玄米!野菜!レタスで、健康が気になる方の玄米と野菜の組み合わせ。
健康食の一つとしてあげられる「玄米」。
栄養分が豊富なことでダイエット効果も期待できるといわれています。
でも、そんな玄米も食べ方あるそうなので、玄米の秘密と美味しいレシピなどをご紹介していきます。
スポンサーリンク



そもそも玄米とは精白していないお米の事です。
玄米には白米にはない秘密があります。
ちょっと覗いてみましょう。

秘密その① 豊富な栄養

もみ殻オ取り除いてまだ「胚芽」と「ぬか」が付いている状態の玄米ですが、その胚芽とぬかに食物繊維やミネラル・ビタミンといった栄養素を豊富に含んでいます。
なので白米を食べるよりも玄米の方が栄養価が高いんです。
それらの栄養素は白米の約2倍から6倍入っています。
また、体内の有害物質を体の外に排出する手助けをしてくれるフィチン酸も含まれています。

秘密その② ダイエット効果

玄米が健康だけでなくダイエットにも適しているといわれるのには「食べ方」にあります。
玄米は白米に比べて硬めなので噛み応えがあります。
よく「食べ物は30回噛むといい」なんて言われますが、噛むことによって満腹感が出るうえカロリーも消費し栄養素を体に取り入れやすいのです。
満腹感が出ることで余分に食べないのでダイエットに繋がります。
作者は普段あまり噛まずに食べ物をすぐに飲み込んでしまう方なので、逆に胃に負担をかけてしまいます・・・
玄米はしっかり噛んで食べましょう!
因みに、玄米に含まれる栄養素の中にはシミやしわを防ぐ働きもあり美肌効果も期待できます。
ダイエットしながら美肌にもなるなんて超うれしいですね。

秘密その③ 食べ合わせ

体内の有害物質を排出する手助けをしてくれるフィチン酸ですが、実はミネラルや鉄分なども一緒に排出してしまいます。
なので、玄米を食べる時はミネラルや鉄分が豊富な野菜と一緒に食べるのが望ましいです。
海藻類もミネラルや鉄分が豊富なので、玄米を食べる時は海藻サラダやわかめのお味噌汁などを一緒に用意するといいでしょう。

秘密その④ 昔と今

昔の人々は玄米を食べていました。でも今と違うことがあります。
「残留農薬」って聞いたことがありますか?
イネや農作物を育てる時に虫が付かない様に農薬をまきます。
その農薬がお米の表皮である「ぬか」に残ってしまいます。
白米ならほぼ残っていない農薬も玄米の場合は残っている可能性があります。
なので、玄米を炊くときには
  • 長時間水に浸しておく(半日)
  • しっかりお米を研ぐ
事が重要です。
しっかりグリグリとお米を研ぐことで残留農薬が減るのと同時にぬかに傷をつけることで消化不良を助けます。
また、研ぐことで7%・炊くことで4%の残留農薬の除去が可能になると言われています。
一番いいのは、少々お値段は高くなるかもしれませんが、「無農薬玄米」を食すことをお勧めします。
スポンサーリンク



美味しいレシピ~レタス編~

「秘密その③」で出てきました野菜と一緒に食べるのが望ましい!と言うことで、今回はレタス。
玄米をそのまま食べてもいいですが、アレンジレシピを紹介しましょう!!

玄米レタスチャーハン

定番かもしれませんが、、、
  • 炊いた玄米・レタス・焼き豚やベーコン・卵
  • 醤油(好みの量)、ごま油・ごま
フライパンにごま油を敷き、玄米と焼き豚(ベーコン)を炒めます。
醤油で下味をつけたら、卵を割り入れ絡ませます。
焼き豚やベーコンはすでに濃い味が付いていますので醤油の入れ過ぎに注意して味見をしながら調整してください。
さいごに好みのサイズにカットしたレタスを入れサッと炒めゴマをふって出来上がり。
ポイントはレタスを炒めすぎないこと。しゃきしゃき感を少し残すのがいいです。

玄米レタス包み

「玄米+肉みそ+レタス」で栄養たっぷり、食べやすいレシピです。
  • 炊いた玄米・豚ミンチ・にんじん・タケノコ(缶)・ネギ
  • 味噌 大1/2・酒 大11/2・醤油 大1/2・みりん 小2・砂糖 小2・出汁 大3
    (すべてを事前に混ぜておく)
フライパンにサラダ油を敷き強火で豚ミンチを炒めます。
次にチョップドにしたにんじん・タケノコを加え炒めます。
事前に混ぜておいた味噌を投入し沸騰したら弱火にして水分が飛ぶまで煮立たせます。
最後にネギを加え混ぜ合わせます。
水洗いしてよーく水を切ったレタスに炊いた玄米と肉みそをのせ、包んで食べます。
ホームパーティーにも向いてます。

おしまい

いかがでしたか?
皆さんも玄米を食べる時は「玄米の秘密」に注意して健康的に美味しく召し上がって下さいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!