スポンサーリンク



秋のイベントが落ち着くと、お歳暮商戦がデパートなどで始まります。
このお歳暮、言葉は知っているけど、何のためにしているのか知っていますか?
お歳暮を贈る時期やマナー、めんどくさいように思われるかもしれないけど、ポイントさえ押さえれば大丈夫!
今年のお歳暮は事前にお歳暮の意味や贈る時期、マナーをしっかりと押さえて準備していきましょう!
スポンサーリンク



年末が見えてくると、デパートや百貨店ではお歳暮用のギフトの販売が始まります。
幼いころに選びに行くご両親について行って、すごいなあと感激したこともあるのではないでしょうか?
また、ご自宅にお歳暮が届いて、みんなでたくさんのハムやゼリーなどを食べていたのではないでしょうか?
頂き物で、とってもおいしくて、うれしかったことを私はおぼえています。
でもこのお歳暮、いったい何のために贈っているのでしょうか?
スポンサーリンク



日頃の感謝を伝えるため!

「歳暮」という言葉は、「歳(年)の暮れ」とよめるように、1年の終わりの時期をさしています。
そのため、12月の季語にもなっています。
年中行事として、その年にお世話になった人に対して感謝の気持ちを伝えて回る「歳暮回り」といもおのがあります。
この歳暮回りの際に贈られるものがお歳暮と呼ばれています。

こんなものが贈られることも!

お歳暮は贈り物なので、相手が喜ぶものを贈るのが基本です。
が、地域によっては贈るものが決まっている場合もあります。
例えば富山県の西部では、娘が結婚した最初のお歳暮には娘の実家から婚家に寒ブリを贈るという風習が伝えられています。
お歳暮の時期は富山ではブリがとってもおいしいのですが、何も知らずに贈られてくるとびっくりしちゃいますよね。
スポンサーリンク



起源

お正月に先祖の霊を迎えて、先祖の霊にお供え物や贈り物をしたという日本の古くからの慣習が起源とされています。
新年に向けて福を呼び込む、という目的で始まったのがお歳暮の始まりです。
親や親戚に贈っていたものが、いつしか、現在のようなお世話になった人やお得意様にお歳暮を贈るようになりました。
スポンサーリンク



いつ贈ればいいの?何を贈る?

お歳暮が何なのか分かったところで、いつ送るといいのか、何を贈るといいのかご紹介していきます!
感謝の気持ちを表すといっても、品物選びは大変です。
これを参考に選んでみてくださいね!
スポンサーリンク



いつ贈る?

基本は12月13日から20日ごろまでに届くようにします。
12月13日はすす払いと言って新年を迎える準備を始める日でした。
しかし、25日を過ぎると新年の準備で忙しいのであまり遅くなりすぎないようにしないといけません。
ただし、生ものは日持ちしないので、お正月の近くに届くようにしましょう。
スポンサーリンク



誰に贈る?

お歳暮は日頃の感謝を伝えるために贈るものです。
そのため、普段からお世話になっている方に贈ります。
お歳暮は習慣化するので、会社の上司や習い事の先生など長くお付き合のある人に贈るのが一般的です。
たまたま今年だけお世話になったのならば「お礼」として贈りましょう。
また、最近では親戚や友人同士に贈りあう場合もあります。
スポンサーリンク



何を贈る?

お歳暮の価格は3,000円から5,000円が一般的です。
相手によって価格が上下します。
特にお世話になっている人には5,000円、取引先や友人などには3,000円のことがほとんどです。
なかには、特にお世話になった人には10,000円のものを贈ることもあります。
あまり高いものを送ると相手へのプレッシャーになったり、来年以降もそれと同様のものを期待されてしまうので注意しなければなりません。
贈る品物は相手が喜びそうなものを選びましょう。
健康志向の方なら特定保健用食品の詰め合わせ、グルメな方なら美味しいものを選ぶとよいでしょう。
相手に喜んでもらえるかどうかを基準に選んでくださいね。
スポンサーリンク



選んではいけないものはある?

贈り物ですので、相手が喜べば基本的にはOKですが、縁起が悪いとされているものは贈らないようにしましょう。
靴下や下着などと言った「身につけるもの」には「踏みつける」「みすぼらしい格好をしている」と受け取られてしまうことがあります。
はさみや刃物は相手との縁を切るという意味が込められています。
現金や金券にはお金に困っている人という意味があります。
もちろん、感謝の気持ちを伝える贈り物ですので、相手の嫌いなものやニガテなものはNGです。
スポンサーリンク



どうやって贈るの?

お歳暮を準備できたら、渡し方について考えてみましょう。
直接持参する場合と郵送で送る場合のそれぞれのルールについてご紹介していきます。
事前に準備をして相手に失礼にならないように、また迷惑になってしまわないようにしましょう。
スポンサーリンク



直接持参する場合

持参する時間帯は早朝や食事時は避けます。
事前に約束をしておくのがいいですね。
事前に約束をしていない場合は玄関先で渡して、すぐに帰りましょう。
長居は迷惑となってしまいます。
購入したお店の紙袋のまま持参するのでもいいのですが、風呂敷に包みなおすのが正式です。
渡す時は風呂敷を解き、のしを先方が正面から読めるように向きを直して両手で渡しましょう。

郵送で送る場合

お歳暮の品物は大きく、重いことが多いのでデパートや百貨店で購入してそのまま送ることが多いです。
この時は送り状を別に郵送する必要があります。
送り状は、品物よりも先に届くようにしましょう。
送り状にはお歳暮を贈ったこと以外にも日頃の感謝を書きます。
スポンサーリンク



まとめ

お歳暮を贈る意味や贈る時期、マナーについてご紹介してきました。
年末の忙しい時期になるので、事前にポイントを押さえておくとスムーズに準備してストレスを減らすことができます。
お歳暮は感謝を伝える贈り物です。
自分がこれを贈りたい!
という気持ちではなく、もらう側の相手が、何をもらうと喜んでくれるのかを考えながら贈るものを決めていきましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!