「クーラーボックスの保冷力アップ!?」アウトドアも超快適キンキン
スポンサーリンク



夏と言えばアウトドアに出かけることが増えますよね。そんな時にあったら便利なのがクーラーボックス。今回はクーラーボックスを上手に利用して保冷力を長持ちさせる方法をお教えします。
スポンサーリンク



クーラーボックスは夏の暑い時期にはひとつ持っているととても便利なアイテムです。キャンプや海水浴、ちょっとしたお買い物にも活躍してくれます。
スポンサーリンク



クーラーボックスには2つのタイプ

クーラーボックスはものを冷たいまま保存してくれる便利品。このクーラーボックスには大きく分けると2つのタイプに分かれます。

ソフトクーラー

ソフトクーラーはその名前の通り柔らかいクーラーで、使わない時には小さく畳んでしまっておけます。運動会や公園遊び、お買い物に便利なタイプです。

ハードクーラー

ハードクーラーは箱型のがっしりとしたクーラーボックスのことで、大きなタイプもありたくさんの食材や飲み物を持っていくバーベキューやキャンプなどに便利なタイプです。中身が増える分重たくなるのでキャリー付きのクーラーボックスもおすす。
スポンサーリンク



クーラーボックスの保冷力アップのコツ!

クーラーボックスは中のものを冷やしておくことが仕事。保冷です。クーラーボックスの種類によっても保冷力はかなり違ってきますが、保冷力を持続させることだって可能です。

置き場所にも気を配る!

クーラーボックスを置いておく場所にも心配りを。日が当たる場所よりはもちろん日陰。地面にそのまま置くよりは、下に段ボールやレジャーシートを敷くだけでも違ってきます。日陰がない場合は、クーラーボックスの上に新聞紙や段ボールを乗せておくのもおすすめ。

保冷剤を使う!

クーラーボックスには自分で冷やす力はないので保冷をするものが必要です。氷で冷やすこともできますが、ホームセンターなどに売っている板状の保冷剤がおすすめします。氷もばらばらの氷よりも板になっている氷のほうが保冷力は持続します。

クーラーボックスを冷やしておく!

クーラーボックスを使うことが決まっているのなら、当日に使わない保冷剤で冷やしておくのもおすすめです。保冷剤がなければ前の日から氷水を入れておくだけでも全然違います。

アルミシートを利用!

100均で売っているアルミシートを中に敷くだけでも保冷力は上がります。また、フタと中身の間にのせれば、クーラーボックスのフタを開けた時に冷気が逃げにくくなります。
スポンサーリンク



上手に利用すればもっと便利に!

クーラーボックスの保冷力が大きいものは値段も大きく上がりますが、普通のクーラーボックスだって工夫次第で同じくらいの保冷力を持つことも可能です。クーラーボックスをうまく使って、今年の夏は冷えた飲み物で快適に。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!