日本人にとって欠かせないお米は毎日炊いている家庭が多いですよね。ただその日によって家族の食べる量も異なるのでご飯がどうしてもあまってしまうことがあるはずです。
そんな時に冷凍保存されている家庭は少なくないはず!冷蔵庫に冷凍ご飯があればわざわざ炊かずにすぐに食べられるので便利ですよね。しかし気になるのはその味。
一度炊いたものを炊きたて同様に美味しく保存するのはなかなか難しいものです。そこで今回は冷凍ご飯を出来るだけ美味しく保存するポイントを見ていきましょう!
ご飯の美味しさを出来るだけ損なわずに冷凍するためのいくつかのポイントに注目しながら保存方法をみていきましょう!

ご飯を熱いまま冷凍保存する!

まず炊いたお米を熱いまま割賦や保存容器に入れるのか?
あるいは冷ましてからなのか?迷われると思いますが、そのまま蒸気ごと保存してしまうことで水分が保たれレンジで温めた時にふっくらした状態になるようです。ラップに包んだあとは粗熱をとって冷蔵庫に入れます!

ラップの場合、ふんわりと

お米を冷凍する時にラップを使用される方が1番多いかと思いますが、この時にふんわり包むようにします。するとお米同士が潰れずにすみます。
もしもしゃもじなどで潰してしまうと、温めた時にべちゃっとしてしまいます。ただ出来るだけ炊きたての美味しさを保ちたいのであればオススメは専用の保存容器。
ザルが付いているタイプや蒸気弁が付いたものなどいろんな種類があります。一度買うと何度も使えるので良いですね。

ご飯は平たく入れ、急速冷凍!

ご飯を冷凍する時には出来るだけ凍結スピードが速い方が炊きたてのようなふっくら感を保つことができます。
というのもご飯に含まれる水分が凍る前に体積の膨張で細胞が破壊されそこから水分と同時に旨味成分も流出してしまうからです。
ですから平たく包み、出来るだけ早く凍らせるようにするというわけです。ちなみにより早く冷凍したい場合にはアルミホイルも有効です。米を入れる際に包むだけで結構違うので試してみてください。
スポンサーリンク



冷凍ご飯を解凍するには

冷凍する際のポイントはわかったところで、今度は解凍方法です。解凍方法にもポイントがいくつかあります。まず電子レンジで温めるのが1番ベストな方法です。
解凍時間が長くかかればかかるほどパサパサになってしまいからです。次に食べる直前に温めるということ。ご飯の水分が蒸発するので何度も温めると食感などがどんどん悪くなります。
またできれば途中でほぐす作業を加えると解凍ムラができず美味しいです。ちなみに冷凍ご飯も長期間放置していると腐ってしまう場合があります。
例えば黄色っぽくなっている、カビが生えている、酸っぱい臭いがするなどがあれば廃棄した方が良いですね。
冷凍保存は長期保存が可能になる便利なものですが、限度はあります。できるだけ早めに食べるようにしましょう!だいたい目安は1ヶ月と言われています。うっかり忘れてしまわないようにしましょうね!

まとめ

いかがでしたか?ご飯を冷凍しておけばいざという時にとっても便利ですよね。経済的でもあります。
しかし冷凍保存ならではの気をつけなければならないポイントもあるのでその点は十分気をつけましょう!
ちなみに冷凍ご飯はレンジで温める以外にもそのままチャーハンや雑炊などにしてしまうという手もあります。
冷凍してから日にちが経っている場合にはこういった活用法の方が美味しくいただけますね。また今回挙げたラップで保存する方法の場合はさらにジップロックに入れるなどするとより長持ちします。
出来るだけ冷凍ご飯を美味しくいただけるように色々と工夫してみましょうね。
スポンサーリンク