スポンサーリンク



今の時代、そもそも針供養を知らない人もいるのではないでしょうか。
「針?え、なんで供養?」なんて思いませんか?
針供養に豆腐を用いるのも不思議ですよね。
そこで、そのやり方や意味などをご紹介したいと思います!
スポンサーリンク



針供養とは、その年に折れたり、曲がったり、錆びたりして使えなくなった縫い針を神社やお寺に納めて、針を供養して裁縫の上達を祈る行事です。
昔の女性は、針仕事が大事な仕事の一つでした。
今とは違って、服が破れたりするとすべて針を使って自分で縫っていたのですね。
そして、その時に活躍してくれた針に対して感謝の気持ちを込めて供養していた、という由来があります。
スポンサーリンク



針供養と豆腐の関係って?

気を付けてください、豆腐を食べるわけではありません!
針供養をするとき、その針を豆腐やこんにゃくなどに刺して供養するのです。
いつも硬い生地に突き刺していた針に、今までありがとうと言う気持ちを込めて柔らかいところで成仏してもらいたい、という気持ちが込められているのです。
スポンサーリンク



針供養のやり方は?

地域によっては、針を刺した豆腐を海や川に流したり土に埋めたりするところもあったそうです。
しかし、今は針供養が行われている神社やお寺で供養してもらうのが一般的です。
神社やお寺に豆腐やこんにゃくが用意されているので、供養したい針だけを持っていけば大丈夫です。
豆腐に針を刺して土に埋めるだけなので、ご家庭でもできなくはないですが、自宅に庭がない場合は難しいですね。
場所によっては不法投棄になってしまうので気を付けましょう!
スポンサーリンク



針供養っていつ?

針供養は、12月8日2月8日に神社やお寺に持っていきます。
地域によっても異なり、この2日とも行われていたり、どちらか一方だけで行われていたりします。
なぜこの2日なのかというと、12月8日を事納め、2月8日を事始めと呼び、それぞれ農作業を終える日、始める日とされていました。
この日には女性は針仕事を休んだそうです。
そして古くなった針、使えなくなった針を神社に納めることで供養したのですね。
スポンサーリンク



まとめ

柔らかい豆腐に針を刺すことが不思議でしたが、実際のやり方や意味を知るとなるほどと納得しますね。
普段使っていないから関係ないと思う方もいるかもしれませんが、今使っていなくても今まで使っていたものがあれば、それでも構いません。
今は、物を大切にする心を育めるからと、親子で神社やお寺に針供養を行う方も増えているようです。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!