スポンサーリンク



正月に初詣は欠かせません!
家族と友人と恋人と、はたまた1人で行く方もいるのではないでしょうか。
でもいつ行くのがいいのだろう?
やっぱり元旦?三が日ともいうし、3日かな?
そんな誰でもつい考える初詣の疑問を解決します!
スポンサーリンク



まずは、初詣とは何か、についてお伝えします。
詣でるとは、参拝すること。
つまり初詣とは、年が明けて初めて神社や寺院に参拝することです。
年の初めに参拝するから初詣!だと勘違いしている方もいますが、それは間違いです。
スポンサーリンク



初詣の由来

もともと、年籠りという風習がありました。
一家の長が、大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神の社にこもり祈願した、というものです。
それから時代とともに変わっていき、大晦日の夜に詣でる除夜詣と、元旦の朝に詣でる元旦詣に分かれます。
そして、この元旦詣が現在の初詣の原形となります。
江戸時代末期までの元旦詣は、その年の恵方にある神社に参拝し幸福を祈願する、というものでした。
今でいう恵方参りですね。
明治時代に入るとこの習慣は廃れていき、好きな所にお参りに行くようになります。
これが、現在の初詣のスタイルになっているのです。
スポンサーリンク



初詣はいつまで?

それなら初詣は元旦に行くもの?と思いますよね。
残念ながらそれは違うのです。
もともとはそうだったのかもしれませんが、現在使われている初詣にそういった意味はありません。
というより、初詣に期間はありません!
初めて参拝したときが初詣になるのです!
そうは言ってもやはり1月中に行きたいですよね。
一般的には、松の内に行くのが目安となっています。
スポンサーリンク



松の内とは?

松の内とは、正月の松飾りを立てておく期間のことです。
神様が、迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが門松とされています。
この期間は全国の地域によって異なります。
関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。
大まかに分けるとこの2種類ですが、他にも地域ごと家庭ごとに異なる場合があるようです。
なので、7日、15日を目安に参拝するのがいいのではないでしょうか。
もちろん目安であって必ずではありません。
初詣は行きたいときに行ってかまわないのです!
スポンサーリンク



まとめ

初詣には古くからの由来があり、正月には期間があるものですが、誰でもいつでも気兼ねなく行けるのが初詣だと思います。
期間内に行けなかった、行きそこなって行きづらいと参拝を諦めてしまう方もいるかもしれません。
でも実際、全くそんなことは考えなくていいのです。
お参りをしたい、という気持ちがあるのなら気にせず行きましょう!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!