一重の人にとって二重って憧れるもの。
最近ではそんな一重の人の願いを叶えてくれるアイテムをたくさん見かけますよね。
ドラッグストアなんかで売られているアイプチですね。
まぶたに何かを塗ったり貼ったりするのはなんとなく目に悪そう…というイメージを持つ方も多いかもしれません。
しかも二重になれる商品全てに言えることなのですが、慣れないとなかなかうまくいかない!というのも多いもの。
そこで今回は失敗しないためのアイプチ選びのポイントと、また人気のおすすめアイプチを紹介します。
ますアイプチを選び場合にアイプチの種類を知る必要があります。
1つ目がテープタイプ、次にリキッドタイプです。
それぞれメリットもデメリットもあるのでみていきましょう。

テープタイプのアイプチは

テープタイプの場合は両面タイプ、片面タイプがあります。
まず両面タイプはその名の通り、両面が接着面になっています。そのため密着性には優れています。
比較的二重を作りやすいです。
次に片面タイプ。
これは接着面が片面なので上まぶたをテープに覆いかぶせるようにして使います。
そのため瞼が重いとテープが目立ってしまうのがデメリットです。
ちなみに使い方は同じです。

リキッドタイプは

まず定番の接着タイプはいわゆる液体のり。
まぶたに塗って瞼同士をくっつけるイメージです。
キープ力が高いのが特徴です。
またメリットとして塗り直しも可能です。
二重幅の調整にも役立ちます。
次に最近人気なのが折り込みタイプのアイプチ。
同じく液状なのですが塗ると人口の膜が瞼にできるのが特徴です。
つまり瞼同士をくっつけないというメリットがあります。
これまで密着タイプを使っていた人にとっては使いやすい!
自然だ!
と感じることも多いようですね。
ただ瞼が重い方にはなかなか二重にならず難しいかもしれません。
スポンサーリンク



アイプチでおすすめは?

アイプチを選ぶ上でまずは使いやすさは大切ですね。
またキープ力も大事です。
さらには自然に見えるように肌馴染みが良いかもポイントです。
他に瞼はデリケートな場所なので肌への優しさ。
これも重要です。
これらを踏まえた上でおすすめのアイプチを紹介していきます。
AB シングルアイテープ
これはテープタイプのアイプチで片面が接着面になっています。
半透明なので目立ちにくいのが特徴で、医療用テープなので肌に優しいのが人気の理由です。
寝ている間も使えるのでクセづけに便利です。
コージー アイトーク
このアイプチは液状で、密着力が高くキープ力も高いのが特徴です。
比較的どこで見かけるので見つけやすいとも言えるでしょう。
定番商品です。
アチーブ ルドゥーブル
折り込み対応のアイプチです。使い方がなかなか慣れないと大変ですが、目立たないのが最大の武器です。
おすすめです。
肌に優しいのも安心ですよね。
特に塗った後は何かするわけでもなく、ずれることもないので安心してください。
まとめ
いかがですか?アイプチと一口に言ってもいろんな種類がありましたね。
密着性はあるけれど、目立って使えない!
コスパが悪い!
などなどそれぞれ特徴があります。
それぞれのメリット、デメリットをしっかり見てから使用するようにしたいですね。
今回挙げた他にもインターネットで購入できるものもあります。
定期購入しなければいけないものもあるので気をつけてください。
また中には安価で偽物を売っているところもあります。
もしネットで購入する際には信頼できるものを購入しましょう。
下手すると瞼ですからかぶれたりとトラブルになりかねませんよ。
自分の一重がコンプレックスになっている人が少しでも理想の自分に近づけると良いですね。
スポンサーリンク