春は出会いと別れの季節ですね!
卒業式や入学式があったり、

異動による引っ越しがあったり・・・

それ以外にも

たまたま春というタイミングで
ひとつの恋が終わってしまったり。

しんみりしてしまいますが、

出会いがあれば
別れがあるのは必然ですからね。

そんな時、そういう気持ちに

寄り添ってくれるような
名言があります!

出会いと別れの季節「春」に、

前向きになれるような
名言たちを集めてみました。

「人生の出発は、常にあまい。まず試みよ。破局の次にも、春は来る」
これは日本の小説家、

太宰治が残した言葉です。

太宰治といえば「走れメロス」や

「人間失格」などの作品で有名ですね。

この名言、

シンプルでとっても分かりやすい
言葉ですよね。

何かを始めるにあたって、

とりあえずやってみよう!

失敗しても大丈夫!


背中を押してくれるような言葉で、
前向きに頑張ろう!

という気持ちになれますよね。
スポンサーリンク



出会いと別れの季節にぴったりの名言②

「どんな冬もいつか終わる。そして、春は必ずやって来る」
これはアメリカの作家である

ハル・ボーランドが残した言葉です。

冬を別れと表して、

新たな出会いを
春に例えているようですね。

また、「冬」や「春」という

季節をあげていますが、
冬を切ないできごとのあった季節、
春を新たな始まりの季節として、

切なく辛いこともいつか終わるよ、

と励ましてくれているような
感じがしますね。

今が辛くても、

きっといいことが起こるよ!

と言われると元気が出ますよね♪
スポンサーリンク



出会いと別れの季節にぴったりの名言③

「春を楽しむように人生を楽しむ心があるならば、やがてまた春のそよ風のように、心もやわらいで、生き甲斐も感じられてきます」
これはパナソニック

(旧松下電器製作所)を
一代で築き上げた
松下幸之助が残した言葉です。

春は、温かくて穏やかで優しい季節

というイメージを誰もが持ちますよね。

私も春の穏やかな気候や

わくわくする感じが大好きです!

その春を過ごすように、

人生を穏やかに過ごすことができたら
とても幸せな気分になれますよね。

そんな優しいメッセージと、

「生き甲斐」という言葉から
力強さも感じさせるような
言葉になっています。

スポンサーリンク



出会いと別れの季節にぴったりの名言④

「どうか思い出して。厳しい冬に雪の下で耐える種こそが太陽の恵みを受けて、春になればバラになる」
これはアメリカの歌手である

アマンダ・マクブルーム
が残した言葉です。

②で紹介したハル・ボーランドの

名言と重なる部分もありますね。

「どうか思い出して」という

言葉がいいですよね。

語りかけられているようで

心に響きます。

「冬」を厳しい季節と表していて、

厳しくても頑張って耐えれば
バラという大輪の花を
咲かせることができると言っています。

耐えている姿も太陽は見てくれている、

誰かが見ていてくれて
きっと認めてくれる日が来る!

という感じもしますよね。
この名言も、

辛くても耐えて前向きに頑張ろう
という気持ちになれますね。

スポンサーリンク



出会いと別れの季節にぴったりの名言⑤番外編

「分かれる男に花の名をひとつ教えておきなさい。花は毎年、必ず咲きます」
この名言は番外編ということで・・・
自分的にとても

ツボにはまった言葉なので、
紹介させてください!

これは「伊豆の踊子」「雪国」などの

作品で有名な
川端康成が残した言葉になります。

出会いと別れと言えば、

やっぱり外せないのは
色恋沙汰・・・

そう思うのは

私だけではないはず!

これ、

あなたはどんな風に捉えましたか?

私は、自分のことを、花を見るたびに

思い出してもらいたい!

良かったことを思い出させたい!
ということかな?

と思いました。

この言葉、

フラれた経験がある人なら
共感できる部分が多いと
思うんですよね!

フラれてしまったけど、

相手の心に自分の存在を
少しでも残しておきたい!

爪痕を残したい!
みたいな(笑)
ちょっと執念深い感じもしますが、

私がとても共感できたので紹介しました!

スポンサーリンク



まとめ

出会いと別れの

季節にぴったりな名言たち、
いかがでしたか?

春に限らず、

どの言葉も前向きに
なれるような名言ばかりですよね!

あなたの心にも響きますように・・・