コーヒーは奥が深い飲み物です。
コーヒー豆自体のみならず、その豆の組み合わせ、豆の挽き方、コーヒーの淹れ方など、様々こだわればキリがないかもしれません。
あなたはコーヒーを豆から購入して飲む派ですか?それとも、コーヒーの粉の状態で購入して飲む派ですか?
どちらにしても、コーヒーの保存方法を間違えるとせっかくの味を損ねてしまいます。
もしあなたがコーヒーをあまり好きではないというのであれば、その保存方法を間違っているゆえに、味の落ちたコーヒーを飲んでいるのかもしれません。
コーヒーと素敵な関係が築けるように、今回はコーヒーについて少し考えてみましょう。
スポンサーリンク



コーヒーの好き嫌いは分かれるところかもしれません。
私自身も、少し前まではコーヒーはあまり好んで飲むほうではありませんでした。
たまに飲む機会があってもその美味さが全く分からず、砂糖とミルクをたっぷり入れて甘くして飲むしかありませんでした。
なので、同い年の友人などが「コーヒー、特にブラックが好きなの」と言っているのを聞くと、「あんなに苦い飲み物が好きなんて大人でかっこいい」と憧れていました。
そんな私がコーヒーを好きになったきっかけは、旅行した際にたまたま立ち寄った喫茶店で飲んだコーヒーが、心から「美味しい」と感じたからです。
それからは、いつもというわけではありませんが、リラックスしたいときや頑張りたいときにコーヒーを進んで飲むようになりました。
甘いコーヒーだけではなく、ブラックコーヒーで飲むことも多くなったのです。
昔の私では考えられない変化だったと思います。
私の知人も、同じように美味しいコーヒーを飲んだことがきっかけで、コーヒー好きになったと言っていました。
意外にきっかけは身近なところにあるのかもしれませんね。
あなたはコーヒーを好きになったきっかけというものはありますか?
そもそもコーヒーは苦さを強く感じますが、苦味だけではなく酸味、甘味、雑味のもととなる成分が含まれます。
それぞれがその味だけで働くと不味い印象を受けてしまいますが、これらの味の組み合わせのバランスが絶妙であるからこそ、コーヒーを美味しいと思うのです。
コーヒーは、コーヒーノキの種子を焙煎し挽いた粉末から、お湯などで成分を抽出した飲み物になります。
コーヒーノキの種子が俗にコーヒーの豆と言われていますが、その豆の産地や収穫時期、焙煎方法や保存方法などで、味のバランスが変わってきます
コーヒー通と呼ばれる人がいるのは、そのようなバランスに強くこだわりを持っているからなのですね。
スポンサーリンク



コーヒーのメリットとデメリット

コーヒーに含まれる成分といえば、代表的なのがカフェインでしょう。
例えコーヒーをあまり飲まない人であっても、コーヒーに含まれるカフェインによる眠気覚ましの効果を耳にしたことがあるはずです。
カフェインは眠気を覚ましてくれるだけではなく、脂肪の分解を促進したり、自律神経に働きかけエネルギー消費を高めてくれたりもする働きがあるので、ダイエット効果を望めると言われています。
もしコーヒーを飲む目的の1つとしてダイエットを望むのであれば、温かいブラックコーヒーを飲み、その20~30分後に体を動かすと効果的なようです。
ただし、コーヒーを飲みすぎてしまうとダイエットとは逆に肥満の原因となってしまうので、注意してください。
コーヒーにはカフェイン以外にも様々な成分が含まれていますが、その中でもクロロゲン酸という成分があります。
このクロロゲン酸は美肌作りをサポートしてくれる性質と同時に、脂肪をため込む性質を持っています。
いくらカフェイン成分の効果でダイエットを期待していても、このクロロゲン酸が脂肪をため込んでしまっては元も子もありません。
クロロゲン酸によるコーヒー太りを避けたいのであれば、コーヒーの摂取量は多くても1日3杯程度に抑えていたほうが良いでしょう
スポンサーリンク



これは残念!コーヒーによる口臭

私の同僚に対して、私はコーヒーを飲んだかどうかすぐ判断することができます。
もし彼女が仕事をさぼってコーヒーを飲んでいたのであれば、私は一発で見分けることが可能でしょう。
なぜなら、その彼女からコーヒーを飲んだ後にコーヒーの口臭がするからです。
たぶん席が隣で相談などをするために私が彼女の近くへ寄ってしまうので、つい口臭が特に気になってしまうのだと思います。
コーヒーの口臭は、別にその彼女だけによるものではないはずです。
自分では気付かないだけで私自身も、そしてもしかしたらあなた自身も、コーヒーによる口臭を発しているかもしれません。
コーヒーによる口臭は、コーヒーの焙煎成分の微粒子が舌の表目のザラザラした部分に付着して独特の臭気を発生させることが原因です。
インスタントコーヒーでも缶コーヒーでも、これは避けることができません。
さらに口臭を発生させる条件は重なり、コーヒーの酸味が口腔内を弱酸性状態にすることで、口臭の成分を発生させる細菌が活動しやすい環境を作り出してしまいます。
この細菌は、食べカスや歯垢で繁殖して、タンパク質やアミノ酸を分解することで口臭を作り出す厄介な菌です。
唾液が多ければこれらの細菌を洗い流すことが出来ますが、コーヒーの成分によって唾液の分泌は減る傾向にあるため、これも口臭の原因となります。
これらの要素を踏まえれば、コーヒーによる口臭は仕方のないような気さえしてきます。
しかし、「コーヒーの口臭は仕方ないよね」と口臭をプンプンさせたままで我慢出来ますか?
出来ることなら、コーヒーの口臭も抑えたいところですよね。
そこでいくつかコーヒーによる口臭を抑える方法を、ご紹介したいと思います。
それは、舌の表面にコーヒーが残らないようにすることを目的とすることです。
舌歯ブラシを利用して、舌についているコーヒーの微粒子を取ることが1番望ましい方法です。
液体歯ブラシを利用するもの良いです。
もしそれらのアイテムを持っていなかった場合は、水などを口に含んで上あごに舌をすりつけるようにする方法を試してみて下さい。
それだけでも、意外にコーヒーの口臭を抑えることが出来ます。
他人に口臭を嫌がられる前に、そうした方法で口臭を防ぎたいですね。
スポンサーリンク



コーヒーの豆と粉は何が違うの?

コーヒー専門店などでコーヒー豆を購入する際、「そのままでよろしいでしょうか、挽いてお出ししましょうか?」と聞かれた経験、もしくはそう聞かれている人を目撃した経験はあるでしょう。
コーヒー豆のほうが本格的でかっこいい印象はありますが、コーヒー豆のままであっても粉に挽いてもらっても、それぞれメリットとデメリットがあるのです。
まず、コーヒー豆の状態で買う場合、粉と比べて風味の劣化が少なく長期間保存できることがメリットとして挙げられます。
粉に挽いてもらうとどうしても空気に触れる面積は大きくなってしまいますが、豆の状態のままであればその面積が小さいままのため、酸化しにくく味の劣化が緩やかとなります。
そのため、挽いた粉よりは長く楽しむことが出来ます。
ただし、コーヒー豆の状態ではコーヒーの抽出は出来ないので、抽出するためにミルなどの道具を揃える必要があることがデメリットと言えるでしょう。
もしもミルを持っていない場合は、たとえコーヒー豆を購入したとしてもコーヒーを淹れることは出来ません。
そしてそのミルを使って豆を挽く行為が少し手間となります。
コーヒー豆を挽いてもらったり既製品であったりしてコーヒーを粉の状態で買う場合、ミルなどの特別な道具を持っていなくても短時間でコーヒーを作ることが出来ることがメリットになります。
特に時間の惜しい朝の出勤前などでも、すでに粉の状態になっていればコーヒーを手軽に飲めるというのは嬉しいですね。
しかし、コーヒー豆の状態に比べて粉だと酸化しやすいため、保存出来る期間が短くなってしまうこと、そして時間が経てば経つほどにコーヒーの成分が抜けやすく、豆を直前に挽いたものよりも香りや味が劣ってしまうことがデメリットとして挙げられます。
コーヒーに時間をどれだけかけることが可能なのか、コーヒーの香りと味をどこまで追求するのかが、豆と粉のどちらの状態で購入するのかの分かれ目になるでしょう。
どこを重視するかは、それぞれ個人の考えとして意見は分かれるところだと思います。
スポンサーリンク



コーヒー粉のベストな保存方法とは

美味しいコーヒーを簡単に飲めるに越したことはありませんよね。
そこで、コーヒーの粉をうまく保存して、出来る限り美味しい状態で飲める方法をご紹介します。
コーヒーの豆や粉は、どうしても保存食品のような錯覚を覚えますが、時間と共に劣化する生鮮食品なのです。
カビが生えていればこそ劣化が分かりますが、カビが生えていない状態であっても、日々コーヒーは目に見えないところで酸化していきます
したがって生鮮食品であるからこそ、必然的に保存について考える必要が出てくるのです。
ほかの生鮮食品と同じようにコーヒーの豆や粉も冷暗所や冷蔵庫、冷凍庫に保存することで、劣化を少しでも遅くし、美味しさや香りをキープすることへと繋がります。
特にコーヒーの粉は、先述した通り豆よりも劣化しやすくなっています。
「保存は数日してからにしよう」と思っていては、もう遅いです。
コーヒーの豆であれば1週間で飲みきる自信があるのであれば常温保存でも大丈夫ですが、コーヒーの粉はすぐにでも冷凍保存する必要があります
そして、冷凍保存する際は是非密閉容器に入れるようにしましょう。
それは密閉可能なビンや缶、ファスナー付食料保存袋でも構いませんが、密閉を心がけて下さい。
コーヒー豆や粉は、湿気やにおいを吸収しやすい性質があるので、保存が悪いと、ほかのにおいが移ってしまいコーヒー本来の美味しさを損ないかねません。
なるべく3ヶ月以内の消費が望ましいでしょう。
冷凍させたコーヒーの粉を使用する際は、常温に戻す必要はありません。
もちろんいくら冷凍保存しても完全に劣化を防ぐことは出来ず、次第に香りは逃げてしまうのが現実です。
しかし味は冷凍したものとしていないものでは、比べ物にならないほどその差は歴然です
是非、コーヒーの粉を購入した際は、すぐに冷凍庫へ保存するようにしましょう。
スポンサーリンク



まとめ

今回は、コーヒーについてご紹介しました。
コーヒーは眠気覚ましの効果だけではなく、様々な効果を私たちにもたらしてくれます。
美味しく飲めて、嬉しい効果があるのであればどんどん飲みたくなるかもしれませんが、飲みすぎも体には良くはないので、ある程度で留めておくことが望ましいでしょう。
そして、コーヒーは豆の状態であっても、粉の状態であっても生鮮食品であることを忘れてはいけません。
生鮮食品はデリケートで、傷みやすいのです。
冷凍保存することを心がければ、少しでも長く美味しいコーヒーを楽しめることでしょう。
うまくコーヒーと付き合って、ほっと出来る時間を過ごしたいですね。
スポンサーリンク