鶏手羽・鶏皮・鶏ムネ肉モモ肉の唐揚げ・とんかつ・チキンカツ・コロッケ。。。
いろんな揚げ物がありますよねー。
とっても食べたいけどカロリーが気になって我慢しまう。。。
そんなあなた!!
朗報ですよ!
油で揚げるから「揚げ物」だけど、電子レンジを使って「揚げない揚げ物」ができるんです。
電子レンジだけでなく、オーブントースターやオーブンレンジでも作れます。
ということで、ここでは揚げない揚げ物の作り方をご紹介していきます!
子どもも大人も大好きな人が多い揚げ物の定番料理を2品、電子レンジで作ってみましょう。

鶏モモ唐揚げ

材料:
  • 鶏モモ肉 1枚
  • 醤油 大さじ1
  • おろししょうが 少々
  • おろしにんにく 少々
  • 片栗粉 まぶし用
作り方:
  1. 鶏モモ肉を食べやすい大きさに(一口大くらい)に切ります。
  2. 切った鶏モモ肉に、醤油・酒・おろししょうが・おろしにんにくを入れ味がしみ込む用によーく揉みます。
    この時にボールに入れて揉んでもいいですし、手を汚したくない・なるべくなら洗い物を減らしたいという方はビニール袋に材料を全部入れて外から揉んでいくといいです。
    この時にボールに入れて揉んでもいいですし、手を汚したくない・なるべくなら洗い物を減らしたいという方はビニール袋に材料を全部入れて外から揉んでいくといいです。
  3. 片栗粉を入れて全体に粉をまぶします。
    ビニール袋を使用の場合は材料を入れて揉んだら片栗粉を投入。
    空気を入れて袋の頭をつまみフリフリと振って全体にまぶします。
  4. 耐熱皿に鶏肉同士が引っ付かないように並べてラップをせずに電子レンジに入れ600Wで5分、裏返して更に3分加熱します。肉の状態を見て中がまだ赤いようなら数秒づつ加熱しながら調整してください。
時間がない人にはもっと簡単、昭和産業さんの
「レンジでチンする唐揚げ粉しょうが醤油味」
を使うという手もありますよ。
カロリーも20%減だそうです。
鶏肉を一口大に切って
「レンジでチンする唐揚げ粉」
をまぶして電子レンジで3分半
(鶏肉の量や温度によって加熱時間は変わります。詳しくはパッケージの説明書を読んでください。)
超簡単です。

コロッケ

コロッケって基本のコロッケは中の具材を全部調理してから形作って小麦粉→卵→パン粉とつけ、サッと揚げるだけなので揚げるのを省いてもいいのでは?
と思いませんか。
    材料:

  • じゃがいも 大2個
  • ミンチ 100g
    (ポーク・ビーフ・合いびきはお好みで)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1/2個
  • 塩・コショウ 少々
  • パン粉
  • オリーブオイル
    作り方:

  1. じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切り、湯でておきます。
  2. 玉ねぎとにんじんはみじん切りにします。
  3. 油をしいたフライパンでミンチを炒めます。
    出てきた肉油はキッチンペーパーで軽く拭き取ります。
作り方:

  1. 塩コショウで軽く味付けします。
  2. (我が家はこの時点でウスターソースを少々入れ味付けをします。そうすると後でソースをかけなくても大丈夫。)

  3. 茹でたじゃがいもは、お湯を捨ててマッシュします。
  4. じゃがいもと炒めた具材を混ぜ、コロッケの形を作っていきます。
  5. パン粉とオリーブオイルを混ぜ、耐熱皿に広げ電子レンジで1分30秒加熱し「焼きパン粉」を作ります。
  6. 形作ったコロッケの具材を焼きパン粉にコロコロ転がしまぶせば出来上がりです。
出てきた肉油はキッチンペーパーで軽く拭き取ります。
そこに玉ねぎ・にんじんを入れ一緒にしっかり炒めます。
パン粉とオリーブオイルの割合は、パン粉 大3に対してオリーブオイル 小1です。
(パン粉が焦げないように気をつけてください。)
実はコロッケの場合は、じゃがいもを電子レンジで加熱してマッシュを作ることも出来ますし、具材も電子レンジで加熱調理することができますので、茹でたり炒めたりも省きたい・洗い物を少なくしたいという方にはすべて電子レンジで出来てしまう料理です。
更にカロリーを少しでも減らしたい場合は、「焼きパン粉」の作り方を変えます。
オーブントースターのトレイにアルミホイルを敷きパン粉を広げてしきます。
オリーブオイルは使用しません。
オーブントースターに入れて1分。
様子を見てまだ柔らかそうなら一度かき混ぜて広げ直し30秒。
パン粉が焦げてしまわないように気をつけてみながら焼いてください。
面倒くさいと思い敬遠しがちなコロッケもこれで簡単に作れますよ。
お好みでソースをかけてみ仕上がってください。

おしまい

油を使わないから洗い物も楽になりますし、コンロ周りもあまり汚れませんから片付けにも手がかかりません。
カロリーも気にせず美味しく食べられて嬉しいですよね。
よろしければ一度試してみてくださいね。
スポンサーリンク