高齢になって介護が必要になったりして

始まる両親や義理の両親との同居。

同居が見えてくると、

それまで以上に生活費や食費といった
お金のやり取りが気になりますよね。

同居を成功させるためには

このお金の問題が
うまくいくことが重要です。

今回は、二世帯同居の際の

生活費や食費といった
お金のやり取りについて
ご紹介していきます!

スポンサーリンク



同居をするとなると、

気になるのは生活費のやり取りと
家事の分担ですよね。

事前にお金の話、

家事の分担は
しっかりしておきましょう。

同居を始める前にルール作りをしておく!

同居が始まってから

ルールをイチから決めていくのでは
遅いです。

今まで別々に生活をしていた人間が

集まって生活するので、
トラブルが頻発してしまいます。

こまごまとしたものは生活する前だと

なかなか
決められないかもしれませんが、

一緒に生活するまでに

大まかなルールは
決めてしまいましょう。

そして、決めたルールは紙にまとめて

それぞれがいつでも確認できるように
しておきましょう。

お金と一緒に家事の分担も決めておく!

お金のルールを決めるのが

一番重要ですが、
その時に家事についても
決めていく必要があります。

誰がやるのか、は大切です。
先に決めておかないと、

誰々さんがやると思っていた、
と後でもめる原因になってしまいます。

毎日の食事作り、

洗濯や掃除については
最低限決めておきましょう。

土日で担当する人が変わるのか、

時間帯によって
担当する人が変わるのか、
も決めておきます。

ほかにはこれも決めておく!

子育てに関わってほしいのか、

関わってほしくないのか
という点についても
認識を統一しておく必要があります。

あまり口出しをされてしまうと、

母親父親としての
自信がなくなってしまう、
ということがあります。

自分の考えの元にしている子育てには

口を出してほしくない、
ということは事前に
はっきりと伝えておきましょう。

また、

寝室にお互いに出入りしないことも
約束しておく必要があります。

プライベートな環境を守ることは

同居をうまく進める上で
重要なポイントです。

良かれと思ってした掃除が

相手にとっては

プライベートな場を侵略された、

と、ストレスに
感じてしまうことがあります。

そんなことにならないように

事前に決めておきましょう。

スポンサーリンク



費目ごとに負担する人を決める

同居していて多いのが、

費目ごとに
負担する人を決める方法です。

ポイントを

それぞれご紹介していきます!

みんなで使うものはそれぞれで分担して負担する

費目ごとに負担を決めていく場合は、

みんなに関わる費目を
まずはピックアップしていきます。

主に食費、光熱費、

通信費などが挙げられます。

誰がどれを負担するのかは人数と

かかるおおよその金額で
判断していきます。

しかし、食費だけは別に

考えられることが多いです。

食費は多くの場合、

それぞれがどのような割合で
消費しているかを
もとにお金を出し合うことが多いです。

食べる量には個人差があるので

なかなか一律にということは
厳しいです。

個人的に使うお金は個人で支払うのが原則!

この方法をとる場合は

趣味にかかるお金や
お稽古代などといった、

個人的なものに関しては

各々で支払うことになります。

みんなで負担しているものに

このようなものがないか
チェックしましょう。

定期的に見直しを!

同居を始めてから年数を重ねていくと、

子どもが生まれたり、
同居していた家族が独り立ちしたりと
家族構成が変わることがあります。

家族構成が変わることで

必要な出費が変わることもあります。

子どもが生まれた場合は

特にミルクや離乳食で
別に食事を用意したり、

成長すると食費が

大きく増えるということもあります。

また、

収入が変わることもありますので、
収入に対してその支出が妥当か
確認することも必要です。

どちらかに偏りすぎていないか?
スポンサーリンク



共同財布で節約を意識!

共同のお財布をつくり、

みんなに関わる出費は
そのお財布から出す、
という方法もあります。

この方法では

みんなで出費の計算をするので
節約を意識することができます。

中に入れるお金はどうするの?

毎月定額をみんなで出し合って、

共同のお財布にお金を入れていきます。

このお財布のなかに入っているお金で

毎月やりくりできるように
心がけていきます。

入れる金額は収入比で決めたり、

どの世帯からも
同じ金額を入れることに
したりすることがほとんどです。

それぞれの世帯の人数や

かかりそうな金額で
決めていきましょう。

共同財布から出すお金は何に使う?

共同財布から出すお金は光熱費、

食費などみんなで使うものに関する
費用を出していきます。

事前に何を出すのか

しっかりと決めておきましょう。

月に一度みんなで精算!

レシートなどをもとに

月末など毎月決まった日に
精算していきます。

その際に

余ったお金は二世帯で分けます。

この分け方は中に入れる

金額の比率で分けていきましょう。

みんなでレシートや領収書を見ながら、

残金を見ていくので
節約をしていこうという
意識をもつことができます。

また、毎月

「今月はこれだけ節約できた!」と

目に見える形で

実感することができるので
とても達成感があります。

みんなで和気あいあいと

話ができる機会でもあるので
コミュニケーションを取るのには
もってこいです。

わたしの家では、

この共同財布で
お金の管理をしていました。

毎月みんなで集まって、

お金の精算をして、
残ったお金は
みんなまとめて貯金していました。

貯金したお金で

年に一度の旅行に出かけていたので、

毎月いくら貯められているのか、

というのは
とても楽しみにしていました。

その場では

みんなで楽しく話ができていたので
とてもいい思い出です。

スポンサーリンク



まとめ

義理の両親や自分の両親と

同居するときの
生活費や食費のやりとりについて
ご紹介してきました。

生活費や食費別で負担したり、

共同財布を作って
みんなで一緒に管理する方法と
ご紹介してきました。

義理の両親や自分の両親との

距離感から
どちらにするか決めるといいですね。

同居を成功させるためには

事前のルール作りとその確認、
定期的なチェックが必要です。

それぞれをうまくこなして、

なるべくトラブルが
起きてしまわないように
してくださいね!

スポンサーリンク