エアコンのクリーニング、ここまでなら自分でもできるクリーニング術
お家のエアコンのクリーニングはどうしてますか?
業者に依頼する?
自動掃除機能付きだから大丈夫と思っている?
フィルターだけ洗っている?
それともエアコンのクリーニングはしたことがない?
エアコンのクリーニングを
どのくらいの頻度でするものなのか、
どのようにしたらいいのか費用は
どのくらいかかるものなのかわからなかったりします。
費用はだけ掛からないようにもしたいとも思いますよね。
実はエアコンは何年に1度は必ずクリーニングしなくてはいけないというものではないそうです。
もちろんフィルターは簡単に取り外しも出来る物ですし、
汚れ具合を見て夏や冬に使う前に洗っておくのがいいですが
(汚れが大きい場合はその都度洗いましょう)、
本体自体にはクリーニングはそうそう必要ありません。

では、どんな時にクリーニングが必要なの?

エアコンの効き具合や臭いを確認してみてください。埃臭かったりカビ臭かったりするとクリーニングした方がいいです。エアコンは部屋の空気を吸って熱を取った空気を部屋に戻したり、温めた空気を部屋に戻したりして室内を冷やしたり暖めたりしています。
なので、部屋の中の埃やカビも吸ってくれているのですが、エアコンがその為にかなり汚れてしまうと埃やカビが混ざった空気が排出されるので健康にもよくありません。効き具合、臭いがエアコンをクリーニングする目安です。

エアコンのクリーニングは自分でもできる?

いざ、エアコンをクリーニングすることを決めたとして費用の問題も出てきます。業者に依頼すると、15,000円~20,000円くらいはかかってしまいまいます。安い業者を見つけて依頼したら汚れが結構残っていたなんて話も聞きますので、それなりに評判のいい会社に依頼する必要があります。
でも、出来れば費用を押さえたいので、自分でできるなら自分でやってみよう!という方の為に、ここまでなら自分でもできるというクリーニング術を教えます。出てきます。

まずはフィルター

エアコンのパネルカバーを開けたら中にメッシュのカバーのようなものが入っています。フィルターです。簡単に取り外しができます。取り外したら、あまりにも埃がついているようなら一度掃除機で埃を吸いとります。
次に水洗いをします。ぬるま湯を溜め中性洗剤を少し溶かし、フェイルターを浸けながら洗います。その時に使い古しの歯ブラシで軽く洗ったり柔らかいスポンジで軽く洗ったりするとより綺麗になります。後はよーくすすいで、タオルの上に置いて自然乾燥させます。
歯ブラシやスポンジでゴシゴシ洗うとフィルターが破けてしまう危険性があるので、軽く洗うだけにしてください。

パネルカバーとフラップ

パネルカバーとルーバーは取り外すことができます。パネルカバーは上まで開けてしまって付け根のところのストッパーから外していきます。フラップ(水平羽根)とは、エアコンの吹き出し部分のカバー(弁)の事です。こちらは中央部分のストッパーを先に外し左右を順に外していきます。中には左右に動くルーバー(垂直羽根)があります。
もちろんマイナスドライバーを使いながら一つずつストッパーを外すことは可能ですが、無理をして壊してしまいかねないので無理には外さない方がいいでしょう。
パネルカバーとルーバーが外せたら柔らかいスポンジを使って水洗いしていきます。

本体カバー

本体カバーは下部にメクラカバーがあり外すとネジが出てきます。ネジを外してカバーを上に持ち上げるようにして外すと簡単に外れます。機種によってはメクラカバーが付いていない物や上部のストッパーをマイナスドライバーでちょっと押すようにして外さないといけない場合もあります。
ここまでで内部がどれだけ汚れているか結構見えます。

本体クリーニングの前に

さぁ、いよいよ本体のクリーニングです。が、その前に汚れた水や洗浄剤が当たりに飛び散らないように準備をしないといけません。養生テープとゴミ袋(ビニール袋)を使って養生していきます。特に電源コードがある部分は水が入らないようにしっかりカバーします。
また、エアコンの周りやコンセント、床にもきっちりカバーしていきます。そして、落ちてきた水汚れを受けるためにおおきなごみ袋を袋状でエアコンの下部に取り付けます。
本体のクリーニングには洗浄剤を用意します。ホームセンターでも購入することができる「エアコンアルミフィン洗浄剤」や「エアコン洗浄スプレー」を使用すると簡単です。

いざ、クリーニング

アルミフィンに洗浄スプレーをまんべんなく吹き付けていきます。泡が出てくるので吹き付けたら泡がなくなるまで15分くらい放置します。(メーカーによって使用方法が異なりますので、よく使用方法を確認してください。)
吹き出しにあるファンの部分は洗浄スプレーを吹きかけたら棒状のものを使って回転させ全体に泡がいきわたるようにします。
隙間や端っこの方は綿棒でちょっと綺麗にします。
洗浄剤とリンス用スプレーがセットになっていれば仕上げにリンス用スプレーを吹きかけます。なければスプレーボトルに似ずを入れてシュッシュとリンスしていきます。吹き出し部分も同じように洗浄していきます。
タオルで軽く包むように余分な水分を取ったら、自然に乾燥させていきます。乾燥したら先に洗っていたフィルターやフリップやパネルカバーを元に戻していきます。仕上げに送風をかけて完全に乾燥させます。

おわり

自分でクリーニングした場合は全解体するのは難しいですが、ここまででも十分綺麗になります。
でもやっぱり自分で内部をクリーニングするのは心配な方はプロにご相談してくださいね。

スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!