今ボブが人気で可愛いからしてみたけど、中途半端に長い襟足がど~しても跳ねてしまう。
なんとかならない?
そんな悩みを抱えている方々に何かいい方法はないものかと、解決策をいくつかあげてみました。
跳ねた髪は女子力も下げてしまいますからね。
よければ参考にしてみてくださいね。
折角、女子力アップも目指して可愛いボブカットにしたのに、襟足が跳ねて跳ねて女子力が逆に下がってしまう。。。
  • 寝ぐせ?
  • 髪の質?
  • 髪の量?
なんで跳ねてしまうのでしょうか?
寝ぐせ、ありです。
枕のエッジ近くは丁度首のところ襟足近くにきます。
首のカーブと枕のカーブが丁度よい具合に外跳ねにしてくれます。
ひと昔前なら外跳ねボブが流行っていた時代もあったので、上手ーく利用してセットしたりもできましたが、今は外跳ねは流行りません。
髪の質、ありです。
超綺麗な直毛の友人は跳ね知らずです。
水を軽く吹きかけドライヤーで普通に乾かせば元通りです。
まるで形状記憶シャツかのよう。
(ウェーブあてても次の日にはとれちゃうので、あて直しに行ってもやっぱりとれちゃうから諦めてました)
一方、天然パーマが中途半端に入っている私は毎朝髪と格闘です。
ホットタオルをあてたくらいでは無理です。
しかも髪も太いの結構な頑固ものも髪です。
髪の量、ありです。
美容院で髪を切ってもらうときに髪の量が多いと軽く見せるために“すい”たりしてくれます。
ボブだと襟足付近もすいてしまうので、軽くなりすぎて跳ねてしまうことも。
また、ボブは髪が伸びてくると、丁度肩の線にあたって軽い髪先は跳ねてしまいがちになります。
皆さんの場合は、どれがあてはまりますか?
スポンサーリンク



ドライヤーよ、君の力を見せておくれ

大抵の跳ねはドライヤー使いで直ってくれます。
朝ドライヤーで髪を乾かしているのにやっぱり跳ねる、という方。
ただ乾かしているだけになっていませんか?
きちんとセットしたつもりでも、根元からきちんとセット出来ていなかったり乾かしきれてなかったりすると、すぐに跳ねてしまったりします。
跳ねた部分はブラシで襟足から下に引っ張るような感じで、まずは真直ぐな状態に髪を戻してあげながら、最後毛先は内側に丸めてあげるようにします。
その時ドライヤーはちゃんと根元から当たるようにブラシと一緒に動かしていきます。
(美容院にいったら美容師さんたちがどんな風にドライヤーとブラシを使って髪の毛をセットしているのか研究してみてくださいね。)
スポンサーリンク



パーマよ、君の遊びが魅力的

内巻きボブがいい、という方はふんわり内巻きパーマとドライヤーの合わせ技で綺麗に仕上げることもできます。
真直ぐボブがよければストレートパーマをあてるといいです。
ちょっと遊びを出したい方は、毛先にくせ毛風パーマをあてたり、髪の下半分くらいにウエーブを軽くあてると手入れもしやすいし、外跳ねになっても気になりません。
遊びを出すことで、髪の毛の雰囲気を軽く見せてくれます。
くせ毛風やウェーブパーマをあてるとまとめ髪も作りやすくなりますので、髪型もアレンジもしやすいのでおすすめです。
雨の日や湿気が多い日も手入れしやすいです。
パーマをあてると毎朝ドライヤーと格闘するよりも簡単で時間短縮にもなる上に可愛いです。

おしまいに

いかがでしたでしょうか?
少しは参考になりましたでしょうか?
ショートボブの場合は、襟足を短めにカットしたり少し刈り上げたりするのもいいですね。
なんだか大人フェミニンですっきりです。
うなじを綺麗に見せることで女子力アップです。
ただ、ショートボブは普通のボブヘアよりも髪の毛が伸びてきた感覚がわかりやすいので、気になってしまい、美容院にしょっちゅう行ってしまう人もいるようです。
美容師さんに相談してみると髪質や長さに合わせたよい解決法も教えてくれるので、自分に合ったものが見つかるかもしれません。
ドライヤーの掛け方も教えてくれます。
まぁ、人にやってもらうのと、自分でするのは違いますからなかなか難しいかもしれません。。。
もう跳ねなんて気にしない!!
ストレスフリーで過ごしましょう。
スポンサーリンク