5月の楽しいイベント・行事といえば、ゴールデンウイーク(GW)!しかしゴールデンウイークの後は五月病にかかりやすいので注意しなければいけません。五月病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?早めに知っておきたい五月病の予防・対策について解説します。
五月病とはゴールデンウイーク明けに起こりやすい、心身の不調を指します。医学的な専門用語ではなく、いわゆる俗語です。4月に環境が変わった新社会人や新入生に特に起こりやすいといわれています。

五月病の原因

五月病の主な原因は、新しい環境に適応できないことに対する過度なストレスや緊張、肉体的な疲労にあります。ゴールデンウイークでこれら癒すことができればいいのですが、五月病にかかる人の場合はそうはいきません。
五月病にかかる人はゴールデンウイークをきっかけに、気持ちの糸が切れてしまい、これまで耐えてきた負担が、ゴールデンウイーク前よりも重いものと感じてしまうのです。性格的には真面目な人や几帳面な人、完璧主義な人にみられやすいといわれています。

五月病の症状をチェック

五月病は心と体、どちらにも影響を与えます。こんな症状が出て来たら五月病の可能性があります。チェックしてみましょう。
  • 寝つきが悪く、朝の目覚めも悪い
  • 朝の身支度に時間がかかるようになった
  • マイナス思考になったり、イライラしやすくなるなど気持ちが不安定になった
  • 仕事や勉強がはかどらない
  • 頭痛やめまい、腹痛といった体調不良が続く
スポンサーリンク



五月病の予防に効果的な5つの対策

日常生活やゴールデンウイーク中の過ごし方に気を付ければ、五月病の予防につなげることができます。食事や生活習慣など、以下の点に気を付けましょう。

五月病の予防1:毎日リラックスタイムを作る

趣味に没頭したり、マッサージをしたり・・と、リラックスできる時間を毎日必ず作るようにしましょう。スキマ時間など少ない時間でも構いません。疲れやストレスを溜め込むほど、五月病が起こりやすくなります。

五月病の予防2:積極的に体を動かそう

疲れているときは動きたくない、ずっと寝ていたいと考えがちです。でも体を動かすことは気分転換につながり、ストレス解消になります。中でもウォーキングはおすすめ。外の景色を見ながら適度に体を動かすとリフレッシュできますよ。

五月病の予防3:幸せホルモン・セロトニンを増やそう

人間が幸せを感じるためには、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が欠かせません。セロトニンが少なくなるとうつ病の原因にもなるといわれています。セロトニンを増やすためには、こんなことがおすすめです。
  • セロトニンの材料になるトリプトファンを摂取する
    →乳製品や大豆製品といった食べ物に含まれています。
  • トリプトファンをサポートするビタミンB6を摂取する
    →バナナ、卵、レバー類といった食べ物に含まれています。
  • 日光を浴びる
    →セロトニンを作るのを助けます。朝の日光浴が一番おすすめ。
  • 質の良い睡眠をとる
    →平日休日で睡眠時間をずらさない、寝る前のスマホやパソコンは控えるようにしましょう。

五月病の予防4:脂質・糖質が多い食べ物はほどほどに

ゴールデンウイークだからと羽目を外して食べ過ぎてしまうのは、五月病の原因になるので要注意。中でも脂質たっぷりのこってりした食べ物や糖質たっぷりのスイーツの食べ過ぎには気を付けましょう。これらの食べ物は、食べ過ぎるとトリプトファンをセロトニンに変えることを邪魔してしまう場合があります。
スポンサーリンク



五月病って自然に治るの?

多くの場合、五月病は1~2か月の時間をかけて自然と治ります。しかし、中には五月病をこじらせることで軽度のうつ病を招いたり、環境に対するストレスや緊張感が限界を超えてしまう「適応障害」になってしまうことがあります。こういった場合は、心療内科などで治療を受けなければいけません。
五月病があまりにも長引く、あるいはゴールデンウイーク明けから学校や会社に行けないほど重い症状が出てしまった場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。

頑張り過ぎないことが大切

五月病にかかってしまう多くの人が、頑張り過ぎる傾向にあります。新しい環境に1日でも早く慣れようとすることは素晴らしいです。しかし長く付き合っていく環境だからこそ、適度に気分転換しながら慣れていくのもひとつの手ですよ。また、五月病はたいていは自然に治るとはいえ、1か月以上も心身の不調が続くのは辛いものです。
だからこそ、毎日の過ごし方やゴールデンウイーク中の過ごし方で五月病を予防したいですね。
スポンサーリンク