スポンサーリンク



冬の寒い季節に、しもやけになって手がモミジのように腫れてかゆくてどうしようもなかった、という経験がある方は少なくないはず。
しもやけは子どもに多く起こりやすいものです。
しもやけになってしまう、その原因を知っていますか?
今回はしもやけの原因、子どもに多くなりやすい理由と予防策についてご紹介していきます。
少し早めから予防策をとって、しもやけになってしまうのを防ぎましょう!
スポンサーリンク



冬になるとよく聞くしもやけですが、そもそもどんなものなのでしょうか?
子どもに多いものを中心にご紹介していきます。
スポンサーリンク



しもやけってどんなもの?

しもやけは、寒い時期に起こりやすいものです。
手の指や足などが真っ赤になって腫れ、かゆみと痛みが同時に起こるものです。
手や足でよく起こりますが、耳たぶにおこることもあります。
大人でもなることがありますが、子どもに多く起こりやすいものです。
子どものころになったことがある、という方も多いのではないでしょうか?
スポンサーリンク



しもやけって症状は?

しもやけには2つのパターンがあります。
患部が柿のように腫れあがる「樽柿(たるがき)型」と、赤い発疹となって症状が出てくる「多形滲出性(たけいしんしゅつせい)紅斑型」です。
樽柿型はこどもに多いしもやけです。
これは、患部が赤紫色になって、指や手などが一回りほど大きくなったように腫れあがります。
外の空気の冷たさをよく感じるところほどしもやけになりやすいので、足の指からよくしもやけになるという場合もよくあります。
私も雪の日に外から家に帰ってきて、玄関で服や荷物に溜まった雪を払っているときによくなっていました。
靴をはいたまま足の指がしもやけになってしまっていたので、靴を脱ぐことができず途方に暮れてしまった記憶があります。
多形滲出性紅斑型の場合は、湿疹のような水疱ができます。
この水疱はとてもかゆいもので、子どもの場合だとひっかいてしまい、またさらに皮膚の症状が悪化するという悪循環に入ってしまうことがあります。
スポンサーリンク



しもやけってどうして起こるの?原因は?

しもやけは、寒さなどの温度変化に体がついていけないことが原因で起こります。
寒かったり、冷えてしまったりすると、手足などの血液の循環が悪くなります。
その血液の循環が悪い状態が長く続いて、その後室内などの暖かいところで血行が戻り、また外などの寒いところへ行って血液の循環が悪くなり…を繰り返していくことで、つま先や指先などで血液がうっ血してしまいます。
このときに、炎症が起きてしまい、しもやけになってしまいます。
スポンサーリンク



子どもに多いのはどうして?

では、どうして、子どもにしもやけが多く起こってしまうのでしょうか?
それは、子どもが汗をかきやすいことにあります。
子どもの手には汗腺がたくさんあるため、汗をかきやすい状態になっています。
手袋などをはめていたり、また、冷たい状態の靴や幼稚園などの上履きをはいて活動しているうちに、手袋の中や靴などの中が温まったり、蒸れたりしてしまいます。
温まったり蒸れてしまったまま手袋をはめ続けていたり、靴を履き続けていたりすると、やがて、皮膚の表面の温度が下がってしまいます。
このようにして、暖かい・寒いを繰り返して、血流が急に増えて、神経が刺激されることでしもやけの症状が出てしまいます。
朝晩の寒いときと日中の暖かいときの気温差が10℃以上あるときに起こりやすくなります。
スポンサーリンク



対応策は?病院に行くべきなのはどんなとき?

しもやけになってしまったときの対応と、子どものしもやけの予防策をご紹介していきます。
子どもや小さい赤ちゃんはしもやけになっていることがわかりません。
わからないまま、かゆくてかきむしってしまって悪化してしまう、ということもあります。
しもやけになってもはやめに対応してあげることができると、悪化する前に症状を緩和させることができます。
スポンサーリンク



しもやけになってしまったら?

しもやけになってしまったら、まずは湯船につかって、患部をマッサージして血行を良くしてあげましょう。
しかし、温まるとかゆみが増してしまうので、お湯の温度は熱すぎないようにしましょう。
どうしてもかゆくて仕方がないときは、途中で何度か水をかけながら温めてあげるとかゆみが落ち着く場合もあるようです。
また、市販のビタミンEが配合されている軟膏を炎症が起こっている部分にマッサージしながらやさしく塗り込んでいきましょう。
スポンサーリンク



しもやけで、こんなときは病院へ!

対応策をとっても1週間以上長引いてしまっているときや、程度がひどすぎるときは、病院で薬を使った治療をしましょう。
また、かきむしってしまって皮膚がボロボロになってしまっている場合も病院での治療を行いましょう。
皮膚がただれてしまっている場合などには抗生剤などの服用も必要になってきます。
しもやけは皮膚の疾患ですので、皮膚科に行きましょう。
小さな子どもさんでも、皮膚科に行きましょう。
病院では、内服薬や塗り薬を使って治療していきます。
病院で処方された薬を用法・容量を守って服用・塗布していきましょう。
スポンサーリンク



子どものしもやけを予防するために気を付けたいこと

しもやけにならないためには、冷たい空気や水などに肌を触れさせないことが大切です。
また、靴などの中で汗が蒸れてしまわないようにすることも重要です。
保温性の高く、通気性の良い靴や靴下を用意しましょう。
また、靴を使った後は、湿気が靴の中に残ってしまわないようにしっかりと乾かしておきましょう。
冬の雪遊びをするときは、靴下を重ね履きしたりして、足の先などの末端が冷えてしまわないようにしましょう。
また、寒い時期には特にビタミンEやCも積極的に摂るようにしましょう。
ビタミンEには血行を良くする働きがあり、卵、大豆製品、かぼちゃに多く含まれています。
身近な食材ですよね。
普段の食生活にしっかりと取り入れていきたいですね。
スポンサーリンク



まとめ

しもやけの症状や原因についてご紹介してきました。
しもやけは子どもに多くなりやすいものです。
子どものころになって、ひどい思いをした、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
子どもにとってしもやけは不快極まりないものです。
うまく表現できないままかきむしったりして悪化させてしまうことがあります。
冬場は特に注意してあげたいですね。
寒い時期のお外遊びなどに行く前はしっかりと対策をとっておきましょう。
また、普段から、ビタミンEを摂ってしもやけになりにくい体づくりをしてあげましょう!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!