「ディズニー仮装ガイド」があります。NGな仮装から着替えスペースについても掲載されていますので、お出かけ前にはきちんと確認してください。
ここでも、念のためおさらいしておきましょう。
  • ディズニーキャラクター以外はNG。
    (スパイダーマン等のヒーロー系はマーベル社。ディズニーキャラクターではないのでNG。ハリーポッターも違います。)
  • ディズニーリゾートのスタッフ仮装はNG。
    (本物のスタッフの人かどうかわからなくなってしまいます。)
  • 付属の装備品はNG。
  • パイレーツオブカリビアン等の剣やガン、弓などはNGです。
    その他、魔女の杖やマジックワンドのような棒系・先の尖ったものはNG。(小さい子どもたちにあたったら危ないです。)
  • 付属の装備品はNG。
    パイレーツオブカリビアン等の剣やガン、弓などはNGです。
    その他、魔女の杖やマジックワンドのような棒系・先の尖ったものはNG。
    (小さい子どもたちにあたったら危ないです。)
  • 怖いメイクや顔を隠すようなかぶり物、マスク、髭等はNG。
    ハロウィンですが、小さい子どももたくさん訪れる場所です。
  • 怖いメイクや顔を隠すようなかぶり物、マスク、髭等はNG。
    ハロウィンですが、小さい子どももたくさん訪れる場所です。
    ディズニーはファンタジーの世界なのでゾンビメイクや傷メイク、元の顔がわからないような過度のメイク
    (顔の色を変えてしまう等)はNGです。
  • 楽器などの鳴り物はNG。
    他の人の迷惑になったりするものは持ち込みできません。
  • 裾を引きずってしまうような長い衣装はNG。
    裾を引っかけたり、踏んでつまずいたりする危険があるのでNGです。
    (長い裾は遊ぶのにも邪魔ですね。)
  • へそ出しなど露出が多い衣装や全身タイツはNG。
    (これは微妙。モアナやジャスミンの衣装は露出が多い気もしますが、過去の例を見ると入園できてます。
    下着や水着が見えてしまったらNGです。)
こう見るとなんだかNGが多い気もしますが、基本は「ハロウィンだけどハロウィン仮装じゃない!

あくまでファンタジーの世界、ディズニー仮装をするべし!」と思えばそんなに難しいものではありません。

入園後にNG仮装をしても見つかったら注意されるので、退園させられないようにルールはきちんと守りましょう。
スポンサーリンク



ディズニー周辺の公共の場所での着替えはNG

衣装はどこで着替えるの?と思っている方。入園後に決まった着替えスペースでのみ着替えが可能です。でも、着替えには時間がかかるので、とても混雑します。できれば、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが自宅から仮装してくるか、ホテルに宿泊している方はホテルで仮装してからくると、入園後すぐに遊べるので時間の無駄もないです。
駅のトイレなど公共の場所での着替えは一般の方の迷惑になるので止めましょう。トイレを占領しているせいで、小さな子供が間に合わずおもらししていまったら可哀そうです。
スポンサーリンク



おしまい

どのキャラクターに扮していきますか?定番のキャラクターもいいですが、キャラクター一覧の中には「こんなキャラクターもあったの!」なんてものもあります。詳しくは公式ホームページで確認してくださいね。過去の仮装画集などを参考にするのもありです。
ディズニーキャラクターになりきって行ってらっしゃ~い!!
スポンサーリンク