スポンサーリンク



クリスマスツリーといえば、部屋の外でも中でも楽しむことができる、クリスマスでは大きな存在です。
しかし、その飾り付けに悩む方は多いのではないでしょうか。
ここでは、室内でのクリスマスツリーのイルミネーションの仕方についてご紹介します。
スポンサーリンク



まずは、クリスマスツリーとして使う木を選ぶ所から始めます。
木には、人工樹と生木の2種類があります。
ツリーをどこに置くか、どのような飾り付けをしたいかで選び方は変わってくるでしょう。
スポンサーリンク



人工樹のメリットとデメリット

人工樹のメリットは、何よりもその扱いやすさです。
プラスチックやクリスタルなどの人工的な素材で作られているため、豪華な飾り付けがしやすく、葉が落ちたり枯れたりすることもないので、気軽に飾れます
逆に、飾りの量が少ないと味気なく感じてしまいます。
また、クリスマスが終わった後の処分に困るかもしれません。
人工樹を使用する場合は、飾る場所だけでなく、終わった後の収納場所も考える必要がありますね。
スポンサーリンク



生木のメリットとデメリット

生木のメリットはもちろん、自然の木の形や色の変化、香りを感じられるといったその存在感にあります。
枝が柔らかいため、人工樹ほどの飾り付けはできませんが、ボリュームを抑えた飾りによって、より本格的なクリスマスを感じることができるでしょう。
クリスマスが終わった後でも、庭に置いておくことができるので、室内での収納場所に困ることもありません。
しかし、生木のデメリットは手入れの大変さにあります。
どんな木も寒い場所に育っている木なので、暑さ、乾燥、暗さが苦手です。
主にこの3点を注意することが大切です。
スポンサーリンク



クリスマスツリーの飾り付け!

使う木が決まったら飾り付けを考えます。
どれくらいの量で、どんな飾りが必要かを考えるのです。
それぞれの木の特徴を生かし、室内の雰囲気に合う飾り付けをしましょう。
スポンサーリンク



飾り方の順番は?

ここまで準備すると、あとは実際に飾り付けをするだけです。
効率的に、綺麗になる飾り付けは、本体の木に電飾やライトを付け、オーナメントを飾ることです。
このとき、上から下へ全体的に飾ることを意識しましょう。
オーナメントは、大きいものから小さいものの順に飾るとバランスがよくなります。
スポンサーリンク



まとめ

木を選び、飾りを選び、実際に飾り付ける。
準備は大変かもしれませんが、クリスマスツリーのイルミネーションは、クリスマスの楽しみ方の1つでもあります。
室内でよりクリスマスを楽しむためにも、是非参考にしてみてください。
スポンサーリンク