夏休み前に調べておきたい!動物園・水族館のナイトツアー〈夜ふかし前提(*^▽^*)〉
子どもたちの夏の楽しみの一つプール!
でもいつもいつもは大きなプールに連れていってあげるわけにもいかないので、お家にスペースがあればビニールプールはいかがでしょう。
子どもがまだ赤ちゃんの時にビニールプールでパチャパチャさせていたけど幼稚園や小学生になってくるとそれだけではもの足りないしプールも小さいからあまり使わないな、と思うお父さんお母さん。
この夏に思い切ってビニールプールをレベルアップさせるというのはいかがでしょう。
ちょっとお値段は高くなってしまいますが、子どもも大好きなすべり台付きで!!

最近のビニールプールもあなどれません!
(場所の確保に水道代の覚悟が必要!)

でも、子どもは楽しいしお家の周りで遊ぶからお父さんお母さんも遠くの有料の大型プール施設に連れていったり一緒に泳いだりして疲れ果ててしまうこともないですよ。
スポンサーリンク



3才~小学校低学年向け

家庭用ビニールプールも年齢によって楽しみ方が違ってきます。
まずは小さいお子さんが楽しめるものからご紹介しましょう。
スポンサーリンク



恐竜と遊ぼう

「ビニールプール家庭用ディノランドプレイセンター」

恐竜のデザインがとっても可愛らしく、
恐竜のしっぽすべり台の他にも恐竜輪投げやボール投げで遊べたり、
大きな恐竜アーチとプール脇のヤシの木からはホースをつけて水を送るとシャワーが
噴き出すので存分に水遊びが楽しめる子ども達が飽きない仕掛けが沢山です。
本体価格は通販サイトを見て6,000円くらい~15,000円くらいまで差があります。
スポンサーリンク



日よけで安心

いくら水遊びと言っても炎天下で遊んでいる時の日差しは照り返しの合わせてきついものです。
このプールは一部に日よけが付いているので、チャプチャプ遊びの時は日よけの下で熱射病から保護しましょう。

噴水で楽しむ

インテックス 「オーシャンプレーセンター」
シャワー型ではなく噴水型のプール。
見た目はシンプルですが、すべり台の上がり口には小さいプールもあるのでそこで遊ばせることも出来ます。
付属の輪投げや可愛らしい海の生き物の浮きで遊ぶことも。
噴水は水の出力を上げると結構高くまで上がります。
噴水型なのでプールの周りが遊んでいるうちにかなり水浸しになったりするので、十分な広さを確保した方がいいかもしれません。
すべり台にはあがり段がついていないので親御さんのお手伝いが必要です。
通販サイトによって違いますが価格は8,000円~10,000円くらいです。
スポンサーリンク



小学校高学年~

小学校高学年になると今までのビニールプールではちょっと物足りなくなってきます。
そこで、すべり台はすべり台でもこんなのはいかがでしょう。
スポンサーリンク



お家でウォータースライダー

インテックス 「スライダー プール サメ」
全長4mちょっとある大きなスライダープールなので十分なスペースの確保が必要なのと膨らませるのに時間がかかります。
ですが、本格的にスライダーできるので子どもたちも興奮間違いなしです。
すべり台としてそのまま滑ってもいいですが、付属のスライダーボードを使って滑るとスリル満点です。

価格は通販サイトにより13,000円~16,000円くらいです。

スポンサーリンク



他にもいろいろ大きい子どもたちが遊べるビニールプールスライダーもありますが、日本の家庭では少々現実味がわかない規模と価格なのでご紹介は控えさせて頂きます。

おしまいに

コンクリートの上や硬い場所・砂や石の上に設置する場合には必ず別にシートを敷いて使用すようにして下さいね。
特に底部分空気が入らないタイプのビニールプールはすべり台だけでなく遊んでいる時などに打ったりすると痛いですので気をつけてください。
また水回りがご近所迷惑にならなようにも気をつけてくださいね。
この夏は子どもたちはお家プールで存分に遊んじゃいましょう!!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!