スポンサーリンク



コンタクトレンズ(以下コンタクト)を使ったことはありますか?
最近コンタクトが専門的な場所以外で売られていますよね。
入手しやすくなって、使っている人にとってはいいことかも知れません。
でもこれってちゃんとしたものなのかな、と不安になりませんか?
そこで、コンタクトはメガネのように処方箋なしで良いのか、必要なのか?
気になったのでお話ししようと思います。
スポンサーリンク



結論から言いますと、コンタクトを買う時に処方箋なしでも買えます。
処方箋を提出しなければならないという法的な義務がない為です。
それはなぜかといいますと、コンタクトレンズは包や絆創膏のような医療品ではありません
高度管理医療機器という部類に入ります。
これは、着用していた際に何かしらの副作用として人体や生命に大きな影響を与える恐れがあるので、正しい管理が必要になる医療機器なのです。
「え!?じゃあなんで尚更処方箋なしでも買えるの?」
と思った方もいるかと思いますが、医療薬などのお医者さんが薬剤師さんにお願いするものとは違い、装用指示書がコンタクトレンズの処方箋のようなものになります。
装用指示書とは、機械の取扱説明書のようなものです。
きちんと使い方を明記すれば良い、ということですね。
でも眼鏡とは違い直接目に入れるものなので危険度は高いですよね。
そのため、医療器機から高度管理医療機器に格上げになったのだと思います。
手軽で、常に身につけるものなのでそうそうなくすこともないコンタクトレンズですが、たくさんのリスクも持っています。
処方箋なしだからこそ、特に取説をよく読んで取扱いに気を付けるべきだと思います。
適切な管理の元、使用方法をしっかり確認し正しく使ってください。
スポンサーリンク



コンタクトを買うときに処方箋が必要なケースは?

コンタクトを買うときに処方箋が必要なケースとしては、大きく2つあります。
販売するお店側の方針で提出をお願いされるケース、または、コンタクトを売るお店へメーカーから処方箋の提出を推奨するケースです。
お医者さんからの診断もなしに、自己判断で付けたことにより何か問題が起きてしまったら、購入した人とメーカーさんでトラブルにもなりかねないですよね。
どちらのケースも、そこの問題を避けるためでもあります。
また、コンタクトを初めてつけます!という方には、やはり処方箋が必要になることが多いかと思います。
どこでも手軽に手に入るコンタクトですが、言い方を変えれば目に直接入れる眼鏡です。
目の安全のためにも、眼科にて検査などをするよう求められるでしょう。
他にも、眼鏡からコンタクトに変えるという人もいるかと思います。
そういう人も、眼鏡の度数が分かっているから大丈夫と思わず、一度眼科に行ってお医者さんと相談してから切り替えるのが安全です。
ちなみに目の治療 (角膜など) を目的とする特殊なコンタクトもあり、その場合はその人に合った特殊なレンズが処方されます。
目の病気がないかなども検査して、自分に合ったコンタクトが使用できるよう、一度は眼科に行ってみてもらうことが大切です。
スポンサーリンク



処方箋があっても安心できない!使う時の注意点

病院で見てもらって特に問題ないから大丈夫!と自分流の使い方をする人をたまに見かけます。
例えば、使用方法を守らず、ずっとつけっぱなしにしているような場合です。
私の使っていたコンタクトは目の色を変えてくれるカラーコンタクトです。
おしゃれのために使っていましたが、実は少しドキドキしながら付けていたのを覚えています。
その理由は、ネットでたまたま見たカラーコンタクトの色が擦ったら落ちた!という記事でした。
綿棒で擦られたところが見事に色落ちしており、綿棒には色がしっかり移っていました
使用方法を守らなかったことで、色が目に移ったらどうしようという不安もあり、使用方法をきちんと読んで守るように心がけました。
私が思うにコンタクトは、目からしたら異物を入れているようなものです。
友人もコンタクトを使用していますが、つけたまま寝てしまうことがよくあるそうです。
しかしそれはもちろん間違っています
友人はずっと眼鏡で、お医者さんと相談してコンタクトにしたのに使用方法を守らなかったことで、軽い炎症が起きてしまいました。
早期発見できたからよかったものの、気にせずつけていたら失明していたかもしれません。
(あくまでも最悪の事態の話しですよ)
コンタクトは手軽ですが管理が大変です。
使い捨てのものなら捨ててしまえばいいですが、使い捨てじゃなくてもとるのが面倒臭い、明日も使うからこのまま寝てしまえとつけたまま寝てしまったり、中にはもったいないからと使い捨てのものを何日も付けていたりするケースもあります。
処方されたコンタクトだからと言って、危険性がないわけではないのです。
使用方法を間違えれば、目の障害などにもつながりかねません。
角膜感染症や、コンタクトを付けたままにしたことで眼球が酸素不足になりそれが原因となる角膜障害、または結膜炎になってしまうこともあります。
お医者さんが処方したものだから安全でしょ!
と軽い気持ちで使用するのではなく、どういったリスクがあるのかなども考え慎重に使用できるようにしてほしいと思います。
スポンサーリンク



まとめ

私もカラーコンタクトを付けたかったので、最初はお医者さんに診てもらって、実際にコンタクトを付けた時の付け心地や、つけているときの目の様子なども見てもらってから使用し始めました。
目は一生使うものです。
もし失明してしまったら、視力低下につながってしまったら、何か副作用が出てしまったら、と怖かったので眼科に行きました。
しかし、今考えてみると処方箋なしでした。
眼科できちんと作ったコンタクトも、つけ始めはいいのですが、時間がたつと目がつらくなってきます。
コンタクトと眼球の間にわずかでもゴミなどが入っているときは、もう激痛で気が気じゃありません。
買ったばかりのコンタクトもすぐにゴミ箱行きなんてこともありました。
それから面倒くさくなってだんだんとつけなくなりました。
眼鏡とコンタクトの使用理由は同じでも使い方が違いますよね。
コンタクトは使い方や、管理方法を間違えると大変なことになりかねません。
一生目が見えなくなりたくないですよね。
お洒落のために、イメージチェンジのために切り替えたコンタクトで、背負わなくてもよいリスクをわざわざ背負う必要はないです。
きちんとした管理ができないのなら眼鏡のままでもいいと思います。
手軽に購入できるし、処方箋もいらないからと自己判断で購入せず、一度は眼科で見てもらってから使用方法や、自分に合っているのかなどを見極めることも大切だと思います。
スポンサーリンク