スポンサーリンク



近年の天候は不安定。9月になっても真夏のような暑さが続くかと思えば、ある日突然、秋を飛び越えて冬のように寒い日もやってきます。いつ、どのように秋の衣替えをすればいいのか、戸惑う人も少なくないでしょう。そこで、この記事では秋の衣替えを始める前に知っておきたい情報を紹介します。
スポンサーリンク



制服がある企業や学校では、10月ごろから秋の衣替えを行うのが一般的です。いつ秋の衣替えをすればいいのか分からない人は、これをひとつの目安にしましょう。
しかし、10月にまとめて衣替えをするのは得策ではありません。量が多すぎて負担になりますし、最近の天候は不安定なので、急に暑い日や寒い日がやって来るからです。
そこで9月中旬ごろから少しずつ夏服をしまい始め、秋服を増やすようにしましょう。そして10月に入ると同時に秋の衣替えが終わっているのが理想的です。
スポンサーリンク



秋の衣替えは晴れた日の日中に行おう

秋の衣替えを行うタイミングは分かりました。さらにベストな状態で衣替えをするには、天気や時間も意識すると良いですよ。
衣替えは、湿度の低いカラッとした時期に行うと、しまった衣類をいためることが少ないです。そのため、晴れた日に行うのがベスト。
中でも太陽が昇っている午前10時~午後2時あたりがおすすめです。お仕事で日中は家にいないという人は、休日の晴れた日を見逃さないようにしましょう。
スポンサーリンク



秋の衣替えで夏服をしまうときのポイント3点

衣替えのときに夏服をきちんとケアしなければ、翌年の夏に着られなくなってしまいます。衣替えで夏服をしまう前にしておくべきことを確認しておきましょう。

しまう前には必ず洗濯を

脱ぎっぱなしの汗や皮脂がたっぷりしみ込んだ夏服をそのまましまってしまうと、黄ばみや虫食いで服がいたんでしまいます。衣替えの前には必ず洗濯しておきましょう。
いつも洗濯はおふろの残り湯を使っているという人も、衣替えのときはきれいな水を使ってください。すすぎの水が悪いと黄ばみの原因となります。そして、洗濯後はしっかりと乾かしましょう。

必要ならばクリーニングも活用

自宅の洗濯では落とせないシミや黄ばみがある場合は、クリーニングを活用しましょう。このほか、デリケートな素材を使っているワンピースやシャツ、自宅では洗えない夏用のスーツもクリーニングできれいにしてもらうのがおすすめです。

着なかった夏服は思い切って処分

洋服の「いる・いらない」を確認することも、衣替えの重要な役割です。今年着なかった夏服は、翌年も着ない確率が高いです。思い切って処分してしまいましょう。クローゼットがスッキリしたぶん、新しい洋服を買う楽しみができますよ。
スポンサーリンク



秋の衣替えは計画的に

店舗や洋服の状態にもよりますが、クリーニングは数日~1週間ほどかかることがあります。10月にバタバタしないためにも秋の衣替えは計画的に行いましょう。ゆとりをもって行えば、断捨離もはかどりますよ。
スポンサーリンク