ハンガーって

いつの間にか増えていませんか?

クリーニングに出して

ハンガー付きで返ってくる。

服を買って

ハンガーも一緒に付いてくる。

洗濯用にいいかなと思って買うけど

5個10個セットがお得と
つい思って買うけど
そんなにも使わなかったりする。

で、気が付いたら

ハンガーが余ってしまっている
なんてことはありませんか?

何か他のものに

使用できるかなと思っても、
いまいち使用方法が思いつかない。

結局、クローゼットの隅に

使ってないハンガーがかかっていたり、
物干し竿にかかったままに
なっていませんか?

かさばるので見た目も

あまりよくないですよね。

そこで、皆さんがどのように

ハンガーを収納しているのか
調べてみました。

スポンサーリンク



余ったハンガーや

使わない時に
どのようにしているのでしょう。

掛けたまま

服をハンガーから

ままの状態で置いておく。

クローゼットの中は

特にこうなりがちですね。

服やコートをとる時に

ハンガーごと取らずに
衣類だけ取るので、
空いたハンガーがそのままの状態。

次に使うときに空いているハンガーを

かかっている衣類の間から
探し出します。

洗濯物干しに掛けたままの時は

強風などで落ちてしまっていることも。

せめて端っこにまとめると

見た目もすっきりです。

袋に入れる

私も余ったハンガーを

紙袋にまとめて入れて
押し入れにいれていましたが、

ハンガーの大きさが

いまいち揃ってなくて、

結局なんだか

ぐちゃぐちゃに見えたり
紙袋がやぶけてしまったりしました。

取り出すときに他のハンガーまで

一緒についてきたりして。

収納にはいいですが、

デメリットもあります。

ハンガーオンハンガー

ハンガーにハンガーを掛けていきます。
長くはなりますが、

クローゼットの中だと
場所も取らないし、
使うときにも取りやすいです。

洗濯物干しだと

やはり風で飛んでしまうことも。。。

フックに掛ける

100均で売っているフックを

利用してハンガーを掛けます。

クローゼットの側面に

フックを張り付けて

使わない時のハンガーを

掛けておけば使いやすいし
場所もとりません。

物干しがベランダの場合は、

ベランダの端に、
庭に洗濯物を干している場合は

物干し竿の柱部分にフックをつけると

使いやすいですね。

針金ハンガーの収納にむいています。
貼り付けるタイプのフックでなくても、

引っかけるタイプのフックも
いいですね。

クローゼットの中は

方向的に逆に場所を
とってしまうかもしれないので、
物干し竿用としてのほうがいいです。

ハンガー収納ボックス

専用の

ハンガー収納ボックスでなくても、
100均で売っている書類入れを利用して
スッキリ収納です。

この方法はクローゼットでも

洗濯物干し場でも利用できます。

書類入れを使うと

倒れてしまうと言うときは、
クローゼットの中なら両面テープで
固定することもできます。

物干し場なら書類入れが入る

大きさのボックスを用意して、
その中に書類入れをいれます。

2~3個の書類入れをボックスに入れると、

それぞれ種類の違うハンガーを分けて
収納することができるので
スッキリします。

服に合ったサイズのハンガーを

見つけるのも便利です。

小さいお子様がいる家庭などでは、

ハンガーも小さめを使用されている
家庭も多いと思います。

ボックスインボックスだと

場所は取りますが、

ベランダの端や物干し竿の下に

置いておけば
あまり気にならないと思います。

また、箱ごと持って

別の所へ移動させるのも簡単です。

スポンサーリンク



まとめ

いろいろな

ハンガー収納方法がありますが、

私のおすすめは

大きさの違うハンガーにも対応できて、
移動させるのも
簡単なボックスでしょうか。

ボックスだと

お子さんがいる家庭は、
お子さんもお手伝いしやすいので

一緒に洗濯物を干したり

しまったりもできて、
お子様の教育にも良いと思います。

お手伝いが楽しくなります。
ハンガーが増えないように、

クリーニング店や服やさんでは
ハンガーを外してもらうとか、

何個以上になったらハンガーは

捨てるか、
いる人にあげるという人もいます。

それも一理ありますね。
皆さんはどうでしたか?
ご自身に合う収納方法の

参考になったでしょうか?

クローゼットと物干し場で

収納方法を変えるといいですね。

他にもいろいろ

アイデアがあると思いますので、
いろいろ発見してみてください。

スポンサーリンク