ゴールデンウイーク【関東】の日帰りおすすめスポット5選はどこ!?
春の大イベント、ゴールデンウイーク(GW)!連泊で旅行するのは難しいけど、日帰りで遊びたいという人もいるのでは?そんな人のために、ここでは関東エリアの日帰りで遊べるおすすめスポットを厳選してご紹介します。
2月ごろから徐々に注目を集める、春のお出かけイベントといえば「いちご狩り」!6月には終わってしまう農園がほとんどなので、ゴールデンウイークはラストチャンスと言っても過言ではありません。
関東エリアで特に人気が高いのが、いちごはうす嘉山(かやま)農園でのいちご狩り。こちらでは、有機質肥料で育った「とちおとめ」と「紅ほっぺ」が30分間食べ放題。いちごが無くなり次第終了となるので、早い者勝ちです。また、こちらの農園で育ったいちごを使った大福も人気となっています。

東京スカイツリー(東京都)

東京観光の定番ともいえる、東京スカイツリー。目玉スポットである天望デッキや天望回廊のほか、例年、春限定のイベントが開催されています。
また、ショッピングが楽しめる東京ソラマチやすみだ水族館、コニカミノルタ プラネタリウム天空といった周辺施設も充実。1日かけて遊べますよ。ゴールデンウイークの混雑を避けるために電車で行くのがおすすめです。
スポンサーリンク



無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県)

群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にある、無印良品によるキャンプ場。例年4月下旬~11月上旬ごろまでしか営業していないので、過ごしやすい気候であるゴールデンウイークは特におすすめの訪問時期となっています。
キャンプ場では広大なバラギ湖での釣りやボート、またはサイクリングが楽しめます。周囲を取り囲む浅間山、四阿山、草津白根山と足元に広がるキャベツ畑による絶景もおすすめポイントです。
スポンサーリンク



秩父鉄道 SLパレオエクスプレス(埼玉県)

【都心から最も近いところにあるSL】として人気なのが、秩父鉄道(ちちぶてつどう)によるSLパレオエクスプレス。SLパレオエクスプレスは、旧国鉄時代に東北地方で活躍していたSLです。ファンからの復活待望の声に応え、秩父で復活することになりました。
通常は土日運行が中心ですが、ゴールデンウイーク期間は例年、毎日運行。その年ならではの乗車特典がついてくることもあります。始発の熊谷駅(くまがやえき)から終点の三峰口駅(みつみねぐちえき)まで約2時間40分かけて走行。秩父の自然を味わいながらのんびり汽車旅を味わってください。
スポンサーリンク



国営ひたち海浜公園(茨城県)

ゴールデンウイークの国営ひたち海浜公園は花の見ごろ。「死ぬまでに行きたい世界の絶景」とまでいわれるネモフィラの花畑を見ることができます。
450万本ネモフィラで地上が空色に染まるその風景は圧巻です。例年、見ごろは5月中旬ごろに終わってしまうので、ゴールデンウイークはラストチャンスといえるでしょう。ほかにもサイクリングやアスレチックが楽しめたり、アトラクション遊園地もあるので、アクティブな時間を過ごしたい人にもおすすめです。

ゴールデンウイークは日帰りでも楽しめる!

関東エリアのゴールデンウイーク日帰りスポットのおすすめはいかがでしたか?遠くまで行く時間がない人や、家でゆっくり休む時間も欲しいという人の中にはお出かけをあきらめてしまう人もいるかもしれませんが、関東には日帰りスポットもたくさんあります。春ならではの自然を満喫できるところがたくさんあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!