皆さんは普段何気なくエレベーターを利用していますか?日常生活でマンションやショッピングモールのエレベーターを利用する時にはそれでもいいかもしれませんが、ビジネスシーンではそうもいきません。
会社や外出先でも上司やお客様とエレベーターに乗り合わせることがあります。

そんな時に恥ずかしい思いをしないように、エレベーターに乗る時、降りる時、エレベーター内での立ち位置など、エレベーターに関するマナーを覚えておきましょう。

スポンサーリンク


これは日常生活においても基本的なマナーです。
ショッピングモールなどでも親が子供に「降りる人が先!」と言いながら子どもがエレベーターに乗ろうとするのを止めている場面を見かけることも少なくないかと思います。
子どもの頃から「降りる人が優先」というマナーは覚えていきます。
いまさら、、、という人もいるかもしれませんが、残念ながらこの基本的なマナーを守れない大人もいるのが現実です。
でも皆さんはスムーズな乗り降りの為にも「降りる人が優先」は守ってくださいね。
スポンサーリンク


エレベーターの乗り方

上司やお客様と一緒にいる時にエレベーターに乗るマナーは、基本的に2通りあります。

誰も乘っていない場合

降りる人が全員降りてしまって誰も残っていない状況や初めからエレベーターが空の場合のマナーです。
一番目下の人が先にエレベーターに乗ります。
これはエレベーターのボタンを操作するためで、乘っている途中でドアが閉まったりしてしまわないように、先に乗り込みお客様や上司が安全に乗れるようにします。
その後はお客様がいる場合はお客様が乗り、それから自社の役職の高い人から順に乗り込んでいきます。

お客様がおらず上司だけの

場合は、一番目下の人が先に乘った後役職の高い順から乘っていきます。
ポイントとしては、目下の人が先に乗り込む際に「お先に失礼します」と一言添えるとマナーとしてとても丁寧です。

中に誰かがいる場合

階の途中など、エレベーターの中にはすでに人がいる状態で降りる人がいなかったり、降りる人がいてもまだ数人が残っていたりします。
その場合、すでに乘っている人がボタンを操作してくれている場合が通常です。
このような場面では、お客様や上司が先に乗り込みます。
目下の人は最後に乗りこみ、行き先のボタンを押してもらえるように告げます。
スポンサーリンク


エレベーターの降り方

エレベーターを乗る時に順番があったように、降りる時にも順番があります。

目上の人が先に降りる

エレベーターを降りる際には、お客様が先に降ります。
次に目上の人から順に降ります。
また、エレベーターを目下の人が操作している時も他の誰かが操作している時もお客様や上司が降りる際に扉に手を添えて万が一に備えるとマナーとしてとても丁寧です。
降りる際に誰かがボタンの操作をしている場合、
「ありがとうございます。」
と一言添えると更に良いマナーになります。

スポンサーリンク


エレベーター内での立ち位置

エレベーターに乗りこんだらそれで終わりではありません。
マナーとしては、エレベーター内の立ち位置にも会議室や応接室などと同じように上座と下座があります。
エレベーター操作ボタン前に一番目下の人が乗るというのは上記でもご案内しました。
つまり操作ボタンの前が「下座」になります。
では、お客様や目上の人はどこに立つのが正しいのでしょうか?
それは「下座のすぐ後ろ」が「上座」となります。
例えば4人でエレベーターに乗る場合、一番目下の人が操作ボタンの前で「下座」、その後ろが「上座」、上座の横に2番目、その人の前に3番目という順に立ちます。
もしすでに他の人が操作ボタンの前にいる場合は、「下座」はその人の後ろまたは斜めの場所を位置取りします。
これはボタンを操作している人た別の階で降りることも想定して、すぐに操作ボタン前に移動できるようにします。
スポンサーリンク


まとめ

マナーは目下の人だけが注意することではありません。
エレベーターというシチュエーションであれば、目上の人も自分がどこに立つべきか、どのタイミングで乗るべきか降りるべきかというのをきちんと把握しておかないと歯かの人達を困惑させかねません。
特にビジネスシーンではビジネスマナーを活用する場面が多くあります。
マナーは出来る会社員・社会人になる為の一歩でもあるといえるでしょう。
追記:エレベータでの会話は通話はなるべく控えましょう!!

スポンサーリンク