スポンサーリンク



社会人の冬のイベント(?)ともいえる、お歳暮。最近では贈る機会が減ってきていると言われてますが、機会が少ないからこそマナーが分からず困ってる人も多いことでしょう。この記事では、地域別のルールも含めてお歳暮の贈る時期を紹介します。
スポンサーリンク



1年間お世話になった気持ちを伝える、お歳暮。仕事でお世話になった人に贈るケースもあるようですが、私は親戚に贈るのがメインです。
最初にお歳暮を贈ったとき利用したデパートが、毎年秋になるとパンフレットと申込用紙を送ってくれるので、最初は毎年同じものを選んで贈っていました。
デパートが完璧に手続きしてくれるので、正直、事務作業です。お歳暮のマナーなんて真面目に考えたこともありませんでした。
でも、ある年からそれではいかんと思い、ネットでお歳暮の商品を真剣に選ぶことに。そうなって初めてお歳暮を贈る時期を気にするようになりました。お歳暮を贈る時期って、地域差もあるみたいです。
スポンサーリンク



関東と関西で違った!お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る時期は、相手が住む場所が日本の東側か西側かで判断すると良いですよ。
関東エリアなら12月1日~12月31日、関西エリアは少し遅れて12月13日~12月31日が定番となっています。一応31日までOKとなってますが、年末は慌ただしいので、関東も関西も20日までに贈るのがおすすめです。
私は関東住みで、関西に住む親せきに贈っているのですが、このマナーを知るまでは12月始めに届くようにしてました。後になって聞いてみると、私のお歳暮だけダントツで早く届いてたようです(笑)
でも、「遅すぎる人よりは早めにくれる人の方が良い印象だからいいんじゃない?」と言ってもらえたので、それほどマナー違反になってないと思います。そう信じたい(懇願)でも今は、周囲に合わせて12月中旬に届くようにしています。
お店によっては、11月末から配送できるように手配しているところもあるので、「早ければ早いほど良いじゃん!」なんて軽く考えず、ローカルルールも意識して時期を選んだ方が良いでしょう。
さすがに、ほかのお歳暮より1か月早く届いたら、受け取った方は「何が届いたの?」と一瞬テンパるかもしれませんからね(笑)
スポンサーリンク



贈るものによって時期を配慮すると、さらに良い!

夏に贈るお中元は、羊羹とかゼリーとか清涼感あるスイーツが多いですよね。それに対してお歳暮は、数の子や牛肉といった生鮮食料品が贈られるケースも多々見られます。
これは、お歳暮が贈られる理由に「年越しはこれを食べてね」というものがあるためです。おせちに大量の数の子があるとテンション上がりますからね。
こういった日持ちしない食べ物を贈る場合は、年末に近い時期に贈るのがおすすめです。20日以降の到着を目安にすると良いでしょう。早く届いてしまうと保存が大変ですし、腐らせてしまう可能性があります。
ローカルルールに加えて、お歳暮の内容に合わせた時期の配慮ができたら、マナーは完璧です!
スポンサーリンク



まとめ

お歳暮を贈るときは、まず相手が住んでいる場所をチェックして時期を選びましょう。11月末から贈れるケースも増えていますが、関西エリアの人にとっては早すぎるお歳暮は相手を驚かせてしまう可能性があります。
こう書いてますが、関東でも11月末に届くケースはまれです。関西住みの人が気遣って早めに贈ってくれたことがあるのですが、11月に届いたのはその方のお歳暮だけでした。
受け取る方は、気持ちが嬉しいので細かいマナーなんて気にならないかもしれません。でも贈る側としてはマナーって気になりますよね。わずかな心遣いで印象がグッと変わるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
スポンサーリンク