30代に入ってすぐから白髪が気になり始め、40代の今はますます気になります。そういえば、母方の祖母は綺麗な真っ白な髪の毛だし、母も早いうちから白髪が多く今では祖母同様、真っ白な髪の毛です。私も将来そうなるのでしょうが、今はまだ抵抗していたいのです。(祖母も母も60歳過ぎまでは抵抗していましたね。)
美容院に行くと綺麗に染めてくれるのですが、毎回美容院ともなると費用もかかるし、自分でするとムラがでたりするし、皆さんはどうしていますか?
また単純に気になるのはヘアカラーと白髪染めは何が違うのでしょう?ヘアカラーでは白髪は染まらないのでしょうか?
そもそも、なんで白髪になってしまうのでしょうか?
髪の毛はメラニン色素によって色がついているのですが、年をとるにつれてメラニン色素を作る細胞も少なくなってくるので髪の毛に色がなくなって白髪になってしまうんです。
年をとるだけが原因ではなく、ストレスや生活習慣、強いショックや遺伝なども考えられます。
生活習慣は食事や睡眠の不足や喫煙でメラニン色素を作る細胞を少なくしてしまいます。
私の場合は、遺伝が強いと考えられますね。
遺伝の場合、残念ながらどうすることもできないと思うので、個性として受け入れるしか他なりませんが、生活習慣での白髪の場合は、それこそ生活習慣を変えると白髪が生き返ってくることもあります。実際に白髪が途中から黒毛に戻っているのを発見したことはありませんか?最近白髪が気になり始めてきた方は、一度生活習慣を見直してみてください。
スポンサーリンク



ヘアカラーと白髪染めの違い

定義的にはどちらもヘアカラーであることに違いはないらしいです。一般に言うヘアカラーは黒髪を茶色や他の色に染めるもので、黒髪を染めやすいように一度ブリーチをしてメラニン色素を薄くして染毛しやすくします。一方白髪染めはすでにメラニン色素は抜けている状態なので、ブリーチはほぼ必要ありません。
したがって簡単に言うと、ブリーチ力が強く染毛力が弱いのがヘアカラー、ブリーチ力が弱く染毛力が強いのが白髪染めです。この場合のヘアカラーは染毛力が弱いので白髪はほとんど染まりません。よく美容院でも言われませんか?「普通のヘアカラーだと白髪は染まらない」と。配合量が違うからなんですね。
ただし、ヘアカラーでも白髪用でも髪の毛の色を暗くしたいか明るくしたいかで、ブリーチ力と染毛力は全然変わってきます。今よりも髪の毛の色を明るくしたい場合のヘアカラーと白髪染めは、どちらもブリーチ力も染毛力も強くないといけません。この場合、髪の毛は傷みやすくなってしまいます。
スポンサーリンク



美容院派?自宅派?

美容院へ行くと綺麗に染めてくれるけど費用が掛かる。自分で染めると安いけど色むらができやすい。それぞれのメリット・デメリットがあります。

美容院のメリット・デメリット

メリット
  • ムラなく染め上げてもらえる。
  • リラックスタイムになる。普段と違う空間で、髪の毛を綺麗にしてもらいながらゆっくりした時間を過ごせます。
デメリット
  • 費用が掛かる。実際、美容院で染めてもらうと5,000円~7,000円ほどかかってしまいます。
    (髪の長さや美容院によって料金は異なります。)
  • 時間がかかる。予約をして、美容院の為の時間を割かなくてはいけません。
    (まだ子供が小さく、預けられる場所や人がいない人にはちょっと厳しいですね。)

自分で染めるメリット・デメリット

メリット
  • 費用が安くて済む。市販の白髪染めを買うと1,000円~2,000円くらいで購入できる。
  • いつでも自分の時間が空いた時、好きな時に染めることが出来る。
  • 染色できるのをまっている間、テレビを見たり本を読んだり自由に歩き回れる。
    (私はその間に洗い物をしたり家事をしています。)
デメリット
  • 染めにムラができてしまう。
    (私はムラが少ないように泡の白髪染めを使用しています。)
  • 美容院で染めてもらうのに比べて、髪が痛みやすい。
    (美容院では美容師さんが上手く配合してくれますが、市販の物は内容量が髪の色によって決まってます。)
  • 床や壁に散ってしまった染料が取れにくい。首や顔について、綺麗に落としきれてなかったりする。
スポンサーリンク



まとめ

私も以前使用していたことがありますが、自宅派だとカラートリートメントを使用するのもいいかもしれません。髪を傷めるのも少ないですし、使っているうちに少しづつ染まってきます。私は染めが追い付かないくらい白髪が増えてきたので止めてしまいましたが、使っている間は効果を感じていました。
自宅で白髪を染めるのも良いですが、染ムラを失くすため髪の痛みを少し軽減するためには、3~4回に1回は美容院で染めてもらうのが良いそうです。
自分の髪質や予算に合わせて、上手に使い分けてくださいね。
スポンサーリンク