スポンサーリンク



お菓子は糖質が多いなら果物を食べればいいじゃない!ってことで、デザートは果物中心にしていたところ、意外と栗の糖質が多いことが判明。

エクレアとほぼ同じって、それなら普通にお菓子食べればいいじゃん?
そんなわけで、栗の糖質について徹底解剖します。

スポンサーリンク



世間では「栗ダイエット」なんてものがあるらしい・・

秋の味覚・栗。素朴な甘さなのでヘルシーな食べ物というイメージが持たれがちです。そんなところが注目されたのか、世間では「栗ダイエット」なんてものが密かにブームとなっています。
栗は食物繊維が豊富で便秘予防になるし、脂肪が少ないから、お菓子代わりに食べましょうっていうのが、ダイエット食に選ばれた理由とのこと。
栗に限らず、ダイエット中はお菓子より果物を食べろってよく言われます。そのせいで、「果物=ヘルシー、許される食べ物」って思い込みがちです。
でも、優等生の果物にも大きな落とし穴があります。それは、糖質がたっぷりと含まれていることです。中でも、栗の糖質豊富っぷりは・・ハッキリ言って要注意人物(?)です。
素朴な甘さにだまされてパクパクと食べていたら、糖質の摂り過ぎで逆に太ることになってしまいます。
スポンサーリンク



栗の糖質はエクレアレベル?お菓子の糖質量と比較してみた

栗にどれだけの糖質が含まれているのか、文部科学省の「五訂増補日本食品標準成分表」を参考にして調べてみました。
ちなみに、栗の糖質は100グラム当たり約25グラム。栗の4分の1が糖質なのかと、調べながらひっそりショック受けちゃいました。
そんな100グラム当たり約25グラムレベルのお菓子たちは、こちらです!
  • エクレア→22.1グラム
  • シュークリーム→22.1グラム
  • アップルパイ→31.4グラム
あ、栗の糖質・・エクレア以上でした。すみません。さすがに、50グラムを超えるチョコレートやドーナツには敵わなかったものの、栗の糖質の多さは納得いただけたかと思います。
無理して栗を食べるくらいなら、お気に入りのスイーツショップでエクレアやシュークリームを買った方が、ストレスない分マシかもしれないというのが私の本音です。
スポンサーリンク



栗だけじゃない!ほかの果物も糖質に注意!

正直、栗の糖質の多さは果物でもトップレベルです。
じゃあ、ほかの果物は安心かと言ったら、それはそれで危ういところ。普段何気なく食べている果物も、糖質が豊富に含まれているので注意しましょう。
たとえば、バナナ!これもダイエット食としてよく登場しますよね。でも、バナナ100グラム当たりの糖質量は約21グラム。ごはん代わりにバナナを食べるという人もいますが、ごはん100グラム当たりの糖質量は約36グラムなので、それほど差がないってことを知っておきましょう。
ほかにも、リンゴは100グラム当たり約13グラム、キウイフルーツや柑橘類は約10グラムとなっています。栗と比べたら半分近く糖質が少ないことになりますが、それでも糖質制限中は食べ過ぎに注意したいところです。
スポンサーリンク



栗を食べるなら1日5個くらいにしておこう

栗は約20個で100グラムに相当します。そう聞くと、「なんだ~さすがにそんなに食べないよ~」なんて安心するかもしれません。
でも、小粒で食べやすい栗は、無意識のうちに手が伸びてしまうという不思議な魔力を持っています。健康に気遣いながら食べるなら、事前に食べる分だけ取っておくことが大切です。
そこでおすすめしたい量は、1日5個。糖質は約6~7グラムです。栗の良いところは、1個当たりの糖質量が少ないので、少しずつ食べれば糖質の摂取を抑えられるところ。賢く秋の味覚を味わいましょう。
スポンサーリンク



まとめ

果物は無条件にヘルシーな食べ物と思われがちですが、糖質という意外な落とし穴が潜んでいます。中でも栗は、食べ過ぎるとお菓子を食べたのと同じくらいの糖質を摂取することになるので要注意です。健康もグルメも楽しむなら、計画的に食べましょう。
スポンサーリンク