スポンサーリンク



お子さんでも大人顔負けのおしゃれをしている子、増えていますね。
もう「ファッションについては子どもには服のこだわりは不要!」という時代ではないようです。
子どもが楽しい毎日を送れるように、ブランド服でおしゃれを応援しましょう。
スポンサーリンク



ファッションに気を使うならブランドは考慮に入れないわけにはいきませんね。
でも、子どもはあっという間に大きくなってしまうし、日々の生活で服を破れたり汚したり伸ばしたり(笑)なんていうことは子どもならば当たり前です。
そんな子どもにブランドの服なんてとても着せられない!
なんて思っていませんか?
そうですよね、私はそう思っていました。
でもね、違いました。
ブランドというのは、「烙印(らくいん)」を押されているもの、つまり「名前のいているメーカーのもの」ということなのです。
お店に入るために、その時着ている服にすら気を使わなければいけないような、ハイブランドだけがブランドではないのです。
これなら、子どものファッションに気を使うこともそれほど敷居の高い話ではないですね。
スポンサーリンク



子ども服のプチプラブランドのお店を探そう

プチプラとは、プチプライスの略です。
お値段的にお手頃な商品が多いことを意味しています。
きっと聞いたことがあるお店も多いでしょう。
そんなブランドを紹介していきます。
スポンサーリンク



SHOPLIST

こちらは通販サイトのブランドです。
子ども服だけでなくレディース、メンズも取り揃えています。
お得なサービスやセールもよく行っているため、よりお得にお買い物を楽しむことができますね。
女の子の服はどちらかというと甘めな可愛い感じのデザインが主流のようですね。
スポンサーリンク



H&M

スウェーデンからやってきたアパレルブランドですね。
定番品やトレンドを押さえた商品の取り扱いが多いです。
実店舗も少なくないのですが、近くにないとおっしゃる方のために通販もありますのでとても便利ですね。
サイズ展開も豊富なため、兄弟姉妹でコーディネートを合わせるなんてこともできちゃいます。
デザインも豊富なので、お友達とコーディネートが被ってしまうことも避けることができます。
おしゃれな服も多く、おしゃれ初心者さんでも、一枚でカッコよく着ることができる商品も豊富です。
また、アニメのキャラクターとのコラボ商品もあり、上手に取り入れれば子どもらしさを残しつつのおしゃれも楽しめそうです。
また、服だけでなくファッション小物や靴下、靴なども多く販売されており、トータルでのコーディネートを楽しむことができます。
スポンサーリンク



ユニクロ

言わずと知れた、日本のメーカーです。
ショッピングセンターなどに入っていることも多いので、お買い物のついでに立ち寄れてしまう気軽さは、おしゃれに敏感でいたいママやキッズにも大好評!
シンプルな定番品に加えて機能性の高い商品(夏のエアリズムや冬のヒートテックなど)もあり、どのご家庭でもここで買っている商品は必ずあるのではないでしょうか?
店舗によっては、ベビー服の取り扱いがある店舗もあるので、赤ちゃんの時からおしゃれが楽しめてしまうブランドです。
ベビーやキッズの服の取り扱いがあるかどうかは店舗によって異なりますが、大きな店舗ではベビー、キッズ、メンズ、レディースと家族全員分が展開されていますので一つの店舗でお買い物を済ませることができます。
子どもを連れてのお買い物は大変という場合でも安心ですね。
スポンサーリンク



GU

ユニクロと何が違うの?
とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
GUとユニクロは兄弟関係にある会社であると言えます。
商品的なことを言えば、GUは品質を犠牲にしてより低価格帯での販売を実践していますので、ユニクロよりプチプライスと言えるでしょう。
シンプルな服が多いので、重ね着する際のインナーだったりさし色の1枚にも適していると言えます。
こちらの商品であれば、店舗数も多く比較的行きやすいですし、もし汚れたり破れたりしてもう着られない!
でも子どもは気に入っているし・・・なんていう場合でもまた買いに行くことができます。
お財布的に優しいブランドなので、気楽に考えられるし子どもの遊び方にもイライラしなくて済みそうですね。
スポンサーリンク



BREEZE

古き良きアメリカのフリーマーケットには、とっておきのドキドキとワクワクが詰まっていたそう。
そこで味わえる感動をお店のコンセプトとして大事にし、アメリカンカジュアルのキッズ版のデザインを手がけているこちらのブランド。
程よくおしゃれ、キメキメではないけれど、かっこいいのが特徴ですね。
女の子向けの服でもそれほどフリルやピンクで埋め尽くされている感じはありません。
可愛いよりかっこいい、といった感じです。
お値段的にもそれほど高いというわけではありません。
ポップな色柄は、見ていて元気が出ますね。
スポンサーリンク



Gap

こちらはとても有名なお店ですね。
ですが、芸能人にも利用者が多いようで、よくブログなどで紹介されているようです。
こちらもセールがよく行われていることもあって、比較的手に取りやすい商品が多いですね。
また、ベビーからキッズ、レディース、メンズと揃っているのでリンクコーデも取り入れやすいのではないでしょうか?
おしゃれな柄物などもあるのでちょっと冒険したファッションなどにもいいと思います。
スポンサーリンク



HONEY MI HONEY KIDS

お値段的にはちょっぴり高めかもしれません。
女の子向けのお洋服のブランドです。
ガーリーにしたい子にオススメですね。
スポンサーリンク



miki house

プレゼントにもよく贈られるブランドだと思います。
そのくらい品質がしっかりしていて、落ち着いた印象のある老舗のブランドですね。
服だけでなく、靴やおもちゃ、本などの取り扱いもあります。
オリジナルの動物のモチーフが可愛らしいです。
お値段は少し高めですが、上品なコーディネートを実現することができます。
スポンサーリンク



X girl stages

ロックテイストを取り入れたデザインが人気です。
お値段はちょっぴり高め。
でも、どうせ着せるなら可愛くお気に入りのものを着せたいという方にはオススメです。
ママタレント達にもお気に入りの方が多いようで、よく見ることができますね。
スポンサーリンク



無印良品

こちらの服をブランド品というイメージの方は多くはないと思います。
ですが、シンプルなデザインとオーガニックの素材を使うなどして作られた商品は、高品質で自然派のママの気持ちを満たしてくれることでしょう。
落ち着いたイメージで、けれどカジュアルな服を着せたい場合にオススメです。
スポンサーリンク



西松屋

こちらもプチプラを探しているママさんなら知らない人はいないのではないでしょうか。
新生児から小学生くらいまでのサイズの服がたくさんあり、デザインはその時々の子どもの流行を程よく押さえたものが多く取り扱われています。
また、こちらの店内には服だけでなく小物、ベビーグッズやママグッズもたくさんありますので、子どものための買い物は1軒だけで済ませることもできてとても便利です。

まとめ

探してみると、プチプラな子ども服のブランドはたくさんあることがわかりますね。
子どものおしゃれには、決してお金がかかるというものではないようです。
どうせ着るなら、おしゃれな服やかっこいい服、お気に入りの服である方が、子どもも毎日を楽しく気分良く送ることができるでしょう。
それは、私たち大人がお気に入りではない服で過ごしたくないのと同じですよね。
デザインが好み、服の肌触りがいいなど、こだわりたい部分も子どもによって違うかもしれません。
子どもが一緒だと買い物が大変で、ついつい自分一人で買いに行ってしまうということもあるかもしれません。
でも、今度のお休みは是非、子どもの意見を取り入れたお洒落を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク