スポンサーリンク



毎年お正月を過ぎると行われる鏡開き。
なんとなく習慣でやっていたけど、本当はいつやるのが正しいのか、どんな意味や由来があるのか、意外と知らない人も多いですよね。
今回は正月行事の一つである、鏡開きについてご紹介します!
スポンサーリンク



一年の最初の月に行われる正月行事。
1月2日の書き初め、1月7日の七草粥など様々ありますが、鏡開きは毎年1月11日に行われる正月行事の一つです。
正月には他の月に比べてこういった行事が多くあります。
なぜかというと、正月には年神様という神様が家々に訪れるから。
とされています。
年神様は正月様とも呼ばれ、冬至から立春にかけて、つまりは年の境にやって来て、人々に幸せを与えてくれると言われています。
その際に恵方棚や床の間に鏡餅などを備えて祭ります。
鏡開きとは、そんな年神様がお帰りになった後にお供えしていた鏡餅を下げ、一年間の家族の無病息災を祈りながら雑煮やお汁粉にして食べることをいうのです。
スポンサーリンク



関東と関西では違う?鏡開きの時期

鏡開きは基本的に松の内の後に行います。
松の内とは、年神様が家にいるとされる期間で、その期間中は玄関前に門松を飾っていたり、鏡餅などをお供えしておきます。
一般的にその期間は1月7日までとされていて、鏡開きはその後の1月11日に行います。
しかしこの松の内。
元々の期間は元日から1月15日までで、鏡開きも昔は1月20日に行われていました。
なぜ日にちが変わっていしまったかというと、江戸時代の3代将軍、徳川家光に秘密があります。
鏡開きの習慣は、元々徳川家光によって広く定着したと言われています。
時期になると江戸城では女中たちに雑煮やお汁粉などが振舞われていたそうですよ。
この徳川家光は慶安4年の4月20日に亡くなったとされています。
当時は今よりも月命日という習慣が重要視されていたため、それからこの20日という日は関東近郊では忌日となりました。
こういった経緯から、鏡開きも1月20日を避けて1月11日となったとされています。
それに伴い、松の内の期間も1月15日から1月7日までに早まったのです。
ただ、徳川幕府の勢力があまり影響していない関西地方などでは、今でも1月20日に鏡開きをするところもあるそうなので、必ずしも1月11日というわけではなさそうですね。
スポンサーリンク



鏡開きの意味と由来って?

日本では古来から神様にお供えしたものを食べると、神様からパワーを頂けると考えられてきました。
今でもおうちに仏壇や神棚があるご家庭は、買ってきた果物やお菓子をお供えしてから食べたりしますよね。
鏡餅にも、松の内の間にいらした年神様のパワーが宿っているのです。
鏡開きは、そんな年神様のパワーが宿ったお餅を食べることで、その年の家族の無病息災を願うという意味があります。
飾るだけでなく、食べるまでがワンセットということです。
間違っても食べずに捨ててしまうなんてことはしないよう、注意してくださいね。
でも鏡餅がカビてしまってとても食べられない!
という場合もありますよね。
そんな時は毎年1月15日に行われるどんど祭り(地域によっては呼び名が違ったり、やっていない地方もあります。)でお焚き上げをしてもらいましょう。
どんど祭りは、正月の終わりに門松などの正月飾りや書き初めなどを燃やす行事です。
神社できちんとお焚き上げをしてくれるので、食べられない鏡餅はここに持って行くといいでしょう。
スポンサーリンク



由来から来る鏡開きのNG行動

鏡開きは元々武家の間で行われていた行事です。
昔から、武家では正月に鏡餅を備える習慣がありました。
男性は具足(兜や鎧のこと)にお供えした「具足餅」、女性は鏡台にお供えした「鏡餅」を正月の1月15日になると雑煮にして食べていたそうです。
それが民衆にも広まり、現在の鏡開きにつながったとされています。
また、硬いものを食べると歯が丈夫になると言われることから、鏡餅を食べることを「歯固め」とも言うそうです。
スポンサーリンク



現代の鏡開き事情

昔は各家々でお餅をつき、鏡餅を作っていました。
杵(きね)と臼(うす)を使って、ぺったんぺったんと。
それこそ餅つきといったらこれを連想する人がほとんどですが、実際のところ、今でも餅つきを家でやっている人はなかなかいませんよね。
今では自動でお餅をついてくれる自動餅つき機なんていうのもありますので、わざわざ自分で餅つきをする必要がありません。

 

もっと言えば、鏡餅もスーパーに行けば普通に売っていますから、一から自分で作ることはなくなりましたよね。
風情がないと言えばそれまでですが、これは現代の日本にとってはしょうがないことだと思います。
最近は、アパートやマンション住まいの人も増え、そもそもお餅をつける環境じゃない人もいます。
お餅をつくには道具がいるし、手間もかかります。
忙しい現代の日本人にそんな暇がないのは仕方のないことです。
大切なのは形が変わってもきちんと意味を理解し、毎年変わらずに鏡餅をお供えして鏡開きを行うことです。
スポンサーリンク



カビ防止に最適!お正月用の真空パック鏡餅が人気なワケ

鏡餅を下げて食べる際、一番厄介なのはカビですよね。
いくら冬とはいえ何日間もそのまま置いておくのですから、特に暖房の効いた部屋にお供えしている鏡餅はカビの宝庫と言えるわけです。
最近では、真空パックになっている鏡餅も多く売られていますので、それを買ってきてお供えする人が増えています。
飾りのしや御幣(ごへい)、四方紅(しほうべに)といった飾りが最初からついているものもあるので、買ってきてそのままお供えすることができます。
真空パックなのでカビの心配もありません。
真空パックの鏡餅の場合、ビニールに入った鏡餅が真空状態になっているものと、鏡餅の形をしたプラスチックに同じ大きさのお餅が入っているものが主流です。
しかし、中には鏡餅型のプラスチックに小分けされた切り餅が何個も入っているなんてものもあります。
アソート的なイメージでしょうか(中身は全部同じですが)。笑
何だか鏡開きの概念が崩れてしまいそうですが、今は核家族化で一度に食べられる量も限られる場合が多いですから、腐らせて破棄せざる負えなくなるよりはいいのかもしれません。
合理的でエコな現代人っぽい発想ですね。笑
スポンサーリンク



鏡開き後のお餅 食べるための下準備をしよう!

鏡開きをした後のお餅は雑煮やお汁粉にして食べる人が多いですよね?
最近では揚げておかき風にしたり、餅ピザにしてみたりお好み焼きに入れたり、、、なんて変わり種を作る人も増えてきました。
その際、食べる前の下準備はどうしてますか?
雑煮やお汁粉の場合、そのまま茹でる人が多いかもしれませんが、おすすめなのは電子レンジを使うこと。
水を入れたお皿または耐熱容器にラップをして、大きさを合わせたお餅を温めます。
お餅の様子を見ながら、少しずつ温めましょうね。
これなら、茹でるよりも水っぽくなりませんし、茹でる際に使う水の量も節約できます。
また、反射板ストーブで焼くのもおすすめ。(上にヤカンを置くアレです。)
反射板ストーブは一時期見なくなりましたが、災害時に備えてまた購入する人が増えました。
電気ストーブがない時代は反射板ストーブでお餅を焼いていた人も多いですよね。
ストーブの上に網を載せてお餅を焼くのですが、表面がカリッと香ばしく仕上がり食感も良くなるので、やったことがない人はぜひお試しください!
スポンサーリンク



まとめ

鏡開きは正月に欠かせない大切な行事の一つです。
意味や由来を知ると、より一層特別なものに感じますよね。
現代の鏡開きは昔とはまた違った形に変化してきましたが、家族の幸せはいつの時代も皆が望むものです。
鏡開きで家族の幸せをお祈りして、良い一年にしてくださいね!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!