夏から秋に変わる時期に登場する「衣替え」というワード。季語になるほど風流な言葉ですが、激狭な部屋に住んでる人にとっては無縁な言葉です。収納スペースがない人にとっては、服の収納さえできればそれでOK。そんな人におすすめのグッズを紹介します。
スポンサーリンク



俳句の世界では季語にもなってる、衣替え。それだけ季節を象徴するイベントなので、休日に家族総出で行う家庭もあります。
晴れた日に夏服を一斉に洗い、ベランダでしっかり干して、きれいにたたみ、クローゼットにしまう。そして、秋服や冬服を取り出す・・というのが一般的な秋の衣替えです。地域によって差がありますが、だいたい9月中旬~10月ごろに行います。
でも、収納スペースが少ない激狭な部屋に1人暮らししてる人にとっては無縁なことです。まず夏服を一斉に洗っても干す場所がない。夏服をきれいにたたんで一旦置いておくスペースがない、そこに秋服や冬服もクローゼットから出陣させたら、部屋の中はカオスです。服だらけで足の踏み場もないっつーの状態になります。
そんな人がやるべきなのは、少しずつ夏服をしまって、少しずつ秋服を出すということです。冬服はまだ放置しておきましょう。
少しずつなんて面倒と思うかもしれませんが、最近は異常気象で9月下旬でも暑い日が続きますし、意外と時代にマッチしてるかもしれません。いや、してます。少しずつなら部屋が服だらけにならずにすみます。
スポンサーリンク



秋の衣替えにおすすめ!不要ならペタンコに折りたためる収納箱

ここからは、収納スペースが少ない人におすすめのグッズを紹介します。ひとつめは、使わないときはペタンコに折りたためる収納箱です。竹炭加工シートで服を良い状態で保存することができます。
不織布で柔らかい素材ながら、収納箱を重ねることも可能。開閉が上面と側面の両方からできるので、洋服の出し入れもしやすいですよ。
スポンサーリンク



秋の衣替えにおすすめ!1つで4着収納できるハンガー

スポンサーリンク



秋の衣替えにおすすめ!クローゼットのすき間に吊るす収納ラック

スポンサーリンク



まとめ

最近ではわずかなすき間を効率的に使う収納グッズが充実してます。これらのグッズは、洋服の出し入れも考慮した設計がされているので、少しずつ衣替えをする人にもぴったりです。本格的な衣替えはできないという人も、快適に夏服から秋服にシフトしていきましょう!
スポンサーリンク