スポンサーリンク



6月の行事といえば、お父さんに日ごろの感謝の気持ちを伝える「父の日」ですよね。プレゼント選びに悩んでいる方、今年はを贈ってみませんか?父の日の由来を知れば、きっと花をプレゼントしたくなりますよ。
ここでは父の日におすすめの花を3種ご紹介。それぞれの花言葉も載せているので、お父さんにピッタリの花が選びやすいですよ。
父の日は、もともとアメリカで生まれた行事です。英語では「Father’s Day」といいます。提案したのはソノラ・スマート・ドッドという女性です。
ドッド婦人は、過労死した母親に代わり、男手ひとつで6人兄弟を育ててくれた父親に感謝の気持ちを伝えようと「父の日」を作りました。母の日は5月の第2日曜日であるのに対し、父の日は6月第3日曜日にしようということになり、これが日本にも伝わったのです。

由来から見る父の日に花を贈る理由

では、なぜ父の日に花を贈るのが定番になったのか?それは父の日を提案したドット婦人が、亡くなった父親の墓前に白いバラを供えたと言い伝えられているためです。
さらに日本では、父の日を広めるために「黄色」をイメージカラーに設定することにしました。この2つの歴史が重なり、父の日では黄色い花を贈ると良いといわれています。
スポンサーリンク



父の日のプレゼントに贈る花3選

父の日に黄色い花を贈る理由は納得していただけたのではないでしょうか?では、ここからは父の日プレゼントにおすすめの黄色い花をご紹介します。それぞれの花言葉から、お父さんに贈るメッセージにピッタリのものを選ぶと良いですよ。

父の日に黄色いバラ

・ドット婦人が父親にバラを贈った
・日本では父の日のイメージカラーが黄色
この2つの理由を足して、黄色いバラは父の日にプレゼントする花の定番となっています。オレンジ色のバラなどと組み合わせた華やかなアレンジメントが特に人気です。バラの花言葉は、「愛情」。日ごろ伝える機会のない家族愛を伝えるのにふさわしい花と言えます。

父の日にヒマワリ

もうすぐ本格的な夏を迎えるということから、夏にピッタリのヒマワリもおすすめです。親しみやすさがあるヒマワリは、フラワーショップによっては黄色いバラを上回る人気となっています。花束も良いですが、バスケットに入ったアレンジメントも可愛らしくて良いですよ。
ヒマワリの花言葉は、「光り輝く存在」。
父親への尊敬の気持ちを伝えるのにおすすめです。

父の日にユリ

バラやヒマワリと比べるとややマニアックになりますが、黄色いユリもおすすめです。なぜなら、ユリの花言葉は、「子どもから贈る愛」だから。まさに感謝の気持ちを込めて渡すのにピッタリの花ではないでしょうか?初夏からユリは見ごろを迎えるので、季節的にも最適です。豊かな香りがあるのもユリの特徴。華やかなアレンジメントや花束がおすすめです。
スポンサーリンク



お菓子とセットでプレゼントするのもおすすめ

フラワーショップによっては、父の日用のプレゼントとして花とお菓子がセットになっているものがあります。初夏のプレゼントなので、”あんみつ”や”わらび餅”といった清涼感ある和スイーツが特に人気です。

お父さんにピッタリの花を見つけよう

父の日のプレゼントおすすめの花はいかがでしたか?フラワーショップでは、父の日用のアレンジメントや花束が多数用意されています。お父さんにピッタリの花を選び、最高のプレゼントを贈ってくださいね。
スポンサーリンク