スポンサーリンク



子どもが3歳、5歳、7歳の時に成長をお祝いする七五三。
11月はどこも混雑していて、予約するのにも一苦労。
実際に行ってみても、人が多すぎて余計に疲れてしまう!
ということがあります。
でも、日程を工夫すれば、11月でも混雑を少しは緩和できるんです!
今回は、七五三のお参りに行く時期と混雑を避けるためのポイントをご紹介していきたいと思います!
スポンサーリンク



お子さんがいるご家庭では、11月と言えば七五三のお参りが浮かんでくるのではないでしょうか?
なんとなく11月15日に七五三…と知っていますが、なぜこの日なのか知っていますか?
スポンサーリンク



どうして11月15日?

江戸幕府の第5代将軍徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。
11月15日は神社庁によると、子どもの成長を祝って、神社やお寺を詣でる、という風習がありました。
もともとは関東だけの風習でしたが、のちに京都や大阪でも行われるようになりました。
これが全国に広まって、現在のような形になっているのです。
江戸時代までは、旧暦の11月15日(現在の12月)でしたが、明治の暦の改正とともに、新暦の11月15日に行われることになりました。
スポンサーリンク



実際は…?

しかし、実際には、11月15日が休日、というのはなかなかありませんよね。
ほとんどの場合が平日です。
そのため、保育所やお仕事などの都合で、なかなか家族がそろうことができません。
15日の代わりに、その近くの土曜日、日曜日や祝日に七五三のお祝いをすることが多いです。
そのため、10月中旬から11月中旬が七五三のお祝いで神社や写真館などが混んでいます。
また、北海道なの寒い地域では、11月の半ばに着物だけで外出は寒すぎます。
ですので、1か月はやめて、10月15日を目安にしてお祝いをすることが多いそうです。
地域差やご家庭によって違いがありますので、ご両親や神社に相談してみるといいですね。
スポンサーリンク



こんな日が混雑!人気の日取りは?

まずは、混雑のしやすい日取りをご紹介していきます。
スポンサーリンク



お休みの日

一番よく混むのは土曜日、日曜日、祝日です。
家族や親せきがお仕事や保育所などがお休みで都合がつけやすくそろいやすいためです。
また、11月3日の文化の日や、23日の勤労感謝の日と土日が合わさって、3連休になることがあります。
この3連休の初日も混みあうことが予想されます。
そのため、神社や写真館はもちろん、ホテルも観光客などでも混み合うため、予約はかなり取りにくくなります。
また、15日の直後の土日も混みあうことが予想されます。
スポンサーリンク



六曜で縁起のいい大安、先勝、友引

七五三は子どもの成長をお祝いする行事です。
そのため、縁起の良い日に決める人が多いです。
大安、先勝、友引の日が人気です。
その中で、先勝は午前中が吉とされていますので、先勝の日の午前中は混み合うことが多いです。
また、友引は、凶事に友を引く、という意味があり、吉事(お祝い事)には吉とされていて、七五三にはもってこいの日です。
(ただし、葬儀などの凶事は大凶とされています。)
また、土曜日、日曜日や祝日と重なっている場合は要注意です。
家族が集まりやすいうえに、六曜でも縁起がいいとされているので、予約集中していることが多いです。
スポンサーリンク



混雑を避けるには?

お子さんもママもパパも普段は着ないような衣装なので、とっても疲れます。
なるべくなら混雑を避けて待ち時間を減らしたいものですよね。
平日にお参りすれば、混雑は避けられます。
しかし、保育園やお仕事の都合でどうしても平日には行けない!
という方もいらっしゃいますよね。
そんな時のための混雑の回避策をご紹介していきます。
スポンサーリンク



神社に問い合わせる

まずはお参りしようとしている神社に問い合わせてみましょう。
いつならあいているか聞いたらだいたいが答えてくれるはずです。
この際、可能であれば予約も一緒にしておきましょう。
予約をしておくことで、待ち時間を減らせることができます。
スポンサーリンク



六曜は気にしなくていい

縁起を気にして、六曜の大安や先勝の日にお参りを考えている方が増えてきています。
しかし、六曜はもともと中国で考えられたもので、日本には輸入してきたものです。
そのため神社(神道)には関係がないのです。
ですので、日取りを考える際には六曜は気にしなくても問題はありません。
逆に言えば、大安や先勝の日は混みあいますが、それ以外の日であれば、ゆとりがあるかもしれません。
スポンサーリンク



午後

神社へのお参りやご祈祷を午前中にと考えている人が多いので午後は少し空いているかもしれません。
七五三のお参りの後に、写真館やスタジオでの写真撮影や、家族や親族との食事会が控えていることがすくなくありません。
そのため、できるだけ午前中に済ませたいと考える人も多く、午後になると神社が少し空いていることがあります。
また、写真館やスタジオでの写真撮影も少し遅めの時間帯であれば予約が取りやすいこともあります。
スポンサーリンク



11月の後半

七五三はほとんどの方が10月の終わりから11月の半ばにかけてお祝いしています。
そのため、ピークを過ぎている11月の後半であればほかにお参りに行く人も少なくなります。
しかし、遅くなりすぎて、12月になってしまいますと、今度は寒くなってしまうので注意しなければいけません。
温暖な地域であれば、多少は耐えられるかもしれませんが、3歳の幼い子にとってはつらいものがあります。
気候にも十分に注意して日取りを考えていきましょう。
スポンサーリンク



まとめ

七五三が現在の11月15日に行われるようになった由来と、混雑を避けるためのポイントをご紹介してきました。
七五三はもともとは、子どもの成長を祝い、神様に感謝する行事です。
日付にとらわれすぎず、これまでの子どもの成長を祝う気持ち、これからもすくすくと成長することを願う気持ちや、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう!
避けられる混雑は避けて、思い出に残るステキな一日にしてくださいね!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!