スポンサーリンク



11月は七五三のお祝いがありますね。
七五三、ってよく聞くけどイマイチ何のための行事なのか、わからない方もいるのではないでしょうか?
そして七五三の準備で悩むのが、着物と髪飾り。
可愛い組み合わせって考えるのが大変ですよね。
その七五三の儀式を後悔のないようにするために、七五三についてご紹介していきます。
その由来と、すること、衣装と女の子の髪型に合わせた髪飾りの選び方をご紹介していきます。
スポンサーリンク



10月ごろからよく聞く七五三。
その由来や何をするのかまで知っていますか?
スポンサーリンク



子どもの成長を願うもの!

7歳ごろまでに行われる子どもの成長を祝ったり願ったりする行事・儀式は昔、多くありました。
七五三もそのうちのひとつです。
数え年で男の子は3歳、5歳のときに、女の子は3歳と7歳のときに行われます。
今では数えではなく、満年齢で行われたり、兄弟姉妹でタイミングを合わせるために上の子は数えで、下の子は満年齢で行われたりすることもあります。
スポンサーリンク



何をするの?

七五三で行うことは地域やご家庭によっても変わります。
一般的には、神社に行き、参拝や祈祷をします。
その後写真館やスタジオで記念写真を撮り、家族や親族で集まってレストランやホテルで食事をします。
神社に参拝したときに”ちとせあめ”を買ってもらった記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
時期は、11月の15日にするのがいいとされていますが、平日の場合はお仕事の都合等で行うことができず、その付近の土日に行う方も多いです。
写真館やスタジオは予約が殺到するため、写真撮影は10月に行ったりする場合もあります。
また、地域によっては11月の中旬は着物や袴を上着なしで出歩くのは寒すぎるので、10月に七五三の儀式をすることもあります。
スポンサーリンク



気になる衣装~女の子編~

それでは、気になる衣装について見ていきましょう。
スポンサーリンク



3歳の女の子編

3歳の女の子にとっては、着物のあの苦しい帯はとってもしんどいものです。
そのため、今では帯の代わりに「被布」というものがよく使われています。
被布は着物の上から羽織る上着です。
この時、帯の代わりに兵児帯を使います。
着物に合わせた巾着を持たせるととっても可愛いですよ。
スポンサーリンク



7歳の女の子編

7歳の女の子は被布を使わずに帯を締めるのが一般的です。
帯は大人と同じように締めますが、なかなか着慣れなくて苦しいので作り帯を利用することもあります。
はこ迫と扇子を胸元に入れて、ハンドバッグを持ち、草履かぽっくりを履きます。
はこ迫(はこせこ)は、武家の女性が使っていた四角の小物入れです。
現在では、七五三のほかに花嫁衣裳でも使われています。
スポンサーリンク



着物と髪飾りはどうやって選ぶ?

着物は地域やご家庭によって、祖父母からプレゼントする、というところもあります。
一生に二度しかないので、記念にと着物を購入する場合や、購入せずにレンタルで、という場合もあります。
レンタルの場合は、髪飾りも色を合わせたものがセットになっていることがほとんどです。
お子さんの好みやママパパの好みを取り入れて選んでくださいね。
スポンサーリンク



髪型別・おすすめの髪飾りをご紹介!

女の子の髪の毛の長さからおすすめの髪型と髪飾りを合わせてご紹介していきます!
お気に入りのものを見つけてみてくださいね。
スポンサーリンク



ショートカット

髪の毛が短かったり、少なかったりする場合です。
紙が結べるくらいあるようであれば、ピンやゴムを使ってまとめて、コームやUピンタイプの飾りを付けます。
この時、飾りは小花のものがおすすめです。
小ぶりのものを両サイドにいくつか付けるのがおすすめです。
まとめることができない場合は、パッチンピンでとめるタイプのものがおすすめです。
こちらも、頭や髪の毛のほとんどを覆い隠すような大きさではなく、小ぶりのワンポイントのものがおすすめです。
お花のものでも、リボンのものでも可愛いですね。
パッチンピンを嫌がる子には、カチューシャがおすすめです。
飾りは”ちりめん”などの和風のものを選んでくださいね。
また、浴衣の時に使うようなものは避けましょう。
着物に対して安っぽく見えてしまうことがあります。
スポンサーリンク



肩くらいまでの長さの子にはこちら!

肩くらいまでの、ボブのような髪型の場合です。
ストレートヘアのお子さんには、ボブのまま、大きめの飾りをつけるのがおすすめです。
大きなお花の飾りや、紐とつまみ細工のぶら付きのものが似合います。
また、くせっけのお子さんなら、ふたつに縛って、お団子のようにふんわりとまとめます。
そのまとめた髪の毛に小花の飾りをいくつか付けてあげるのがおすすめです。
スポンサーリンク



肩よりも長いミディアムヘア・ロングヘアにおすすめはこちら!

長い髪の毛の子は、すっきりとまとめてしまうのがおすすめです。
基本的にはお団子にしてしまうのがおすすめです。
この時、お団子はふわふわと大きめのものにします。
髪の毛のボリュームが足りないときは付け毛を使ってみましょう。
飾りも大きいものがよく合います。
コアラみたいに頭のてっぺんで大きなお団子をふたつ作るのも可愛いです。
お団子を作るときにふんわりとボリュームを持たせるのがポイントです。
飾りは大きいものを片側のお団子につけるのがおすすめです。
洋風の髪型ではなく、日本伝統の和髪にすることもできます。
和髪の際には、飾りが決まっているので、着物に合わせて選んでくださいね。
髪飾りはいくつかセットで販売されているものもあります。
ふたつ以上つける場合はそちらを選ぶのもいいですね。
スポンサーリンク



まとめ

七五三の由来や衣装、女の子の髪飾りと可愛い髪型との組み合わせについてご紹介してきました。
七五三の儀式に臨む子どもにとっては、着物は窮屈で仕方がありません。
また、朝早くから準備をしたりしてとっても疲れるものでもあります。
それぞれのお子さんの性格やくせなどを踏まえて、七五三のプランニングをしていってくださいね!
事前の準備や当日はママやパパにとって大変なことも多くありますが、気持ちに余裕を忘れず、記念に残るステキな思い出にしましょう!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!