スポンサーリンク



お歳暮は、その年にお世話になった方に対して感謝の気持ちを表す日本特有の風習です。
ですが、「とりあえず12月になったら贈るもの」という認識が一般的ではないでしょうか?
おおむね間違いではありませんが、正解というわけではありません。
スポンサーリンク



実は、お歳暮を贈るのに好ましい時期というのが存在します。
関東や関西、その他の地域ごとにその時期も異なります。
例えば関東地方在住の方・企業にお歳暮を贈る場合には、12月1日~12月20日までが良いとされています。
この時期に贈ることで、受け取った相手も返答の対応が出来ますし、年内に感謝の気持ちを伝えるという目的を果たすことも出来ます。
スポンサーリンク



お歳暮の準備を始める時期はいつが良い?

12月1日~12月20頃までに贈るのが好ましいということは、実際にお歳暮を調達するのは11月中旬がベスト。
近年では、デパートなどのお歳暮関連の売出しも11月半ば頃から開始されることが多いからです。
12月に入ってから探しても、人気のあるギフトはすでに完売していたり、年内の手配が間に合わない、なんてことになるかもしれません。
贈る相手に喜ばれるものをしっかりと選んでプレゼントするのであれば、早めに動いたほうが良いです。
スポンサーリンク



贈答先への到着時期も意識しよう!

こういったシチュエーションにあることから、最近は、11月中旬に贈答品を購入して、日時指定をしないまま発送する人も多いようです。
でも、この送り方では11月下旬にお歳暮が届いてしまうなんてことも発生します。
せっかく贈るのですから、正しい時期を意識して必ず日時指定をしましょう。
特に、仕事上での付き合いがある相手に対して贈る場合には注意してください。
この一手間を惜しんでしまうと「なんだ、正しい時期もわからずに贈ってるのか。常識がないな」と思われてしまうこともあるかもしれません。
スポンサーリンク



【地域別】お歳暮贈答にふさわしい時期

関東のお歳暮贈答に関しては12月1日~12月20日までが正しい時期ですが、その他の地域とではどの程度違いがあるのか確認してみます。
  • 北海道 …12月10日~12月20日
  • 東北  …12月10日~12月20日
  • 関東  …12月1日~12月20日
  • 北陸  …12月10日~12月20日
  • 東海  …12月10日~12月20日
  • 関西  …12月10日~12月20日
  • 中国  …12月10日~12月20日
  • 四国  …12月10日~12月20日
  • 九州  …12月10日~12月20日
  • 沖縄  …12月20日~お正月
ご覧のとおり、関東と沖縄だけ時期が異なりますが、おおむね、12月20日までに贈るのがふさわしいです。
感謝の気持ちを伝えるにしても、相手先の住所に合わせて配送日を変更するのは効率的ではない、と考える場合には、関東とその他地方のいずれにも対応する、12月10日~20日を目安に配送依頼を行いましょう。
スポンサーリンク



まとめ

日本の贈り物文化では、お歳暮に限らずとも正しい贈答時期や贈り方が関東・関西・その他地域で異なることが多いです。
そして、その贈り方の形式や時期の正確性にこだわる方も少なからずいらっしゃいます。
特別な事情がない限りは、お歳暮は12月10日~20日を目安に贈るようにすると失敗がありません。
せっかくお歳暮を贈ったのに悪い印象を持たれてしまったら損ですから、お歳暮のポイントとも言える、正しい時期を意識して贈ると好印象です。
スポンサーリンク