スポンサーリンク



寒い季節になると、カゼやインフルエンザが毎年大流行します。
インフルエンザの初期症状などに”めまい”があることを知っていますか?
人によってはとてもひどいものが出ることもあります。
症状をしっかり知ってインフルエンザになっても慌てないようにしましょうね。
今回は、インフルエンザについてご紹介していきます。
主な症状や初期症状を中心にご紹介していきます。
最後にはインフルエンザかな?と思ったときの対処についてご紹介しているので、これからの寒い時期に役立ててくださいね!
スポンサーリンク



インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで発症するものです。
一方で、カゼはいろいろなウイルスが身体に侵入することで炎症を起こし、せきや鼻水といった症状が出てくるものです。
カゼは一年中季節に関係なくひきますが、インフルエンザは主に12月から2月を中心に大きく流行します。
でも、カゼとインフルエンザの見分けって少ししづらいですよね。
まずはインフルエンザの主な症状を見ていきましょう。
スポンサーリンク



インフルエンザの主な症状

インフルエンザの主な症状には、38度以上の高熱、ひどい頭痛、ひどいせきや、全身でひどい悪寒がするなどが挙げられます。
一般的なカゼでは症状は少しずつ出てくるのに比べて、インフルエンザでは症状が一気に出てきます。
スポンサーリンク



A型とB型ってなに?C型もあるよ。

インフルエンザのウイルスにはA型とB型があります。
実はC型もありますが、風邪と同じような症状なので、お医者さんもインフルエンザの検査もあまりしてくれませんので割愛し、ココではA型B型についてお伝えします。
よくニュースなどで聞きますよね。
また、病院で「A型/B型のインフルですねえ」とお医者さんに言われることがあるかと思います。
このA型とB型では何が違うのでしょうか?
症状の違いを見ていきましょう!
まずはA型です。
A型の場合は高熱が出る、悪寒や寒気が強い、関節痛や筋肉痛が出ることが多いです。
これは12月から2月に流行します。
いっぽう、B型のインフルエンザでは、微熱や平熱であまり熱が上がらない、下痢、吐き気、嘔吐といった消化器系の症状が中心で症状が長引きやすいという特徴があります。
2月から3月に流行します。
熱が上がらないために、なかなか気づかれにくく、治療の開始が遅くなってしまう、ということが多いです。
私もB型のインフルエンザにかかったことがあります。
熱がないけど下痢や嘔吐をしていたので、何か食べたものが悪かったなあ…。
としか思っていなかったです。
しかし、あまりにも長引くものだから、「いやこれはおかしいぞ!」、と思い病院に受診したところインフルエンザと診断され驚いたそうです。
それまでいつも通りの生活をしていたために、仲が良かった人もみんなでインフルエンザに感染する、という出来事がありました。
インフルエンザと言えば熱が出るもの、と思っていたがために起こってしまったので、とっても怖いですよね。
スポンサーリンク



熱が出ないこともあるって本当?

インフルエンザにかかっても、熱が出ないことがよくあります。
これは、B型に感染している場合、風邪薬や解熱剤を服用した場合、インフルエンザの予防接種をしている場合が挙げられます。
B型のインフルエンザでは先ほどご紹介した通り、熱があまり上がりません。
ただのカゼだろうと思って風邪薬を飲んだり、熱が出ているので解熱剤を飲んだ場合、薬に解熱の作用があるので、熱が上がるのが抑えられます。
予防接種をしているとしていない場合に比べて症状が抑えられます。
私は予防接種をしていたためか、熱が38℃台までしか上がらず、ほかの症状も比較的軽かったように思います。
それでも、しんどいことには変わりがなかったのですが、予防接種をしていないとこれ以上にしんどい思いをしていたかと思うと耐えられなさそうです。
スポンサーリンク



インフルエンザの症状は?

インフルエンザにかかったらどんな症状が出てくるのでしょうか?
一般的な初期症状のほかにはめまいが出る場合もあります。
それぞれみていきましょう。
スポンサーリンク



インフルエンザの一般的な初期症状

インフルエンザの一般的な初期症状をご紹介していきます。
高熱、全身の節々の痛み(間接痛)、倦怠感(だるさ)、全身の悪寒、頭痛、吐き気、下痢、呼吸困難、めまいが初期症状としてよく出ます。
せきや鼻水といった呼吸器系の症状はカゼの時よりも出にくいです。
そして、カゼの時に出る症状よりも強く出てくることがほとんどです。
スポンサーリンク



めまいにご注意!

インフルエンザにかかったときにめまいが初期症状などにあらわれることがあります。
初期症状のほかには、予防接種の副反応、薬の副作用、熱が下がってきたときに出てくることがあります。
予防接種の副反応では、ほかには熱が上がるなどが挙げられます。
これは予防接種を受けたあと2日から3日でおさまることがほとんどです。
おさまらない場合や、あまりにも症状がひどい場合は予防接種を受けた医療機関へ相談をしましょう。
薬の副作用でめまいが出ることもあります。
抗インフルエンザ薬として処方されるタミフルやリレンザの副作用にあります。
服用後半日以上たってもおさまらなかったり、ひどくなってしまったりするは医療機関へ相談をしましょう。
熱が下がって体調が戻ってきたときにもめまいが出てくることがあります。
これは高熱によって三半規管や小脳がバランスを崩しているために起こってしまいます。
めまいがひどいときはインフルエンザのときに受診した医療機関へまずは相談しに行きましょう。
そこでどこで治療をするのがいいのか聞いて紹介してもらうのがベストです。
このめまいが出ているときは光や音の刺激を避けるようにしましょう。
刺激によって吐き気や嘔吐につながってしまうことがあります。
なるべく静かな部屋であまり動き回らずに安静にしましょう。
スポンサーリンク



インフルエンザかな?と思ったら

インフルエンザかな?と思ったときは、どうしたらいいのでしょうか?
また、インフルエンザと診断された後のすごし方について見ていきましょう。
スポンサーリンク



まずは病院を受診しましょう!

何といってもまずは病院を受診します。
外出する際は、マスクをしてほかの人に移してしまわないように注意しましょう。
病院でインフルエンザかどうか検査してもらいましょう。
10分ほどで結果が出る検査をされることがほとんどです。
この検査は鼻から鼻汁を採取します。
そのため少し痛いことがあります。
しかし、検査する前に注意しておきたいことがあります。
それは、発症してから12時間以内だと感染していても陰性と出ることがある、ということです。
陰性と出た場合でもそのときのインフルエンザの流行がどのようになっているのかによってまた翌日に受診するように指示されることもあります。
ちょっと注意しておきたいですね。
また、受診前にどんな症状が出ているのか、いつからなのか整理してメモなどにまとめておきましょう。
診察室に入った時に緊張してしまっても、メモがあれば、話したいことをしっかりと話すことができます。
私は定期的に病院に通わないといけないのですが、それでも診察室に入ると緊張してなかなかうまく話すことができません。
ですが、メモを事前に作っておくことで改善されているので、緊張してしまうという方はぜひ作ってみてくださいね。
スポンサーリンク



インフルエンザの治療は何をするの?

抗インフルエンザ薬を処方されます。
抗インフルエンザ薬は体内にいるインフルエンザのウイルスが増殖するのを抑えてくれるものです。
ほかには、強く出ている症状に合わせた薬が出されることもあります。
例えば高熱なら解熱剤が処方されます。
自分にでている症状はしっかりお医者さんに伝えましょう。
また、場合によっては点滴をされることもあります。
スポンサーリンク



何よりもゆっくりとした休養が重要!

病院から帰ってきてからのすごしかたも大切です。
水分をしっかりとること、睡眠をしっかりとること、手洗いうがいをしっかり行うことを普段よりも心がけましょう。
インフルエンザになっていることで、体内ではインフルエンザウイルスに対して攻撃をしたりしているので、身体は弱っています。
しっかりと身体を休めることを大切にしてください。
スポンサーリンク



まとめ

インフルエンザの症状や初期症状を中心にご紹介してきました。
インフルエンザにかかってしまった場合は、めまいが起きることもありとてもしんどいです。
まずはしっかりとした休養を取り、回復に努めましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!